サーフヒラメは「BeachWalkerシリーズ」だけで釣りきれるのか?

サーフのヒラメはBeachWalkerだけで釣りきれるのか?

DUOのサーフルアーブランド「BeachWalker」シリーズは、数々のヒットルアーとゲームをリードしてきました。

遠州サーフの定番になったヘビーシンキングミノーによく飛ぶFミノー。近年はメタルジグやシンキングペンシルも登場。BWシリーズだけで、あらゆるレンジに対応できるようになり、「このままではサーフからヒラメが絶滅してしまう!」のレベルまで達している気がする

その真意はどうあれ、今更聞けない各ルアーの有能な点をまとめたい。

スポンサーリンク

BeachWalkerシリーズの生まれてきた理由

そらもうお前、ヒラメを釣るためよ。ほら古事記(公式)にもこう書いてあるでしょう?

ヒラメを釣るために産まれたらしい
「ヒラメを狙うためだけに生まれた」らしい。

DUOの「BeachWalker」は、冒頭でいったように、サーフ(ヒラメ)ルアーの起源ともいうべきブランドです。さすが”浜辺を歩む者“の冠は一味違うぜ!

そんな話はさて置いて……、今記事では、サーフヒラメをリードしてきたビーチウォーカーシリーズを振り返り、おすすめな所を挙げていきたい

Beach Walker | product_brand | DUO
DUO International/ルアーメーカー 株式会社デュオ/ハンドカービング技術を中心に、一貫した自社生産スタイル/Tide Minnow タイドミノー /NIPPON QUALITY 国内生産/OEM事業/静岡県焼津市/

ファルクラム|巻くだけで釣れる有能なHSミノーで一世風靡

サーフでヒラメが釣れると話題になったのは、サーフシーバスが浸透してから。Fミノーでたまに釣れてくるから、本格的に狙ってみよう(ヒラメハンター談)──てことで、底に張り付くヒラメを効率的に釣る方法が模索された。

底にいるなら重いミノーがいいのでは? てことで生まれたのが、HSミノーの「アクシオン」と「ファルクラム」。それぞれ見た目は似ており、違うのは重さとリップ形状。それぞれレンジが少し変わる程度の違い。

ヒラメは底にいる魚だけど、ルアーは50cm↑を通るほうが、相手から見つけてもらいやすい。

ファルクラムのスペックが、ただ巻きでちょうどヒラメの頭上を通るレンジだったため、かっちりハマり、一時期の釣果はこればかりが目立っていました。そして多くの釣果と口コミでアングラーの支持を獲得。「サーフのヒラメはHSミノー! その中でもファルクラムが一番!」と、サーフ人気に火をつけた存在といえるでしょう。

ファルクラムのこと
パクリは多いがオリジナルは毎年恒例のカラー追加だけで十分売れているロングセラー品!

あと一応フローティングミノーでMDタイプも出しているけど、これはimaの「魚道MD」が完璧すぎたため、この分野は他に譲ることとなった。

ハウル|ジグヘッド+ワームのセット販売がヒラメのエサと化す

ヒラメルアー人気も加熱してきて、毎日多くのアングラーがサーフに訪れると、どうしても”魚のスレ”が進行します。これまでHSミノーなどのプラグ系が主流でしたが、これを機に「ジグヘッド+ワーム」のソフトルアーが注目されるように。

そんな時に現れたのが「ハウル(Haul)」。ジグヘッドとワームがセット販売されたのは、おそらくこれが初めてじゃないだろうか。

コイツが登場してから1年ほどは、遠州サーフのヒラメ釣果は「ハウル、ハウル、ハウル」の文字が並ぶように。そして続々と追加モデルも発売され、今やサーフのソフトルアー部門で盤石の地位を築いている──と思う。

ハウルの釣れる理由とは?
飛距離以外に死角はありません!

確かに釣れるんですが、サーフルアーで重要視されるあれが足りません。その死角を埋めるべく、満を持して次のルアーが登場するのですが……。

メタルジグに手を出して飛距離を追求しはじめるが……

ワームで近距離は釣れる、でも遠距離は届かない。そこにヒラメが居る可能性があるならば、遠くに飛ばせるルアーがどうしても必要──!

