夜の真っ暗なサーフでも離岸流を見つける簡単な方法

夜のサーフでもいい地形と離岸流を見つける簡単な方法

サーフの一級ポイントである離岸流は、日中なら目視で簡単に見つけることができます。でも真っ暗な夜だったら……? 太陽が昇る前に始めることが多いアングラーは、暗闇でも簡単に良ポイントを探せたらいいなぁと思ったことがあると思います。

なぜ離岸流ができるかを理解していれば、暗闇でも見つけることはできます。でも、より簡単に探す方法もあるので教えちゃいます。

まずは注意事項──。

通常のサーフゲームは、ウェーダーを履いて波打ち際にたち、ウェーディングに近いスタイルの釣りです。夜間は波の高さがよくわからないため、波打ち際に立つことは勧めません

日中なら押し寄せる波の高さで「あっこれ被りそう」という予測はできますが、暗いとそれがわかりません。波の力は想像より強く、身構えずに下半身を被るクラスが来ると、足元をすくわれてサヨナラ~ってことにもなりかねません……。

安心安全に釣りをするのは、いちアングラーの努めであります。

夜のサーフで立つ位置は、波が遡上してくる限界点を目安にしましょう。くるぶしがかかる程度の位置なら大丈夫ですし、ライフジャケットの装着も忘れないように──。

スポンサーリンク

夜のサーフでも離岸流など良い地形を見つけるコツ

夜のサーフで離岸流や良い地形を探すコツは簡単です。

海岸線を見ましょう!

海岸線(波打ち際)は多くの情報を私たちに届けてくれます。海岸の凹凸は水中の様子とほぼ一致するし、弓なりになっていればワンドがあるとわかるし、それらを参考にして離岸流を見つけることもできます。

その方法を説明していきます。

【STEP1】とりあえず海岸線まで行く

まず潮騒を辿りに、ずんどこ進んで海岸まで行きましょう。足元に寄せ波がくる「波打ち際」まできたら左右を確認。

これは某サーフの画像。左は日中の写真で、右は明暗処理して擬似的に夜間に加工しました。このように日中なら波の状況や海岸線が一目瞭然で、どんな形状の砂浜かわかりやすいですね。夜間は真っ暗でろくに見えません。満月なら月明かりでけっこう見えますけど、それ以外はせいぜい白波が目視できる程度。

この”闇”な画像の中にも、ヒントは隠されているんですよ。気になるのはここ!真っ暗だとわからないので若干光度を上げてます

白波の有無で海岸線の起伏がだいたいわかる
白波の有無で海岸線の起伏がだいたいわかる

これだけの情報から、以下の2点が地形変化のヒントになります。。

  1. 逆に流れがあるためか波の発生点が遅れている(離岸流がある)
  2. 手前より奥の方が浅いため縦方向にある駆け上がりの境界線かもしれない(地形変化)

ある一箇所だけ波が他より小さい、または遅い場合は、そこに逆の流れが発生しているか、一部だけ深くなっている可能性が高いです。「流れ=離岸流の可能性」が考えられますし、何より重要なのは、海底の起伏と波高はリンクしていること。

これらを理解すれば、そのサーフで海流がどう通っているかも、わかるようになります。

海岸線の形状で沖の様子までわかる
海岸線の形状で沖の様子までわかる

これは「津波が沿岸部で急に高くなる現象」と同じ仕組みです。海上の白波は風が発生させていますが、海流で押し出される波は海底の起伏で変化します。津波が沿岸部で高くなるのは、徐々に浅くなっていくため。

例えば遠州灘は沖合で水深200mくらいある場所もありますが、沿岸部はせいぜい20m以内です。沖合で発生した5mの津波が、街に押し寄せる頃に数倍の高さになるのは、海が浅く波が乗り上げているからです。詳しい説明は以下のサイトを参考にしてください。

