サーフのヒラメはBeachWalkerだけで釣りきれるのか?

サーフのヒラメはBeachWalkerだけで釣りきれるのか?

シンキングペンシルの「エッジ」が出たことで、DUOのBeachWalkerシリーズさえあれば、サーフでヒラメを狙うことに死角がなくなった!

このままでは、サーフからヒラメが絶滅してしまう。どうするの? サーフアングラー達。

 

そんなわけはないので、今更聞けない各ルアーの有能な点をまとめたい。

スポンサーリンク

BeachWalkerシリーズの生まれてきた理由

そらもうお前、ヒラメを釣るためよ

ほら、古事記(公式)にもこう書いてあるでしょう?

 

ヒラメを釣るために産まれたらしい

 

サーフルアーでヒラメを狙うには、足で探りながらが最も効率がいいと実感している。

なので”浜辺を歩む者“の冠は、すごい確信をついていると感じていました。

現実では、ススっと浜インして夜明けまで投げて終わり、なんて人も多いのにね。

 

そんな話はさて置いて……

今記事では、サーフルアー(ヒラメ部門)をリードしてきたビーチウォーカーシリーズを振り返り、おすすめな所を挙げていきたい

Beach Walker | product_brand | DUO
DUO International/ルアーメーカー 株式会社デュオ/ハンドカービング技術を中心に、一貫した自社生産スタイル/Tide Minnow タイドミノー /NIPPON QUALITY 国内生産/OEM事業/静岡県焼津市/

巻くだけで釣れる有能なヘビーシンキングミノーで一世風靡

サーフで使われる”本当に重いミノー”は、「アクシオン」と「ファルクラム」が目立っていた。

それぞれ見た目は似ており、違うのは重さとリップ形状で、攻略に向いているレンジが少し変わる程度。結構重いのでなるべく早めに巻かないと底を切れなかったりする。

 

ヒラメは底にいる魚だけど、ルアーは50cm↑を通るほうが、相手から見つけてもらいやすい。

 

ファルクラムが特に、”ただ巻きで底を切るリトリーブ速度”が偶然にも、ヒラメのバイトをめっちゃ誘うレンジと速度にかっちりハマっていた。

そして多くの釣果と口コミでアングラーの支持を獲得し、「サーフのヒラメはHSミノーでファルクラムだね!」と、有能さをアピールしたルアー。

 

ファルクラムのこと

 

あと一応フローティングミノーでMDタイプも出しているけど、これはimaの「魚道MD」が完璧すぎたため、この分野は他に譲ることとなった。

ヒラメのエサと化したジグヘッド+ワームの「ハウル」

ヒラメルアー人気も加熱してきた中、スレの進行が目立ってきたからか、ハードルアーよりソフトルアーが使われることが多くなる。

そんな時に現れたのが「Haul」。メーカーがジグヘッドとワームを1セットで販売したのは珍しかった。

ちなみに動詞で使うと、”魚を捕ってくる(引っぱる)”みたいな意味で使えます。

 

コイツが登場してから1年ほどは、ハウルの釣果が遠州サーフでかなり多く聞くように。

なんたって死角ないもんな。──飛距離以外は。

 

ハウルの釣れる理由とは?

 

「ヘッド+ワーム」のセット販売もこれ以降目立ちはじめ、なんだかんだでパイオニアだったと思います。

 

あとはピンテールやシャッドテールなど、マイナーチェンジを施しましたが、どうしてもあれが足りないため、釣れない死角が存在するんです。

ジグなど重量級に手を出して飛距離を求めはじめるが……

ワームで近距離は釣れても遠距離は届かない……なら遠くに飛ばせるルアーは何?

ということで、サーフルアー界は100m前後を主体とする飛距離合戦が繰り広げられることに。

そしてとうとうDUOは、自社製では珍しいメタルジグに手を出してきた。

 

シマノのアレとは少し変化をつけた「フリッパー」は、サーフでヒラメをなるべくただ巻きで釣るためのメタルジグとして登場する。

監修が同じ某ヒラメハンターなので、似るのは仕方ないだろう。パクりパクられで成長してきたのが文化だしね!

満を持して登場してきたが、市場にメタルジグが飽和している状態。特別なアドバンテージがあるわけでもないし、他より少し高いから、あまり釣果も聞きませんでしたね。

俺もこれ使うならスピンビームでいいって思うもん。

 

これ以降、ジグミノーにプロペラやブレードを着けたりと、社内で「とりあえず新しいモノを」と上司に無茶ブリされ、絞り出された企画物しか出てこない状況に。

どこも現在できうる技術の最高点に達していた感はしたから、致し方ないかもしれない。

サーフでヒラメを釣るためのルアーも、ここまでが技術の限界なのだろうか……。

スポンサーリンク

ファルクラムとハウル以降、後追いが否めない

ビーチウォーカーシリーズだけで見ると、時代をリードしたのはハウルまでだと思う。

ここまでは本当に独壇場といえたくらい、対象ルアーの釣果は多かった。

サーフルアー人気の加熱もあいまって、他社も続々と参入してきたから、似たような製品ばかりで価格競争がメインになっていた気もする。

 

DUOは焼津市にある会社だし、静岡県内のサーフは地元ってことも、多少なりとも影響はあると思う。テスターもそこを使うのが多いわけですし。

それ以降は、金属のチャームを着けだして迷走しはじめたと、結構多くの人が思ったのではないでしょうか。

必要なのは技術じゃない、アイデアなんですよ!(力説)

 

しかしここでようやく、ヒラメハンター待望のアレが登場したわけです

満を持して登場したシンキングペンシルの「Wedge」

そんなわけで、「ウェッジ」が新たにシリーズの仲間入りに。

ヒラメハンター待望のシンペンだそうで、今後の活躍も楽しみです。……もはや見飽きたレベルの姿形ですけどね。

 

ウェッジくんの特徴

 

あえてこのジャンルの先駆である”棒”と比べるなら、ボリューム感は勝っていますね。

それは実際に見ないとわからないでしょうけど、ミノーらしい流線型をしているので、中間部の大きさが目立ちます。

重量バランスはセンターよりだから、重さの塊である棒と比べれば、キャストはしやすいでしょう。

 

あとDUOで好きなのは、ラメ入りのグラデーションカラー

これが綺麗で、水中でキラキラ光りそうだしシラスに似そうだから、「釣れそう」感がハンパないんですよね。眺めるのも好き。

──塗装が剥げた部分見るとすごい凹むけど。

ウェッジなら柔らかめのロッドでも、棒より投げやすいはずです。

監修人が使うロッドがMクラスで胴調子が多いゆえに、同じロッドで使いやすいシンペンが生まれたのだと思います。

サーフのシンペンは落として釣るルアー

シンペンの特技は遅いフォールでの食わせ

なので「ストップ&ゴー」が最も向いているメソッドです。

 

水深が2m以上あるようなら、じゃかじゃか巻いて浮かせ、ロッドを下ろしながらボトムにつけるを繰り返すだけでOK。

着けないほうがアタリはわかりやすいけど、それはルアーが沈むカウントに慣れてからでもいいです。ヒラメは一度噛んだ獲物はそうそう離さない性分なので。

1m前後ならただ巻きの最中にたまに止めるのくり返しで十分。

 

ウェッジくんはビッグベイトの時期にハマりそう。

ヒラメが居そうなピンポイントに、シンペンを意図して落とせるようになれば、釣果は増えるはずですよ。

 

ルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生