浜名湖ドウマンガニと地理的表示(GI)保護制度のメリットについて

浜名漁協が「ドウマンガニ(トゲノコギリガザミ)」を、地理的表示(GI)保護制度に登録申請する、とのニュースを見かけました。

 

「GI制度ってなんぞや──? 認められるメリットはあるのか?」

と疑問を抱いたので、ちょろっと調べてみました。

なるべくなら、関係者に読んでもらいたいですね。

スポンサーリンク

ドウマンガニさんってなーに?

ドウマンガニは地域特有の呼び名で、和名は「(トゲ)ノコギリガザミ」です。

浜名湖では”幻の蟹”とも呼ばれており、水揚げと販売は多くないほう。ただし生息地域が限られるので、捕まえるのが上手い人は簡単に捕まえてきたりする。

 

リンク ドウマンガニ|JAPAN WEB MAGAZINE

 

味は正直にいうと「THEカニ!」……なんですけど。他と違うのは、ハサミの筋肉量がハンパなく、それなりの歯ごたえに、身も多く大きいこと。あと強い(小並感)。

身がワタリガニより数倍多く楽しめるカニさん……の認識でいいかと。

深い海で育つカニに食べ慣れていると、「なんだこのカニは!?」と食感でも驚くかもしれません。

 

ちなみにハサミの握力が1トン近くあるので、挟まれるとギャグキャラ以外は「痛い!」じゃ済まないので注意。

浜名漁協がドウマンガニをGI制度に申請へ

 

浜名漁協、GI制度に「ドウマンガニ」申請
 浜名漁協(浜松市西区)は、国が地域の農林水産物や食品をブランドとして保護する「地理的表示(GI)保護制度」の対象に、浜名湖で取れ、地元で「ドウマンガニ」と呼…

 

GI制度は「地理的表示(GI)保護制度」のこと。GIは「Geographical Indication」の略で、地理表示のことを指している。

静岡県では「三島馬鈴薯」と「田子の浦しらす」が登録されており、叶えば県内三例目になります。

 

じゃあ「これに登録されるメリットはなんなの?」を説明していきましょう。

GIは農林水産物を知的財産権によって保護する制度

冬季五輪でもぐもぐした韓国の盗作イチゴが、もぐもぐタイムの末で話題となったことは、記憶に新しいかと。

 

農林水産物を法で保護するに、実はややこしい障害があるのです。

その理由は「生産者が手助けこそするが、自生しているようなものだろう? なら皆の物でよくなくない?」──て考えがあるから。

 

もぐもぐの件だと、盗まれたと断定できても、自国で特許や商標申請をしていない限り、他国間で罰するのは難しい。

著作権は万国共通の国際法みたいなもの。

商品はその限りではないので、他国からのパクりパクられを訴えるのは、それより厳しい……てわけです。

農林水産物は品種改良もあります。

これにより新しく産まれた種は、特許権に育成者権などの、知的財産権が発動します。

販売には商標登録も。

 

ただし特許と同じく、申請して認められないと意味がありません

よく聞くであろう著作権で、作曲者や著者が守られるように、知的財産権の一部に、生産者側を守る権利が含まれています

 

地域特産を法で守るためには、農協やら漁協の団体に、地域の生産者をひっくるめて登録する必要があります。

決められた規定をクリアした生産品だけを流通させるよう、地域ブランドとして国の庇護を受け、他者の介入を防いで保護も兼ねる……。

これが地理的表示保護制度の狙いです。

地域ブランドとそうでない物の違い

ノコギリガザミは、全国なら高知と沖縄でも捕れるし、浜名湖にしか居ないってわけでもない。

沖縄はマングローブの泥地帯で育つため泥臭さが抜けず、高知は漁を通年行っており、浜名湖より餌も豊富ってわけでもないので、どちらも浜名湖に比べれば……とされている。

そのため、市場価格は浜名湖が上位ですね。

 

すでにGI登録されている「田子の浦しらす」と、「遠州灘のしらす」は何が違うのかっていうと、質の差です。

 

駿河湾のしらすは、漁法から出荷までの工程が「生しらす」を前提に設備が整っており、生と冷凍での全国配送はこちらが有名です。

一方遠州灘海域のしらすは、水揚げは多いものの地産地消がメインで、観光ではそれなりに有名だが、全国配送となるとそうでもない実情もあります。

遠州灘のしらすに関わる人で「納得いかん!」って人は、地理的表示の「田子の浦しらす」の項目をご覧になってください。

 

リンク 田子の浦しらす|地理的表示産品情報発信サイト

 

まあ品種は同じですし、味で違いはわかりにくい。

生産者のみならず、関わる人々が全てがホスピタリティを貫いて、一つの地域ブランドを作り上げている。長年継続したことで築いたその地位は、保護されるだけの理由がある。

……で、そこに横槍を入れるのが「産地偽装」です。

産地偽装からブランドを守る地理的表示保護制度

産地偽装が絶えないのは、品種は同じなのに、ブランドの価値がつくだけで、価格がガラリと変わるから。チョロく稼げるから、ともいう。

偽装を罰する法律はありますが、内部リークやよほど露骨でない限り、見破るのは難しい。

 

GI制度は農林水産省の認可を得るので、政府のお墨付きがある生産品になります。

これに登録された生産品は、認められた規定を満たさない限り、その商標を扱った出荷や販売が認められないので、ブランド品の保護に繋がります

知的財産権にも含まれるので、法律の庇護も受けられます。

国の後押しがあるし、法律にも守られるしで、メリットは大きい。

 

カニさん2

例えば、浜名湖のドウマンガニがGI認定されたとするなら──。

GI認定マークがある以外はそれと認められないため、同産地であっても罰せられる可能性があります。500グラム以上で申請するようなので、その重さ以下でも同様。

こうして乱獲の防止に生産管理、資源調査の一環もあったりと、種の保護をするためのメリットは多大です。

乱立する地域ブランドを厳選させる狙いもありそう

ふるさと納税で「地域特産」を扱う自治体も多かったですね。

まあもともと、それの定義が曖昧だったので、GI制度で国の認定を受けた地域ブランドが認知されたのなら、消費者にとっても安心安全を選びやすくなるのではないだろうか。

現在登録されている地理的表示の特産品情報を扱うサイトもあります。

 

リンク 地理的表示産品情報サイト

 

2018年4月時点で、登録されているのは「38品目」。

これから増えていくでしょうけど、乱立しすぎて制度自体が曖昧になってしまう恐れもあります。

そうなりゃ次は和食みたいに、「無形文化財」として、更にランクアップしていくかもしれないですね。

GI制度を知るためのリンク集

今回の記事を作成するにあたり、以下のサイトを参考にしました。

この場を借りてお礼申し上げます。

 

地理的表示(GI)保護制度|農林水産省

地理的表示及びGIマークの表示について|農林水産省

浜名漁協、GI制度に「ドウマンガニ」申請|中日新聞

「田子の浦しらす」に登録証 農水省、GI保護制度で授与|静岡新聞

偽造品の販売と刑事上の法的措置|BUSINESS LAWYERS

韓国の盗作イチゴ、日本の被害額は220億円… 農林水産相も指摘|YAHOOニュース

ノコギリガザミ|Wikipedia

 

水産ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生