気象庁|津波発生と伝播のしくみ
津波発生と伝播のしくみについて解説しています。

サーフで一部分に波が立っている場合は、そこが浅くなっていると判断できます。それが地形変化であり、魚が居やすいポイントになります。

【STEP2】沿岸の形状から離岸流を特定する

波の高さからおおよその地形を把握することはできました。次は離岸流を探してみましょう。

外洋に面したサーフに、直線の海岸線はほとんどありません。なぜそうなるかは、海流(流れ)があるからです。仕組みがわかりやすいよう、イラストを用意してみました。

波は一定の方向に押し寄せます。外洋には潮汐とは関係せず、常に海流が存在しますので、波は一方向に動く性質があります。弓なりの海岸線が形成されるのは、押し寄せた波が流れによって左右どちらかに動き侵食するため、半円状に削られます。

この弓なりになった部分に離岸流が発生しやすいのです。

右の図は「反転流」と呼ばれる流れ。黒潮など強い流れに沿って発生しやすく、渦状になった箇所は水温が下がり冷水塊になりやすい。サーフで発生することはまずないですが、潮通しがいい磯なら見る機会があると思います。

離岸流の性質を理解すれば、海岸を見るだけで有りそうな場所がわかる

離岸流は「左右からの流れがぶつかり、岸から沖へと流れる現象」のこと。これが起きやすいのは、海岸線に凹凸がある場所。つまり”弓なりの箇所”ですね。日中なら遠くから海岸線を見て、あそこ凹んでるから離岸流がありそうだな~ってわかりますけど、夜間はそういきません。

仕組みさえ理解していれば、夜間でも離岸流は簡単に見つけることができます

海岸線で波が動く方向を見れば、どこに離岸流があるかわかる
海岸線で波が動く方向を見れば、どこに離岸流があるかわかる

離岸流は岸から振り下ろすような流れで、実際は遠く離れた位置に影響を及ぼします。そのため弓なりの部分には、「ワンド」と呼ばれる他よりちょっと深い部分が形成されます。夜間に弓なりの形状を探すのは、月明かりがないと難しいので、この場合は波の方向を頼りに探すといいです。

より簡単に見分ける方法としては、海岸に砂利がある部分を探しましょう。

離岸流が発生する箇所は、他より砂が削られるし、小石が集中するため、波打ち際に砂利が多いことがあります。海岸を歩いていて、明らかに砂質が変化する場所も、水中になんらかの変化があります。

【STEP3】夜間のサーフはワンドで粘るほうがいい

ワンド=離岸流がある」ようなもの。ワンドは夜間でも見つけやすいメリットがあるし、他より深い場所のため、魚も入っている可能性が高い。「粘るならワンド!」と覚えておきましょう。

ワンドを見つけるには、”沿岸の傾斜”に着目します。

白波がない所は、ある所より深い可能性がある。 つまり、ワンドが存在する可能性が高い!
白波がない所は、ある所より深い可能性がある。
つまり、ワンドが存在する可能性が高い!

月明かりがある状態なら、上の画像くらいは視認できます。ヘッドライトで照らして起伏を探してもいいですが、魚を驚かせる可能性がありますし、他にアングラーが居た場合も迷惑になるので、時と場合を考えましょう。

寄せる波の方向を確認すれば、離岸流がありそうな箇所も特定できる
寄せる波の方向を確認すれば、離岸流がありそうな箇所も特定できる

弓なりの部分は、両サイドの寄せ波が中央に集まりやすいため、岸から瞬間的な離岸流が発生しやすい。私はこちらを”払い出し”と呼んでいます。払い出しやサラシなど、白泡が引き伸びた箇所は魚の警戒心も薄れます。そのためシーバスにはいいポイント。

他には砂浜の起伏で、遠浅かドン深かを判断することもできます。

海岸に立つ傾斜でも深さを判断することができます
海岸に立つ傾斜でも深さを判断することができます

沿岸が浅い場合は、波がゆっくり高くなるため、侵食される砂浜も平坦に近くなります。深い場合は波も高くなり、砂が深く掘られる形状になります。

【最終STEP】実釣!

夜間でも良いポイントを探すのは、知識さえあれば比較的簡単に見つけることができます。あとはルアーを投げて「流れ・深さ・海底の地質」を確認するだけ。

波は風が作り出し、海岸を作るのは波と海流。これを覚えておくだけで、離岸流などの地形変化を探すのは苦にならなくなるはず──ですが、良いポイントに入っても釣り方がわからないのでは話にならないので、フラットの釣り方も学んでおきましょう。

タイトルとURLをコピーしました