サーフルアー攻略

サーフルアー

サーフでヒラメを狙うためのメタルジグを選ぶ時はここを気をつけよう

ルアーコーナーを見ると、「メタルジグが増えてきたなー」と感じる。 それはサーフに近い場所ならではだが、”バカの1つ覚え”かのように、先に実績を出したルアーを追従して各メーカーが続々リリースし...
NO IMAGE サーフルアー

海水温16度以下でヒラメを釣るために【サーフルアー】

ヒラメの適正水温は16度といわれています。 黒潮が通る太平洋沿岸は、冬期でもそれ以下になるほうが稀。 なので一応、1年中狙えるわけですけど、冬の遠州灘は季節風が強くなり、釣りがしにくいわ水...
ルアー

【マグナムスプーン】厳寒期のソルトゲームでコノシロパターンを攻略する大型スプーンが流行りそう

冬が寒いのは当たり前ですが、何故そんな時でも、アングラーは海へ向かうのか── それは、デカイ奴(ランカー)を狙い撃てるから! 厳寒期の代表はコノシロパターン。30cm近いコノシロを...
サーフルアー

とある目印をもとにサーフでヒラメ・シーバスを狙い撃ちやすくなる方法

ポイントの説明は簡単だけど、そこからどこを狙えばいいのかを説明するのは難しい。 あくまで”狙いやすくなる方法”ですが、自分が培った経験を基にした”目印”について話します。 これからはじめた...
遠州灘サーフ関連

地図からサーフで良さそうなポイントを見つける方法【初見遠征攻略1】

「サーフのポイント教えて!」といわれても、だだっ広い太平洋沿岸のどこでも砂浜はあるし、釣れる可能性はある。 ”釣れるポイント”を知りたいのだろうけど、ちっとは自分で探してみたらどうですかね?...
サーフルアー

サーフで飛距離は重要!でも実際どのくらい欲しいの?

サーフルアーは「よく飛ぶ!」「圧倒的飛距離!」「ヤバイ!(適当)」と空前の飛距離ブーム。 「いやいや、普通に考えれば100m飛ばした方が有利でしょうよ」と思うので、ソレに関して特にツッコミは...
テクニック

サーフで魚を見つけたい人にお薦めする、大石浩史さんのエクリプス・テスターレポート

エクリプスのテスターである大石浩史さんの釣行レポートは、業界人としては珍しく感じる”技術的なレポート”が多く含まれている。 「そこまで書いちゃっていいのん?」と感じることもチラホラあるので、...
サーフルアー

夜のサーフでもいい地形と離岸流を見つける簡単な方法

サーフは横に広いので、地形がいい良ポイントを探すのは苦労します。 朝マヅメとか暗闇の中ならなおさら。明るい時にそれや離岸流を見つけるのは簡単です。 夜間で白波がようやく見える状況におけ...