19ヴァンキッシュの買いどころ

19ヴァンキッシュが発売され、「んほぉ〜このリールたまんねぇ〜!(恍惚)」の感想をよく耳にします。

……欠点がないリールだけど、使いどころを間違えれば”豚に真珠”になってしまう。
買う前に考えてほしいのは、タックルバランスです。

スポンサーリンク

19ヴァンキッシュの優れている点

ヴァンキッシュは業界最軽量のリール。しかし”軽すぎる”のが弱点にもなります。どれほど軽いかは実際手にしないとわかりにくいため、簡単に体感してもらうための表現をすると──


使いたいロッドをそのまま振ってみてください。それが19ヴァンキッシュを着けた、あなたのタックルです。

手元が軽い状態でスイングしやすいか、それともしにくいか……。それが買いどころの境界線。

タックルの重心は手元にあるほうがキャストしやすい

ルアーフィッシングはタックルバランスが重要視されます。時には「強度」を指しますが、ここでは「重心(重量)」のこと。

ロッドはぶんぶん振るし、常に持つ必要があるでしょう?

軽いと持ち続けても疲れにくいですが、重いルアーを投げにくくなります。とはいえ重すぎると軽いルアーを使いづらくなります。

ロッドは長くなるほど重心が中間に寄るので、その分手元にウェイトを足す必要があります。だからグリップエンドに「バランサー」があります。リールはその代用にもなっていました。だから重いロッドに軽すぎるリールの組み合わせは、いうまでもなく、バランスが悪いことになる。

ヴァンキッシュに適したロッドとは、ロッドだけでも振りやすいことが前提、てなわけです。

19ヴァンキッシュの買いどころ

ソルト・フレッシュ問わず、「ライトゲーム」のカテゴリでは、現状最高峰のリールでしょう。
ざっくり選ぶなら、20g以下のルアーを使う釣りにおすすめ。

大きさを選ぶのに悩むなら、とりあえず2000番を基準にするのがいいかと。多様するならスプール追加して、フレッシュ・ソルト問わず使うことを考えるのが妥当かと。

19ヴァンキッシュをはじめて持ったときは、「なにこれほんとに持ってるの?」と感じました。”この大きさだとこのくらいの重量がある”──その概念が崩されることは間違いない。

ただそれを使うシーンが自分に在るかは、別問題ですよね。

サーフで4000番を使うくらいならステラでよくね?

19ヴァンキッシュは、4000番でも2万円台の1000番と同等の重量になっています。

軽いのは確かに便利。──だけど、重くてゴツめのサーフタックルに合わせる必要はどこにあんの? って思う。だってそのシーンに、軽さはあまり必要ないから。

……そりゃテスター達が使ってる最新ハイエンドロッドなら、重量バランスも合うだろうさ。それをちょい古い道具を使わざるをえない一般アングラーに、「どうぞどうぞ」と勧めるのはいかがなものだろう。

いっそバランスを考えて、「ロッドとセットで◯万円!」みたいに、釣具屋とテスターがジャパネット風に売り出したらどうだろうか。……いつもやってるか(自己解決)。

現行ステラと同等の性能になった19ヴァンキッシュ 。来年は20ステラがきそうですけど、軽さは譲るだろうし、次のヴァン様が出るまで安泰でしょう。

ヴァンキッシュ[Vanquish]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-
シマノのソルトウォーターインストラクター辺見 哲也と湯川 マサタカと嶋田 仁正が推奨する、注目のNEWヴァンキッシュタックルインプレッションをお届けします
リール
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生