冬の夜釣りでラーメンを嗜む奴が堤防のナンバー1だ

冬の夜釣りでカップ麺を食べてドヤろうと、魔法瓶にお湯を入れて行ったことがあります。

現地でいざ注げばただのぬるま湯。魔法はいつの間に解けたのか……。

ともかく、硬い麺はスタッフ(本人)がバリバリ食べました。

 

そこで私は悟った、現地で沸かしたほうが絶対に効率がいいと。

スポンサーリンク

冬の夜釣りは温かい物を用意するほうがいい

北寄りの風が吹く季節の夜釣りは、修行の場です。

魚釣りは個人の戦いですし、あまり動かない状況では、体の熱も冷めてしまいます。

 

体温を下げすぎると体が動きにくくなり、怪我のもとにもなる。

そんな時は温かい物を胃に入れるか、筋トレをするのが効果的。筋肉は嘘つきません。

 

しかしそれも、100年の恋より早く冷める一時的なもの……。

 

なのでいっそのこと、コンロを持ち込んで「ラーメンとコーヒーパーリィしようぜ!」という思考になり、去年の冬は色々試しました。

どこでも買えるカセットガスで使える小型ガスコンロがおすすめ

アウトドア用のガスコンロといったら、こんな形がポピュラーです。

 

 

このボンベはアウトドア用品店で買えます。容量も十分だし、土台いらずで地面に置きやすく便利です。

難点はボンベを買える場所が限られてしまうところ。現地で忘れたことに気づいても、買える店が近くない状況が多いです。

 

普通に買えるガスボンベって何だだろう? いざって時にコンビニでも買える物──

 

それは、カセットコンロのボンベでしょう。これならコンビニでも売っています。

キャンプ向けコンパクトバーナーがおすすめ

家庭用ガスボンベを使える、小型タイプのコンロは、キャンプ用が充実しています。

イワタニの「ジュニアコンパクトバーナー」は小型で収納も楽々。

家庭用のカセットガスボンベを使えるので、ボンベを忘れたり切れてもスーパーやコンビニで買える強みがある。

風よけのアルミ壁を用意しておくとなお良し。風が強いと熱が流れて温まらないこともあるので注意しましょう。

 

水を入れた容器とケトル、そして注ぎたい品を箱にまとめて夜釣りへゴー。

あとは冷えきった堤防で湯を沸かし、熱ぅいラーメンをふーふーしながらドヤりましょう。

スティック状の粉末コーヒーにスープ類、もうなんでもあり。

風呂も頑張ればわかせます。

ただし注意点が一つ──

湯を沸かしてラーメンを作るタイミングに、時合が来ると泣きたくなります。

厳寒期に1匹釣れたのなら、それは合図みたいなものだから、逃さないように。

 

私が経験したのは、狙った時合にタチウオを釣って、て「うーし一服入するか」と湯を沸かしてラーメン作ってドヤっていたら、その後の時合いを見事に逃していました。

 

「あー……やっぱりラーメン作ってる時にアタリきてた?」

「せやな」

 

なので「ヤバイほど釣れそうもないタイミング」で暖を取ることをすすめます。

タックル・小物
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生