夜のサーフでも簡単に離岸流を見つける方法

夜のサーフでもいい地形と離岸流を見つける簡単な方法

離岸流は目視で簡単に見つけることができる。でも……何も見えない夜だったら……?

暗闇でサーフの変化を見つけるには、それがどのような原理で作られるかを理解することが大事。「そんなのわからないよ!」と嘆く人もいると思いますが、海岸線を見るだけで探せるんですよ。

スポンサーリンク

夜のサーフでも離岸流など良い地形を見つけるコツ

夜のサーフで離岸流や良い地形を探すコツは簡単です。

満月で月明かりが眩しい夜を選ぶか、海岸線を見ましょう!

海岸線(波打ち際)を見るだけで地形がわかるのは、波と海流が作り出す自然の造形だから。海岸線の凹凸は水中の様子とほぼ一致します。弓状なら先にワンドがあるとわかるし、ワンドがあるなら離岸流がある可能性があるし、その周辺は浅くなっています。

日中なら目視で完結するため、”変化を視認できない状況”を想定することは少ないと思われます。暗闇でも変化を探すことができるなら、見える時間帯に探すことはより簡単になる、と思いませんか?

海岸線についたら確認するべきポイント【砂浜の形状と波の発生点】

まず潮騒を辿りに、ずんどこ進んで海岸まで行きましょう。間違ってもそのままドボンしないように。波打ち際まできたら左右を確認して、海岸線の形状を把握します。

説明するために、某サーフの画像を暗くしてみました。左は日中、右は加工で夜にしたもの。

日中なら波や海岸線が一目瞭然ですね。しかし暗闇では──何も見えませんね。満月なら月明かりで海面もしっかり見えますけど、毎日のようにフルムーンなわけでもないですし、月明かりに頼り切ってしまうと、無い時に困ってしまいます。

パッと見「漆黒」な場面でも、ヒントは隠されています。

白波の有無で海岸線の起伏がだいたいわかる
白波の有無で海岸線の起伏がだいたいわかる

まずは白波がどこにあるかを確認しましょう。満潮時だと海岸線手前で発生しやすいけれど、干潮時はちょっと離れた位置から発生します。なぜかというと、そこから浅くなっているからです。ここさえ分かれば水深も大体わかりますし、遠浅かドン深かも判断しやすい。

これで海岸の形状は概ね把握することができました。次は「流れ」を探ります。

流れとは海流や離岸流など、波とは違うベクトルを指します。これを探るには、白波の崩れ方を確認しましょう。普通なら均一に波が立ちますけど、そこに離岸流など別方向の流れが存在すると、波の一部が小さくなったりします。波は海底の形状通りに発生するため、一部が崩れるなり小さいのであれば、そこだけ周りより深い、もしくは浅いことがわかります。

要点を押さえるべきは2つ。

  1. 逆に流れがあるためか波の発生点が遅れている(離岸流がある)
  2. 手前より奥の方が浅いため縦方向にある駆け上がりの境界線かもしれない(地形変化)

これらを理解すれば、そのサーフで海流がどう通っているかも、わかるようになります。

波は海底の起伏で発生することを覚えよう

そもそも「波」ってなんだろう。どんな原理で発生するのだろう。知らない人は意外と多そう。

海上の波は風だったり低気圧で生まれています。琵琶湖を例にすれば、湖上が無風なら波は一切立たないため、鏡面のような水面になります。海でも湾内とか港内なら同じ。外洋サーフで波が常に押し寄せるのは、洋上の風で作られた波が遠くから到達しているため。台風が発生している時は、陸地からめちゃくちゃ離れていても、高い波が到達してくるでしょ?

外洋に面したサーフに波が常にあるのは、風と合わせて海流があるためです。海流は水を押し出す力であるため、浅くなるほど波が高くなります。これは「津波が沿岸部で急に高くなる現象」と同じ仕組み。

海岸線の形状で沖の様子までわかる
海岸線の形状で沖の様子までわかる

ポイントを押さえると、海上で立つ白波は風が発生させているもの。海岸線近くで立つ波は海流が作っている物。サーフで一部分に波が立っている場合は、そこが浅くなっている証拠。それは地形変化であり、魚が居やすいポイントになります。

気象庁|津波発生と伝播のしくみ
津波発生と伝播のしくみについて解説しています。

沿岸の形状から離岸流を特定する方法

外洋サーフに直線の海岸線はほとんどありません。それは「海流(流れ)」があるからです。

海流は気候で多少の変化はありますが、通年(季節)でほぼ同じ方向に流れています。流れる力が海岸の形状を作る仕組みは、砂を押し流すことで発生する自然のアートといえます。