ということで、サーフルアー界は100m前後を主体とする飛距離合戦が繰り広げられることに。

そしてとうとうDUOは、自社製では珍しい「メタルジグ」に手を出しました。シマノのアレと同じ監修人が手掛けた「フリッパー」は、BWブランドの失墜を予感したことでしょう。だってパクr

この時すでにスピンビーム旋風が落ち着いた頃で、市場はメタルジグが飽和していた状態。ほぼ焼きましのフリッパーに、特別なアドバンテージがあるわけでもなかったのが敗因かと。俺もこれ使うならスピンビームでいいって思うもん。

これ以降BWブランドは、ジグミノーにプロペラやブレードを着けたりと、「とりあえず新しいモノを」と上司に無茶ブリされる社員の苦悩が表れているようでした。

これまでは、現在できうる技術の最高点に達していた感はあった。サーフでヒラメを釣るためのルアーも、ここまでが技術の限界なのだろうか……。

スポンサーリンク

ファルクラムとハウル以降、後追いが否めない

BWシリーズだけなら、時代をリードしたのはハウルまでだと思う。ここまでは独壇場といえるくらい、BWシリーズの釣果は多く目立っていました。

それからサーフゲーム人気の加熱もあって、他社も続々と参入してから、似たような製品ばかりで価格競争がメインになってくる。どんな最先端製品でも、一度世に登場してしまえば解析し放題ですし、それはスマホ業界でもよくわかるでしょう。

DUOがサーフルアーに強いのは、焼津市にある会社で静岡県内のサーフが地元ってこともあるでしょう。そして遠州サーフの釣果が特に多いのも、販路の関係で影響があると思う。テスターも地元が多くなるわけですし。

ファルクラムとハウルが前線から退きつつある今、「必要なのは技術じゃない、アイデアなんですよ!(力説)」を表現したようなルアーが販売されてくる中、ようやくヒラメハンター待望のアレが登場したわけです

Wedge|満を持して登場したヘビーシンキングペンシル!

そんなわけで「ウェッジ」が新たにBWシリーズの仲間入りに。ヒラメハンター待望のシンペンだそうで、今後の活躍も楽しみです。……もはや見飽きたレベルの姿形ですけどね。

ウェッジくんの特徴
名作の「フライヤー」をめっちゃ重くしてリップをなくした感じ(形容)

あえてこのジャンルの先駆である「かっ飛び棒」と比べるなら、全体のボリューム感は勝っていますね。ペンシルだけどミノーらしい流線型で、中間部の膨らみが目立ちます。重量バランスはセンターよりだから、重さの塊である棒と比べれば、キャストはしやすいでしょう。

あとDUOで好きなのは、ネイルサロンでキメたようなラメ入りのグラデーションカラー

ルアーカラーの中でも芸術的な綺麗さで、ラメ部分が水中でキラキラ光り、シラスパターン合いそうだから「釣れそう」感がハンパない。眺めているだけでも好き。──塗装が剥げるとすごい凹むけど。

ウェッジはセンターバランスなので、サーフヒラメ用のMモデルなど、柔らかめの胴調子ロッドでも棒より投げやすいはず。監修人は主にMクラスのロッドを使っているから、必然的に”そう”なったのではないかな?

サーフのシンペンメソッドはフォール主体で釣るルアー

シンペンの特技は遅いフォールでの食わせ。なので「ストップ&ゴー」が最も向いているメソッドです。

水深が2m以上あるようなら、じゃかじゃか巻いて浮かせ、ロッドを下ろしながらボトムにつけるを繰り返すだけでOK。ヒラメは一度噛んだ獲物はそうそう離さないので、ラインのたわみは気にしなくてもいいです。

ウェッジくんはビッグベイトの時期にハマりそうですね。ヒラメが居そうなピンポイントに、シンペンを意図して落とせるようになれば、釣果は増えるはずですよ。

ルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました