夜のサーフでも離岸流を簡単に見つける方法

夜のサーフでもいい地形と離岸流を見つける簡単な方法

明るい時間の離岸流は、目視で簡単に見つけることができます。

でも釣りはデイゲームだけじゃない、ナイトゲームだってある……。でも闇夜の中で、離岸流を見つけ出すことは出来るのだろうか。

実は海岸線を見るだけで探せるんですよ。

スポンサーリンク

夜のサーフでも離岸流など良い地形を見つけるコツは海岸線を見ること!

夜のサーフで離岸流や良い地形を探すコツは簡単です。

海岸線を見ましょう!

なぜ海岸線(波打ち際)を見るだけで地形がわかるのか? それは、海岸線は波と海流が作り出しているからです。

海岸線ってよく観察すると、横一直線になっているわけじゃないですよね? 多少波打っている形状だろうし、一部べっこり凹んでいることもあると気付くはずです。

その凹凸は、水中の様子とほぼ一致するんですよ。

あとは”どのようにしてそうなっているのか”を理解すれば、水面を見ずとも海岸線だけで、ワンドの位置や離岸流がどこにあるかを知ることができます。

海岸線についたら確認するべきポイント【砂浜の形状と波の発生点】

夜のサーフに来たら、まずは海岸まで行きましょう。波打ち際まで来たら左右を確認! 海岸線の形状を把握します。

比較しやすいよう画像を用意しました。

説明するために、某サーフの画像を暗くしてみました。左は日中、右は加工で夜にしたもの。

日中なら遠目からでも波や海岸線が一目瞭然です。

夜は──何も見えませんね。これが満月ならば、月明かりで海面に立つ波も見えますけど、毎日がそうではないし、無ければ途方に暮れるだけです。

パッと見て「漆黒」な波打ち際も、ヒントは隠されています。

白波の有無で海岸線の起伏がだいたいわかる
白波の有無で海岸線の起伏がだいたいわかる

まずするべきは、白波がどこにあるかの確認。

白波はそこから浅くなっているから生まれるモノ。水底に変化があるってことは、魚が居やすいポイントになります。白波は月明かりが無くてもわかりやすいですしね。

これで”どこから浅くなっているか”を把握することができます。

上の画像で気付くのは、手前と奥で白波の規模が違うこと。そこから知れるのは、手前側はドン深な形状で、奥はある程度の遠浅かも? くらいを知ることができます。

とりあえず白波を見ることが出来れば──

  1. 逆に流れがあるためか波の発生点が遅れている(離岸流がある)
  2. 手前より奥の方が浅いため縦方向にある駆け上がりの境界線かもしれない(地形変化)

地形変化と流れを想像から読み解くことが出来るようになります。日中は目視に頼りがちですけど、「なぜそうなるか」を想像すると、推理で離岸流は探せるようになるわけです。

離岸流を海岸線の形状から推理し特定する方法

外洋サーフに直線の海岸線はほとんどありません。それは「海流(流れ)」があるからです。

海流は通年(季節)でほぼ同じ方向に流れています。

海流が波を作っている──と勘違いしがちですが、波は風が形成している現象。これは田んぼに張った水を観察するとわかりやすいかと。

海岸線は海流と波が作り出すアート。その形状は概ね以下の2パターンくらい。

ワンドはどのようにして形成されるのか

弓なりの海岸線は遠浅に多く、押し寄せた波が行き場を失い、ぶつかった波は海流が左右どちらかに流します。すると砂は弓状に削れていき、弓なりの海岸線になります。

もう1パターンはドン深な海岸線に多く、強い海流が「渦」を作ることで、砂や岩を削ってくぼみが出来ると、こんな海岸線になります。

では、離岸流はどこに出来やすいのか?

離岸流は岸から沖へ向かう流れなので、押し寄せた波が、左右からぶつかり合って沖に戻る地点に発生しやすい。

絵に矢印で示したように、弓なりになった奥で離岸流は発生しやすい仕組みです。ワンドが他より深いのは、それが海底を削るからです。

ちなみに右は「反転流」と呼ばれる流れ。沿岸で見ることは稀ですが、潮通しが良い磯だと出会えるかもしれません。

離岸流の性質を知れば海を見て探す必要がなくなります

──というころで、離岸流が発生しやすい地点をまとめましょう。

簡単にいえば、海岸線に変化(凹凸)がある場所になります。

弓なりの海岸線はまさにパラダイス。対して一直線すぎる海岸線は期待薄、となります。でも後者は水深があるサーフにありがちな形状なので、ショアジギングに向いています。

離岸流は岸から離れた位置に影響します。

魚は流れに向かって頭を向ける習性があるため、投げ込むべきポイントは「離岸流の出口」となるわけ

海岸線で波が動く方向を見れば、どこに離岸流があるかわかる
海岸線で波が動く方向を見れば、どこに離岸流があるかわかる

夜に海岸線を”見渡す”ことも難しい……?

そんな時は、波が戻っていく方向を頼りに探すのがコツ。

足元に寄せてくる波も、どちらか一方方向から、ある地点で逆に向くことがあります。この”切り替わる地点”に離岸流があることが多いですね。

スポンサーリンク

最後に──ナイトサーフはワンドで粘るほうがいい

夜間のサーフは手探りで魚を探す必要があります。

なのでランガンが主体ですが、まさに闇雲状態では、居る魚を取り逃す可能性もある。そのリスクを排除するには、満潮で岸辺に寄ってくる魚を狙い撃つのが効率的。つまり、上げ潮狙い。

ワンドはサーフで最も深いポイントなので、満潮で魚が入ってくる可能性も高い場所。そして居つきも期待できます。

ワンドを簡単に探すには?

ワンドを見つけるには、沿岸の傾斜に注目してください。月明かりがある状態なら、下の画像くらいに見えるはず。

白波がない所は、ある所より深い可能性がある。 つまり、ワンドが存在する可能性が高い!
白波がない所は、ある所より深い可能性がある。
つまり、ワンドが存在する可能性が高い!

ここまでの知識を総動員すれば、なんとなーく”変化”に気づくはずです。

波が戻る「払い出し」を探せば、おのずと離岸流もワンドも見つかります。これがナイトサーフで釣果を上げる近道。

寄せる波の方向を確認すれば、離岸流がありそうな箇所も特定できる
寄せる波の方向を確認すれば、離岸流がありそうな箇所も特定できる

砂浜の起伏や傾斜は沖にも影響します。

なので足元を見るだけでも、遠浅かドン深かを判断することもできます。

なぜそうなるかを説明すると、遠浅は波がゆっくり遡上するから、砂をなだらかに運びます。すると傾斜もゆるくなりますよね。平坦な遠浅サーフはそうして作り上げられます。

ドン深サーフは波が急激に盛り上がるため、砂を積み上げる感じになります。だから沿岸の傾斜がきつめになるというわけ。

海岸に立つ傾斜でも深さを判断することができます
海岸に立つ傾斜でも深さを判断することができます

夜に離岸流を見つける方法は朝マヅメにも有効

初めてのサーフだと、地形や水深が解らないから、狙い所を絞るのが難しいですね。

でも海岸の形状でおおよその状況を知ることが出来れば、どこから攻めていくべきかを組み立てることがしやすくなります。

暗い内にワンドや離岸流を見つけることが出来れば、夜明けなどのゴールデンタイムに、一番良いポイントで粘ることも出来ます。

知識は必ずあなたの力になります!

タイトルとURLをコピーしました