「グレート鱒レンジャー改」でグラスロッドの魅力を味わう

グラスロッドはふにゃっと柔らかく、ルアーロッドで使われることはあまりない。

それに向いているのは、鋭くビュンッと振れるカーボンロッドに分がある。

 

 

けれども、近距離でことが足りる釣りにおいては、柔らかさが武器に変貌する

一本物グラスロッドの「グレート鱒レンジャー」は、小さめのポンドに渓流の管釣りで効果を存分に発揮してくれるはず。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カーボンロッドとグラスロッドの違い

 

カーボンロッドは「高反発」で「軽量」。

反発が強いため魚信の感度も良くなり、ルアーロッドの素材に選ばれることが多い。

 

一方グラスロッドは、ガラス繊維の塊を棒にしたもので、重くなりやすい弱点がある。

そのかわり、反発の強いカーボンより柔軟で、「食い込みの良さ」が最大のメリット

船釣りでグラスロッドが多い理由は、エサを付けて待つ釣りが多いから、食い込みが重要視されているため。

 

カーボンに慣れつつキャストが下手だと扱いづらい

 

魚釣りで重要な「エサを違和感なく食わせる」ことに関しては、グラスロッドに勝てるのはそうそうない。

ただし、柔らかさから感度が悪くなるので、細かいアタリ(針に何か触れたとか)を取ることが非常~ぅに難しくなる。

 

カーボンはアタリ即アワセでかけるから、猟銃で仕留める感じ。

グラスロッドは「たーんとお食べー」と、罠にかかるのを待つ感じかな。

 

暗闇でどこからともなく「ビュン…! ビュン…!」と、ルアーメンぽいキャスト音が聞こえてくる時がある。

一応いっておくと、キャスト時に風切り音が大きくなるほど下手です。いやホントに。

正しいキャストは、振りかぶって曲げたロッドの反動で前に飛ばすものだから、手の動きは最小限になるし、風切り音もかなり小さくなる。おまけに疲れない。

 

あとで補足もするけど、カーボンに慣れすぎていると、グレート鱒レンジャーはかなり扱いづらいロッド。

初心者に持たせると逆に変なクセがつくので、ロッド選びは”慣れない方ほど固めを選ぶ”ほうが上手くいきます。

 

管釣りで真価を発揮するグレート鱒レンジャー

 

グレート鱒レンジャー改」のようなグラスロッドは、5g前後のスプーンを投げるのには丁度いい。

カーボンに慣れていると、みょんみょんした柔らかさで、キャストが思うようにいかず困惑するかもしれない。カーボンのULモデルが更にへにょる感じ。

 

その分、振る力を必要としないので、キャスティングの基本ができている人には楽に感じるかと。

慣れると手首「クイッ」だけで投げれます。

力だけでぶんぶん振り回している人には投げづらいので、「俺のキャストプロ並マン」に手渡して、炙り出す楽しみ方もあるかもしれない。(ゲス顔)

 

 

ちなみに、無駄にカラーバリエーションが豊富なので、「5色違って鱒レンジャイ!」も可能であることを、ここに記しておきたい。

 

飛距離のカーボン、曲がりのグラスファイバー

 

同じ5ftの「カーディフ」と比べるならば、こちらはカーボン素材なのでキャストの鋭さが断然違ってくる。

それに伴い飛距離は伸びるし、精度(アキュラシー)も向上。

”振る気持ちよさ”ではこちらが上。

 

グラスロッドで特筆すべき点は曲がり

継竿はジョイント部がどうしても硬くなり、そこが曲がりにくいので、「美しい弧──なのか?」と感じるところがある。

グレート鱒レンジャーはジョイント無しの一本物なので、「本物の曲がりを見せてやる!」と……それはもう見事な弧を────まあ、根本からブチ曲がるのでそれどころじゃないけど。

海は手乗りカサゴでも抜き上げが大変だし、池ならブルーギル相手にするのも楽しいでしょう。

 

管釣りは根ズレをすることがまずないため、曲がりを見ながら、ドラグずるずるのファイトを存分お楽しみください。

 

1本物ロッドは運搬が絶妙に面倒くさい件

 

1本物ロッドはそれより短くはできないので、ロッドケース選びに運搬も困りもの。

鱒レンジャーは5ftだから「約1.5m」。これは車内に人が寝転ぶくらいのスペースが必要で、軽自動車とセダンタイプは「絶妙に入らねぇ」ってなりやすい。

継ぎ竿は(ある程度)コンパクトに持ち運べるメリットもあるわけです。

 

SUVタイプの普通車なら、1本物でも2m程度は余裕な室内があるけれど、それ以外は天井につける「ロッドホルダー」を使うのがオススメ。

軽自動車のルアーメンはわりと必須。

 

 

リールをつけたままぶら下げると、振動でリールシートが消耗していくし、ましてや鱒レンジャーみたいな柔いロッドはへし折れる可能性が高くなるので注意。

あと後部座席の方にHIT!しやすいです。

バット部分が強いソルトのジギングロッドとかなら、リールを付けたままでもいいけど、推奨されている使い方じゃないのは覚えておきましょう。

ロッド
スポンサーリンク
タイトル通り浜松市在住のアングラー。その周辺に出没します。 当ブログは私に見える範囲での、釣り情報から釣り方の知識など、おまけに業界ニュースを主にとりあげています。 2018年はモバイルロッド片手に、浜名湖一周釣り歩きを計画中。
さししをフォローする
気に入ったら「いいね!」
お願いします。
最新情報をお届けします!

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

とある浜松アングラーの一生