アジメバルにうってつけ!JACKALLのライトゲーム用ルアー

「JACKALL」はバスで有名なメーカーだけど、海のルアーゲームもきっちりフォロー。

ライトゲームに使えるルアーが多いのが特徴かもしれない。

紹介するのは「メタルジグ」「テールスピンジグ」「ワーム」の3種。

 

ライトゲーム3種の神器かな?

スポンサーリンク

JACKALLのライトルアーで堤防釣りを楽しむ!

ライトゲームは小型ワームを使うことが多いです。

メタルなハードルアーもあるけれど、どちらも一長一短なので、使うほど差を感じることはなくなるでしょう。

 

飛距離とボトムを取りやすい面でハードは有利なんですよ。

なので活性が高めのシーズンに、きびきびとリアクションで食わせるのに向いています。

ワームはゆっくり沈めれるから、低活性の冬季に強いわけ。

でも、どっちでも釣れるから細かいことは気にしないほうがいいです。

小型スピンテールジグのデラクーにソルトバージョンが

バス向け小型スピンテールジグのデラクーがオリジナル。

それがソルト対応? ──何が変わったのかはわからないが、とにかくライトゲームに使えるのだ!(強引)

良いと思ったのはこの部分。

 

 

ブレードは根本の可動部を固定すると、ラインへ絡みにくくなるので、使いやすくなります。

キャスト直後で絡まり、ボトムに落としたら絡まり、リトリーブで絡まったり、設計が雑なブレードは本当にストレスがたまります。

デラクーはその辺がネックだとわかっているので、いい仕事しているルアーです。

小型メタルジグで遠方のアジに根本のロックを引き出せ!

チビメタは小型のメタルジグ。

TYPE-Ⅰ」「TYPE-Ⅱ」と二種類ありますが、これはボディ幅の違いです。

キビキビしたジャークで攻めるなら細身のTYPE-Ⅰ。スローなジャークで喰わせるなら平らなTYPE-Ⅱという使い分けができます。

 

 

ツートンカラーってあまり無いんですよね。

「一粒で二度美味しい!」て感じがするから好きなんですけど。

チビメタの紹介動画には、吉岡進氏の実釣動画もあります。

 

いい潮目できてるなぁ。

活性が悪くとも食わせたいならペケリング!

先のハードルアー達で喰わなければソフトルアーの出番です!

ということで、デカアジ向けロングサイズのワームがペケリング。こいつは3インチあるため、同タイプのワームに比べると大きい部類に。

エサ釣りの代用に、針を通してぶっこんでおけばいいんじゃないかな、と思えるレベル。

 

──パワーイソメ涙目。

この3種で釣れなきゃ帰ってもいいでしょ?

ハードの2種で沖から手前を攻めてから、ソフトでゆっくり沈める。

──これが一連の流れですかね。

 

ロックは日中と夜どちらも底付近なので、誘いに大差はないですけど、アジはレンジが変わるので厄介。

日中はちょい遠くにいることが多く、シラスを追いかけている時がチャンス。

夜は足元でも釣れますが、ゆっくり沈めて感度優先のほうが食いはいい。

 

状況によって柔軟な対応を求められるのは、どのルアーフィッシングにもいえること。

そのためにルアーは、性質が違う3種は最低でも持っておくほうがいいですよ

ルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました