「グレート鱒レンジャー改」でグラスロッドの魅力を味わう

 

グラスロッドはふにゃっと柔らかく、ルアーロッドで使われることはあまりない。

けれども、近距離で足りる釣りなら柔らかさが武器に変貌する

 

「グレート鱒レンジャー」は、ポンドの管釣りで効果を存分に発揮してくれるはず。

スポンサーリンク

カーボンロッドとグラスロッドの違い

カーボンロッドは「高反発」で「軽量」が特徴。

反発が強いため魚信の感度も良く、ロッドに使われている素材の9割はこれかもしれない。

 

一方グラスロッドは、ガラス繊維(グラスファイバー)の塊を棒状にしたもの。

カーボンと比べて重くなる弱点があるが、柔軟性に富んでいるので、「食い込みの良さ」が最大のメリット

船釣り用にグラスファイバーが多いのは、置き竿で待つから食い込みが重要なため。

カーボンに慣れつつキャストが下手だと扱いづらいロッド

「エサを違和感なく食わせる」ことに関しては、グラスロッドに勝てるのはそうそうない。

ただし、柔らかさから感度が悪くなるので、細かいアタリ(針に何か触れたとか)を取ることが非常~ぅに難しくなる。

 

カーボンはアタリ即アワセでかけるから、猟銃で仕留める感じ。

グラスロッドは「たーんとお食べー」と、罠にかかるのを待つ感じかな。

 

一応いっておくと、キャスト時に風切り音が大きくなるほど下手です。いやホントに。

正しくはロッドの反動で前に飛ばすものだから、動きは最小限になるため、風切り音はほとんどしないはずなんです。

カーボンでこれができてないと、グラスロッドで投げるのは難しく感じると思う。

 

硬すぎるロッドは「反発で投げる」が体感しにくいので、キャスト初心者ほどグラスロッドから入るのが向いている。

腕の力だけで投げるクセがついていると、柔らかい素材じゃ飛ばしにくい。

管釣りで真価を発揮するグレート鱒レンジャー

グレート鱒レンジャー改」は一本物のグラスロッド。

“一本物”とは、ロッドが継だったり伸びるタイプじゃなく、バラせない釣り竿のこと。

5g前後のルアーを扱うに丁度いい柔らかさなので、ポンドの管釣りに向いている。

 

 

ちなみに、無駄にカラーバリエーションが豊富

なので、「5色違って鱒レンジャイ!」も可能である。

飛距離のカーボン、曲がりのグラスファイバー

同じ5ftのトラウト向けロッドの「カーディフ」と比べるなら──

カーボン素材なのでキャストの鋭さが断然違うし、飛距離は伸びるし、精度(アキュラシー)も向上する。

振る気持ちよさではこちらが上。

 

グラスロッドは曲がりが肝。

継竿はジョイント部が硬くなり、曲がりを阻害するので、「美しい弧──なのか?」と感じるところがある。

ジョイント無しの一本物なら、根本から綺麗に曲がっていき、それはもう見事な弧を描いてくれます。

 

管釣りは根ズレをすることがまずないため、ロッドの曲がりを見れる余裕があるのがメリット。

ドラグずるずるのファイトをお楽しみください。

1本物ロッドの難点は運搬が面倒くさいところ

1本物はそれより短くできないので、ケース選びと運搬が困りのタネ。

鱒レンジャーは5ftだから「約1.5m」

これは車内に人が寝転ぶくらいのスペースが必要で、軽自動車とセダンタイプは「絶妙に入らねぇ」ってなりやすい長さ。

 

継ぎ竿は(ある程度)コンパクトに持ち運べるメリットもあったんですね。

SUVタイプの普通車なら、室内に2mくらいは余裕があるけれど、それ以外は天井につける「ロッドホルダー」を使うのがオススメ。

軽自動車のルアーメンはわりと必須。

 

 

注意点として、リールをつけたままぶら下げるのは、道具に優しくない。

振動でリールシートが消耗していくし、鱒レンジャーみたいな柔い素材だと、へし折れる可能性が高くなります。

バット部分が強靭なソルトのロッドならアリだけど、「保証対象外」になりかねる使い方なのは覚えておきましょう。

ロッド
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生