疲れず手返しよく重いルアーも投げれるペンデュラムキャストのコツ

pendy

おしなべて”プロ”は特に手返しがはやいですが、キャスティングには”慣れ”も必要です。

また、長時間釣りをするとなると”楽に投げる”ことも重要です。

重いルアーを楽に投げれる投法が、今回紹介する”ペンデュラムキャスト”です。

スポンサーリンク

何故ライントラブルが起こるのかを知ろう

100%の力で投げるほどライントラブルは起きやすく、投げ釣りからルアーへと移行した人は悩んだことがあるのではないでしょうか。

これはタラシなしで静止状態から投げる癖が抜けていないから。

ライントラブルはある程度タックルの性能(ロッドならガイド経、リールならスプール)も関係します。

フロロカーボンまたはナイロン製のラインは、巻きぐせがつきやすく、スプールから放出しやすいので、初速があってもトラブルに繋がりにくい。

PEは巻きぐせがつきにくく、ルアーの初速を上げれば上げるほど(全力を出せば出すほど)スプールからの放出が間に合わなくなり、バックラッシュまたは高切れを起こします。

要点をいうと、「キャスティングは100%の力で投げる必要はない」ことになります。トラブルが多い人は、毎回全力で投げていませんか?

何事もほどほどが一番ってわけですよ。

疲れない投げ方は、ルアー釣りの効率も上げる

キャスティングにおいて”正確性”は重要ですが、”疲れない”ことも忘れてはならない。

数時間でン百回もロッドを振る必要があるので、軽いタックルを揃えたいし、力は最小限に抑えたい……。踏み込んで「オラァン!」と投げてる人を見かけますけど、「毎回やって疲れないのかな……」と思っている。

今回は慣れれば鉄塔渡り中でも投げれる”ペンデュラムキャスト”の話。

最小限の力で投げる=体の軸のブレが少ない」という構図にもなるので、足場が悪い時やウェーディング中など下半身を動かせない場合には効果的。

ペンデュラムキャストをマスターして何時間でも投げれるようになろう

まずは間違ったやり方(え?)

えっ、これはただのオーバーヘッドキャストですよね。”ルアーを前に振る”までは合っています。

同様の方法でプラグを投げることはありますが、私の場合はグリップエンドを前に跳ね上げ、ルアーを後ろに振る感じでやっています。

力を必要としないペンデュラムキャストのフォーム

これが最も疲れないペンデュラムキャスト。私もこんな感じ。

振り子の作用でロッドにルアーの重みを乗せてから、前にポーンと押し出すだけです。

この投法は負荷もかかりにくいため、ロッドの調子(張り)に左右されにくく、どんなロッドでも万能に使える利点があります。

張りが非常に強いロッド(レクシータモンスタージェッティAR-C TYPE VRなど)では振りぬく速度を上げることで飛距離が変わります

ごく一般のルアーロッドでは柔らかすぎるため、同じやりかたでは弾力が全て吸収してしまうからロッドに優しくないし、飛距離は逆に落ちます

張りが強いロッドで重いルアーを遠投するコツとしては、ロッドにかかる重さを前に押し出すというのが正しい。

「俺様の筋肉(パワー)で飛ばしたい!」という方には先のロッド達がオススメです。

ペンデュラムキャストに向いているルアーの重さ

ロッドの対応重量を超えても投げやすい方法ですが、安定した飛距離を出すならせいぜい+10gが限界。

ルアーの重さやタイプ、タックル構成によって投げ方は変えるべきです。

ルアーメンは前から後ろへ振りぬくオーバーヘッドキャストには慣れていますが、ペンデュラムには慣れていない人が多く感じる。

なのでサーフのような30g前後の重いルアーを扱う場所に来ると、投法に個性があって面白い。

静止状態からルアーを投げるとすると、遠投投げみたいに後ろから一気に振りぬく感じか、むしろキス投げ竿でないと100%の飛距離は出しにくいです。

……これを毎回やるとなると手返し悪いし、疲れますよね。なので手返しよく先の動画みたいにやる方法を図解します。

手返し良いペンデュラムキャストのコツ

慣れればルアーを回収してから5秒もかかりません

pen1

1.ルアー回収の際に自分が取りたいタラシの長さの位置(ティップから地面までという意)でロッドを構えつつ足元まで巻く

私の場合2mくらい取るので、胸の位置くらいにティップが来るようにしています。

回収した時点でベールを起こしラインを指で抑えます。

pen2

2.ティップを上に「スッ」と持ち上げ、ルアーを前に振り出す

これは持ち上げた時の反動で自然とこうなります。だいたいルアーが目線と同じくらいの位置がベストかな。

私は持ち上げる時点で後ろが安全かを確認しています

pen3

3.進んだルアーをちょいと引っ張る感じで振り子を促しつつ、ロッドも一緒に後ろに倒す

この時、ルアーの動きが早ければ早いほどロッドに重さが乗るので、軽い力で遠くへ飛ばせます。(2)で後ろを見ていると、このルアーの動きがわかりやすい。

右肘は90度、ロッドは1時の方向で固定してください。

ここで手首や肘の力が抜けると、ロッドにかかるテンションも失われるし、ねじれる原因になるので、投げにくくなるし明後日の方向へ飛んでしまいます。

4.後ろにいったルアーの動きが止まったなー、重さが乗ったなーってくらいで──左手を引いて右手を前へ押し出す

重いルアーほどこの動作はゆっくりでいいです。

形容すると、左手は胸へ当てるように、右手は前へジャブパンチする感じ。

ロッドの稼働位置を時計で表すと、「9時→11時→1時→10時」って感じです。感覚天才風に例えると、「スッとあげてスーッと後ろにやって……こう!」みたいな。

慣れれば1→2で2秒、3で溜めて5で投げる──の計5秒くらい。

ルアーが視認できる日中くらいしかこのスピードでは出来ないですけどね。

夜間はタラシの位置を確認(これも(1)の原理で見ずに決めれますが)する必要があるので。

【まとめ】最小限の動作で疲れないペンデュラムキャストをマスターしよう

1.タラシ分までルアーを巻取り、ロッドティップを目線より上に持ち上げ、振り子運動を促す

2.後ろに進みだしたルアーを横目に、ロッドも後ろに倒す(自身の少し後ろまで)

3.ロッドに重みが乗ったら、左腕を引き、右手を前に押し出す!

キャストアキュラシー(精度)がイマイチと感じるなら、それはどこかがおかしい証拠です。

例えばロッドの角度。振り子した時にルアーが横に流れている。投げる腕が曲がっている。──などなど、原因はアングラー側にあります。

このペンデュラムキャストの弱点として、加減がし辛いところがあります。

最大飛距離を出すのは簡単ですが、近距離の精度を求めるとなるとオーバーヘッドのほうが楽です。

なので割りと大雑把な、何も考えず回遊待ちをするジグキャスティングに向いている投法ですね。

キャスティングに重要なのは腕の可動部

オーバーヘッドでもそうですが、右手は振り下ろすよりも”肘を伸ばす”ほうが正面へとコントロールしやすい。

正確に狙った所へ投げれない人は、振り下ろす過程で腕が左右どちらかにブレてしまい、ロッドがねじれることが多い。

よって放出地点のトップガイドがブレるため、明後日の方向へ飛んでしまう。

この右手は”テコの原理”の支点なので、力は入れなくてもいいんです。

ロッドを振りぬくスピードを決めるのは、どんな投法でも左手になります。

……キャスティングの正確性を求めるには、ミラクルジムの講座かDVD見たほうが理解しやすいかと。

重いルアーでロッドが鳴るのはスイングが速すぎる証拠

振りぬく力ですが、これはロッドが長い(9ft以上)ほうが弱い力で済みます。

短いショアジギングロッドは、反動を使うよりも振り抜いたほうが飛ぶので、メタルジグを扱うにはそれなりに疲れます。

長いほうが遠投性能もあるし、何より少ない力で投げれるんですよ。

ロッドが鳴るくらいに振りぬかなくてもいいです。

鳴るほど”上手く”聞こえるかもしれませんが、ルアーの重さによってはロッドとルアーのスピードが噛み合わない場合が多く、ド派手な音の末、ライントラブルをかましてルアーだけ飛んで行くほうが多いです。

あれは8ft以下と軽いルアーの特権だと思ってください。

なので何事もほどほどに。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

疲れず手返しよく重いルアーも投げれるペンデュラムキャストのコツ
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク