「浜名湖釣り場マップ」は地元民もうなる丁寧なポイント情報が知れる

浜名湖

 

私が物心ついてから、浜名湖の姿はそれほど変わっていない。

でも釣りポイントの情報は、(多分)逐一変化している。主に閉鎖が原因だけど。

 

2018年2月に発売された「浜名湖釣り場マップ」は、浜名湖の釣りガイドに申し分のない内容。

主要20箇所の詳細を載せたページ達は、そこらの常連より詳しいかもしれない。

スポンサーリンク

浜松アングラーもニッコリの「浜名湖釣り場マップ」

この本に載っているポイントは、やったかやってないかはともかく、知らない場所はありません。

なのでかなり丁寧に案内してくれていると気付きます。

 

見やすく、迷わないイラストマップを採用し、駐車場・トイレ・自転車道・歩道・細い道をアイコン表記しました。 画像に振った番号は地図上にも表記し、カメラアイコンで撮影場所を同時表記しました。 魅力的な20ポイントを取り上げ、さらに16ポイントは拡大、詳細図で掘り下げました 見ているだけで楽しいイラストマップ、新しい浜名湖の姿を詰め込んだニューアイテムです。

Amazonの商品ページより

 

こういうポイント本は、「地域の名所をまとめた旅行本」みたいなもので、毎年大勢の内容が変わるわけじゃありません

なので地域を問わず、「とりあえず1冊読めば数年戦える知識」を植え付けることができる。

そしたら現在を知るために、グーグルマップを見ながら該当ポイントにピンを打ち、ナビも兼ねつつオリジナルマップを作るって方法もあります。

 

 

とりあえずこの本があれば、浜名湖内の実績ポイントを探すには困らないですね。

そういう方法もあるんだから、鉄道路線図を販売DLするみたいに、ポイント毎のPDFやらマップアクセス権をアプリでパッケージ販売してもいいと思うんだ。

実は公的な駐車場がほとんどない浜名湖沿岸

読むと気づくと思いますが、表浜名湖(太平洋に近い方)以外の地域には、明確な駐車場はほとんどありません。グレーな路駐か、空き地とか隙間になります。

 

てなわけで、それにならい、奥浜名湖エリアに駐車場の表記はほとんどなく、「おいおいどうやって釣りしにいくんだよ…」みたいな絶望感も味わえる。

ローカルというのは、初見には厳しいものです。

釣りができそうな場所の近くには駐車場の需要がある説

全国どこでも、魚釣りには駐車場の問題がつきまといます。

丹念な根回し(挨拶)によって開放されることもあれば、袖の下(お土産)でまかり通ることもある。そうやって地道に開拓していくのも、”ならでは”といえる。

ただ今だとシェアサービスが豊富なので、スキマタイムを時給へと有効に使うこともできます。

 

広告 個人間で簡単に、スマホ・PCで“駐車場の貸し借り”ができる
オンラインコインパーキング【akippa(あきっぱ!)】

 

「akippa」は駐車場のシェアサービスで、この時間に空いてるよーと設定して、そのスキマタイムに予約が入って使ってもらえば、利用料が貰えるという仕組み。

沿岸に空き地を持っているとか、近い所に住んでいて、ちょっとした小遣いに期待するのならオススメのサービスです。

沿岸部は空き家も目立つので、行政と不動産系列が協力して軒並み民泊にしてくれたら、アングラーも各地に遠征しやすくなる気もします。

書籍
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生