出張中、隠れて釣りをしたいならモバイルロッドを

 

釣り竿はコンパクトと無縁な道具。

仕込みナイフみたいにロッドを忍ばせれば、出張でアウェイの洗礼を受けることもできるだろうに……と考える人は、それなりにいると思う(展望)。

モバイルロッド」が願いを聞き届けてくれるかもしれません。

スポンサーリンク

魚釣りは竿と糸と針があればできるのでは?

釣りは竿と糸と針があればできる遊び。

逸話の太公望なら針が要らないので、更に道具は減りますね。

ともかく、突き詰めれば釣行の道具はホント、少なくできるんですよ。

 

とはいえ”コンパクト”も限界があり、特にルアーフィッシングはそれが難しいです。

延べ竿でハゼ釣りなら、振り出し竿にナイロン2号を10mくらいに針を用意して、現地でエサを拾えばできますからね。

これならトートバッグに収めれるので、原宿を歩いても違和感ないです。釣りはしないけど。

コンパクトなロッドは選びたい放題だが…

釣具の小型化は進んでいますが、構造上、どうしても限界はあります。

ロッドは短いブランクスを振り出しで伸ばせばいいですが、継ぎが増えることで太く重くなっていきます。

リールはスピニングだと、ベイルアームとハンドルが邪魔で、コンパクトとは無縁。

 

ロッドだけなら仕舞寸法30cmの製品があります。

小型を追求するほど強度は落ちるのと、”釣りあげれる魚”は限定されるのが難点。

30cmなら腕の骨が折れた時の添え木にピッタリなサイズ。

あとはこれに1000番のリールを用意すれば、コンパクトな釣具セットが完成します。

コンパクトなロッドがルアーフィッシングに向かない理由

ロッドが小型化するほど振り出しになるので、ロッドガイドが固定ではありません。

ルアーロッドが継ぎタイプで、固定ガイドが主流なのは、ラインの放出を最大限サポートするため

ユーザーの雑なセットでばらばらな通り道だと、それだけで飛距離が落ちる感じがするでしょ?

 

あとは継ぎ部分が増えることで、しなやかさが失われます。

それはキャスティング時に反発力のバランスが崩れるため、投げづらくなります。

そういった理由があるので、キャスティング回数がめちゃ多いルアーには向いてません。

 

なので投げ釣りやヘチ釣りなら問題ないです。

コンパクトロッドに堤防ワームセットがあるのもそういう理由から。

ダイワのモバイルロッドはいいぞ

──以上の理由でも納得できない人のために、ダイワから理想のロッドが販売されています。

バスはもちろんシーバスにも使える強度と、ルアーキャスティングも考えられたモバイルロッドの仕舞寸法は、なんと52cm!見た目もクール。

全長が8ftもあるから、港湾シーバスなら問題ない長さですね。

 

さらに小型を求めるなら、ペン型のロッドセットがあります。

ロッドがスーツの胸ポケットに入るレベルなので、蛍光塗料を塗ってアイドルのライブで振っても応援できます。

耐久力はお察しですけど、これを使って仕事中穴釣りで25cmくらいのソイを釣ってた人もいるので、「やってできないことはない!」を実感しました。

ロッド
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生