スポンサーリンク
スポンサーリンク

トップガイドの交換なら3行で終わるぜ?

 

穴釣りで愛用している竿のトップガイドがもげました。そして交換しました。

ロッドガイド交換は”トップだけなら”作業は簡単です。

ただし規格を間違えると途方にくれるので注意。

スポンサーリンク

ロッドのトップガイドを交換するまで【実録】

 

  1. 交換するガイド径を間違えないようにしてamazonでポチります。
  2. 届いたら取り外すガイドをライターで炙って抜いて、ついでにホットグルー(蝋)を溶かしてぬりぬり。
  3. ガイドをさしかえておしまい。

 

 

とまあすごく簡単です。車のワイパーゴムを交換するのより簡単。

振り出し竿で仕掛けを巻きつつ保管すると、先端に負荷がかかってもげやすいので注意(戒め)。

 

ガイド交換は釣具屋でもやってくれるところも。

トップだけなら作業は簡単なので、サービスしてくれることもあります。

他ガイドはアタリをつけてーの糸でおさえてーの接着剤を塗って乾くまでまちーので、時間がかかるし作業料金もそれなり。

トップガイドの規格(サイズ)

ロッドガイドといえば『富士工業』、てわけで参考にした画像をお借りしました。

 

Fuji Rod Components 2016より|富士工業

 

規格の数値はアルファベットで表示されていますが、何いってるかワカンネになったので、私は「直径」で調べました。

ロッドを購入すると仕様書があるはずなので、使用ガイドの規格をこれと照らし合わせればいいわけです。

 

トップガイドだけ交換するなら、ロッド先端の直径をメモして、バラ売りの直径と照らし合わせる、なんて方法もあります。

全てのガイド交換が簡単なのは「振り出し竿」

ガイドを固定せざるをえない継竿は、先端以外を交換するのはホント手間です。

振り出し竿はガイドが固定されているわけじゃないので、先端ガイドを外してから竿尻のキャップを外せば、もう分解したも同然。あとは大きさ順にスポスポはめていけば交換が終わるので楽。

この話は富士工業の”ガイドコンセプト”を参考にしてもらったほうがいいかと。

 

振り出し竿はパーツ毎に分けやすいから、修理も簡単だし手入れも楽。

ガイドが固着できないので、キャストが多くズレが致命的になるルアーフィッシングに向かないだけです。

そこを許容できるなら、維持コストは継竿より安上がりになるはず。

先端ガイド3個セットされてもそんなに使わねぇよ感。

折れたロッドのガイドには価値がある

ロッドガイドは(ある程度)規格でサイズが決められています。

そのため、”AのガイドをBに移植”なんてことも可能です。バランスさえ合えばね。

 

折れたロッドを修復する場合、砕けたブランクスを交換(もしくは継ぐ)してガイドをつけかえる方法になります。

折れた物でも価値はあるんですよ。

オークションなりフリマで売る場合は、ブランクスとガイドを別々に分けて「どっちが欲しい?」方式をとってもいいかも。

ロッドは細長いから定形外で送料がかさむんですよね。ガイドだけなら封筒で済むし安あがり。

 

折れたロッドが放置されていたら、ガイドをもぎとっておくと役立つかもしれません。

ちなみに釣り竿をゴミに出す場合、ブランクスは燃えるゴミ(60cm以内でカットすること)、ガイドは金属製品なので燃えないゴミ、まとめてゴミに出すなら連絡ゴミです(浜松市の分別区分ならば)。

メンテナンス
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生