ワンドができるまで

外洋は潮汐とは関係せず、常に海流が存在しますので、波は一方向に動きます。弓なりの海岸線が形成されるのは、押し寄せた波が行き場を失い、左右どちらかに流れ込みます。これは日中でも動きを観察するほうがわかりやすいかと。

そして、弓なりになった部分に離岸流が発生しやすい特徴があります。行き場を失った波は再び沖へと帰りますが、戻る力が増幅して離岸流となるからです。海流の力が強い場所ほど、強い離岸流が生まれるわけです。

右は「反転流」と呼ばれる流れ。黒潮などの強い流れに沿って発生しやすく、渦状になった箇所は水温が下がり冷水塊になりやすい。サーフで発生することはまずないですが、潮通しがいい磯なら見る機会があると思います。

離岸流の性質を理解すれば、海岸を見るだけで有りそうな場所がわかる

離岸流が発生しやすいのは、海岸線に凹凸がある場所。つまり”弓なりの箇所”ですね。日中なら遠くから見て、「あそこ凹んでるから離岸流がありそうだな~」ってわかりますけど、夜間はそういきません。でも仕組みさえ理解していれば、夜間でも簡単に見つけることができます

離岸流は岸から流れ込みますが、実際は遠く離れた位置に影響します。弓なりの部分に「ワンド」ができやすいのはこのため。離岸流が海底を削るからですね。

海岸線で波が動く方向を見れば、どこに離岸流があるかわかる
海岸線で波が動く方向を見れば、どこに離岸流があるかわかる

弓なりの海岸線を見つければ勝てるとはいえ、近すぎても弓状であることはわかりにくい。夜間でも月明かりがあるなら探すのに困らないけど、頼れない場合はどうしたらいいのか……?

そんな時は波が戻っていく方向を頼りに探すのがコツ。離岸流が発生する場所は、左右から来る波がぶつかる地点であるため、波の方向が突然逆向きになっている箇所を探しましょう。より簡単に見分ける方法としては、海岸に砂利があったり違う砂質が混ざる部分でもOK。

砂質がさらさらから砂利に変化する場所も、水中になんらかの変化があるんです。

スポンサーリンク

魚を釣りたいなら夜間のサーフはワンドで粘るほうがいい

夜間のサーフでランガンするのもいいですが、日中ほど地形変化をピンポイントに狙えないし、帰り道がわからなくなるリスクもあるから、逆に効率が悪くなりがち。

夜のサーフはワンドに狙いを絞って、魚が訪れることを待つのも手。ワンドは夜間でも見つけやすいし、他より深いから魚が浅い所から逃げてくる可能性も高い。粘るならワンド! 覚えておきましょう。

最後に変化が乏しいサーフでも、ワンドを探す簡単なポイントを押さえておきます。それをを見つけるには、”沿岸の傾斜”に注目してください。月明かりがある状態なら、下の画像くらいは見えますよね?

白波がない所は、ある所より深い可能性がある。 つまり、ワンドが存在する可能性が高い!
白波がない所は、ある所より深い可能性がある。
つまり、ワンドが存在する可能性が高い!

海岸に起伏が少なくても、ここまでの知識を総動員すれば、なんとなーく”変化”に気づくはずです。ヘッドライトで起伏を探すのもアリですが、魚を驚かせる可能性がありますし、他にアングラーが居た場合も迷惑になるので、時と場合を考えましょう。

このように変化がないサーフは、波が戻る「払い出し」を探すのが魚への近道。

寄せる波の方向を確認すれば、離岸流がありそうな箇所も特定できる
寄せる波の方向を確認すれば、離岸流がありそうな箇所も特定できる

寄せ波が戻ると瞬間的な離岸流が発生します。私はこれを”払い出し”と呼んでいます。沖に出きる白波はサラシ。こういう白泡が引き伸びた変化は、魚の視界を隠して警戒心が薄れます。そのためシーバス狙いにはいいポイント。

他には砂浜の起伏で、遠浅かドン深かを判断することもできます。遠浅は波がゆっくりと盛り上がるため、波の動きも遅く長く、砂浜も平坦になりやすい。逆のドン深は波が高く速くなり、砂がエグられて積み上がる感じになるため、崖みたいな形状になります。

海岸に立つ傾斜でも深さを判断することができます
海岸に立つ傾斜でも深さを判断することができます

これらの知識が備われば、真っ暗な夜でも、まだ暗い朝夕マヅメ帯でも、良いポイントをすぐ見つけて粘ることができます。このテクニックは競争率が高い盛期シーズン向けですね。魚が少なく閑散なら、粘るよりランガンのほうが効率いいですしね。

夜の釣りは足元が見えにくいため、釣りをする際は安全装備を忘れないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました