18ステラは「禅」の心を持ったリール

ステラは「14→18」にモデルチェンジして、新しいステージに。

今作も”全てのリールを過去に”してしまったわけですが……。

アングラーなら誰しも凄いリールだと知っているわけだし、「ここがすげぇ!」などの性能を推すのもバカらしく今更感があるので、アプローチを変えてみました。

 

 

釣りをしながら瞑想してみたくない?

それを叶えてくれるのは「18ステラ」しかないと思います。

 

スポンサーリンク

「高級リールといえば」を不動にしたステラシリーズ

 

「高級車といえばベンツ」。これは昔からある、憧れの代名詞みたいなもの。

とはいえ、メルセデス・ベンツも、グレードによって値段もまちまち。300万台もあれば、1000万を余裕で超えるのもある。

値段はどうあれ、ベンツはベンツです。

 

釣具にも大衆向けと高級志向は存在し、「それで何が変わるのか?」っていうと──。”快適さ”がまっっったく違うんです。これは車も同じ。

1000万前後の高級サルーンになると、運転してても後ろ席の吐息が無駄に聞こえるレベルだったりします。

 

シマノの高級リール「ステラシリーズ」は、産まれてからリーリングの心地よさを貫き続け、アングラー憧れのリールの地位を不動にして走り続けています。

てなわけで、4年を経て更に進化した「18ステラ」の紹介です

 

18ステラは「強い!滑らか!静か!」が極みの3ポイント

 

ステラの何がすごいの? ただのスピニングリールじゃん……

と疑問を持つ人は多いでしょう。

正直いって、魚を釣るためのギアとしては、役割だけの話なら、他のリールと大差はないです。

 

ただし、その動作ひとつひとつが、洗練されすぎている。

 

http://fishing.shimano.co.jp/product/reel/5318

 

公式HPの機能紹介をざっくり要約すると、「強い!」「滑らか!」「静か!」の3点が要です。(ハイいつもの)

 

軽さはこれより追求したモデルがあるので譲ることになるが、リーリングの動作ひとつひとつの完璧さでは、他社を含め、他のどのリールも敵わないのがステラ。

ゆえに、アングラーの憧れなのです。

 

18ステラで特に推しているのは「静謐さ」ですね。

スピニングリールで「高級とは何か?」を色々考え抜いた結果、行き着いた先は高級車でいう「車内の快適さと静謐さ」と同じく、「フィールドでの静謐さ」を求めたようです。

 

静謐なリールがもたらすメリット

 

だいたいのリールは、ハンドルを回せば少なからず「カコッ」と鳴るし、内部ギアの摩擦音だって聴こえてきます。

それは雑音であり、釣りに雑念を持たせ邪魔をする要素でもあります。

 

18ステラは「サイレントドライブ」により、それを限りなく排除しました。この機能を端的にいうと、「リーリング音を一切合切排除してみたよ!」になります。

”リーリングで音がしない”メリットは、フィールドとの一体感が増すこと。

これに関しては、プロモムービーを見るほうが直感できるかも。

 

 

”環境音”が妙に強調されていると気付きませんか?

 

リールは手元にあるので、ハンドルを回して音が出るとそれは振動になり、体が検知しやすい。雑音は雑念となり、釣りの集中力が減衰してしまいます。

集中力が無くなると、自然が発する環境音が聴こえず、一体化も難しくなり警戒心を与えてしまう。

心持ちは「せっかく喧騒から逃れる場所に来たのに」──と。

 

18ステラは「音」を楽しむリール

 

リーリングの音を排除して静謐を得ることは、アングラーの好きな音を存分に楽しめること。

それは風が葉を揺らす音だったり、流水のせせらぎだったり、ロッドが空を切る音だったり、静寂に響くドラグ音だったり……。

 

18ステラは自然の「音」を楽しみつつ、「禅」ができるリールになったのではないかなと。

 

禅は”心を統一して真理を追求する”ために、自分の内面との対話するために瞑想するわけです。

今までは滑らかさが唯一無二のウリだったリールに、機械の雑音を排除した静かさが加わり、スムーズな巻き心地で一切のストレスをアングラーに与えない。

それは魚を釣る方法を探るため、自分と相手との対話に集中できるメリットがあります。

 

ひょっとしたら悟りを開けるかも?

 

個人的に18ステラを推したいのはフレッシュ向けの2000番台

 

シマノのフラッグシップらしく、1000~5000番までのラインナップが発売から用意されており、選択肢が豊富。やだ迷っちゃう。

 

ソルトは手軽さでアングラーも多いし都会も近いため、静かな場所ってのがなかなか難しい。

その反面、フレッシュは喧騒から離れつつ、本物のファンが集まることで、互いに静謐さを演出したいって気持ちが強い傾向があります。それは魚の警戒心をなくすためでもある。

 

 

2500HGS」なら、ソルトの陸っぱりに併用するにも申し分ないので、どちらもやるならスプールを用意すれば効率的。ポンドだけじゃなくレイクにも対応できますしね。

フレッシュはドラグを出してナンボな場面も多いので、心地よいドラグ音で快感を得るにはもってこいです。

 

番手で何が変わるかと聞かれれば、ぶっちゃけ糸巻き量が変わる程度なんですが、小型の軽いルアーを投げやすくするためには、軽く柔らかいロッドが向いています。

サーフルアー向け10ftのロッドに1000番だと軽すぎるし、トラウト向け6ftに5000番は邪魔すぎます。

対象魚で気をつけるべきことは、タックルのバランスなわけですね。

 

ステラ [STELLA]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-

リール
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生