【サーフ攻略】夜間でもいい地形と離岸流を見つける簡単な方法

yorusudf

広大なサーフにおいて、ピンポイントで暗闇の中からいい場所を探すのは苦労します。

明るい時に離岸流を見つけるのは簡単。夜間のような白波しか見えない状況では、経験者でも難しいのではないでしょうか。

でも意外なところにヒントは隠されているものです。

そんなわけで”夜間でもいい地形と離岸流を見つける簡単な方法”をちょろっと教えます。

注意事項として──

夜間は波の高さがわかりにくく、若干でも海に入るのはオススメしません。メリットとしては”空いている”のと”夜間の方が有利になる魚種”もいるわけで、一般でいわれているよりも、暗闇というのは不利な条件ではありません。

夜間のポイント選びのコツは”白波”と”海岸線”から、地形を推測するチカラです。これは日中でも使える方法ですよ。

 

スポンサーリンク

STEP1:とりあえず海岸線まで行く

目的のサーフに来たら、まず潮騒を辿りにずんどこ進んで海の側まで行きましょう。

着いたら左右を確認。

・例

2015-05-08 05.34.33black

日中ならば左ですが、夜間では右のように暗闇。……なーんも見えないですね。

でもこの中でもヒントは隠されているんですよ。

気になるのはここ!(真っ暗だとわからないので若干光度を上げてます)

henka1

これだけの情報から考えられるのは、

「逆に流れがあるためか波の発生点が遅れている(離岸流がある)」

「手前より奥の方が浅いため縦方向にある駆け上がりの境界線かもしれない」

の2つ。

「さらに暗い場合で、白波もほぼ無い状態ならばどこを見たらいいのか?」

これは海岸線を見て波の長さを確認。

どれだけ遡上してくるか──その距離で波の高さがわかるし、波の高さがわかれば地形の変化もわかります。深く理解すれば海流がどうなっているのかもわかるようになるかと。

henka2

波の高さまでわかれば、これで波打ち際のおおよその水深までわかります。

『津波が何故沿岸部で高くなるのか?』の仕組みを理解しているなら、なんとなくここまでは既に理解しているのでは?

波の高さは海底の高低で変化するから、他より”高いor低いイコール水深の目安”になります。津波の発生要因も『揺れ』ではなく、海底が大きく沈降するか隆起するかで発生するからです。

波から得る情報でおさえるべきポイント

・波打ち際の深さ=全体の水深

・流れの方向

ここをおさえましょう。

波が低いのにやけに遡上してくる時は波打ち際が浅い。波打ち際が浅いってことは全体的に浅めになり、シャローを引けるルアーをスタンバイって流れ。

遠浅のポイントに慣れるとわかりやすい。

STEP2:沿岸の形状から離岸流を特定する

波の高さからおおよその水深は把握できました。次は足元の”海岸線を見てみましょう。

2338

イラストの”海岸線が弓なり”になっている部分に着目。

何故弓なりの形状になるのかというと、「波が寄せて引くことによる侵食」です。

波が海岸に対して斜めに遡上する箇所は、こういう形状になりやすい。逆に真正面から波が当たる場所では、平坦な海岸線になります。

右の図は特殊な例ですけど「反転流」と呼ばれます。川ではよく見かけますけど、サーフのように流れが弱い箇所ではまず見かけない。磯ではこれにより侵食されて、ぽっかり深い所ができたりします。

海岸線の情報からおさえるべきポイント

離岸流は様々な形がありますが、雑誌などでいわれる離岸流は「左右からの流れがぶつかり、岸から沖へと流れる現象」のこと。

これが起きやすいのは海岸線の凹凸。つまり弓なりの箇所です。

日中では水面を見ることで離岸流を判断する紹介が多いです──が、”事象の原理から考えれば”夜間でも簡単に見つけることができます。

henka3

離岸流は岸から深く掘るわけではなく、岸から振り下ろすような流れ。なので、離れた箇所に影響がでます

なので弓なりの部分には”ワンド”といわれるくぼみができやすいわけです。

STEP3:夜間のサーフはワンドで粘るほうがいい

夜間の海岸でも、弓なりの箇所はまだ探しやすいほう。

そこには離岸流が発生しやすく、部分的に深い箇所が存在します。これが”ワンド”と呼ばれているポイントで、魚が居着きやすい箇所です。

これを見つけるには”沿岸の傾斜”に着目します。

henka4

凸凹してますねー。先の汚い絵で説明がつきますが、寄せ波と引き波の方向がこれで大体わかります

henka5

弓なりの部分は持続的な離岸流が発生しやすく、岸からは瞬間的な離岸流が発生しやすい。私はこちらを”払い出し”と呼んでいます。

払い出しやサラシなど、白泡が引き伸びた箇所は魚の警戒心も薄れます。そのためシーバスにはいいポイント。

離岸流は海底に変化をもたらし、微生物が小魚たちの口に向かって流れるため、酸素濃度も高くなりやすい。小魚(ベイト)がいるから、それを食べにくる魚が着きやすくなります。

寄せ波引き波の方向は遠くからだと断定しにくい。なので目の前でしばらく様子をみたほうがいいです。両サイドから来る引き波は払い出しを生みやすく、同一方向の流れは離岸流(反転流)を生み出しやすい。弓なりの部分って、見た目より流れが複雑なんですよ。

あと海岸線の傾斜は、水深を知るのにいい材料です。

henka6

これは満潮時と干潮時のそれぞれ頂点に同じサーフにいくとわかりやすい。”沿岸の傾斜が沖まで続く”ような考えでも基本的に構わないです。

海岸線を形作るのは”風と波”、海底を形作るのは”流れ”。

これらを理解しておくと、日中でも海岸線を横から見るだけで、「あそこにいい所があるなぁ」とかわかるようになれます。

STEP4:実釣!

ここまで来たらルアーを投げて『流れ・深さ・海底の地質』を確認するだけ。

深さを知るのに手っ取り早いのはメタルジグ。60gくらいまでなら(形状にもよりますが)秒速1mくらいで沈降するため、広範囲の水深を知るのにはもってこい。流れと深さを確認するにはプラグ系が向いています。バイブレーションでも可。

とはいえサーフでの流れは、基本的に”縦”しかわからない。流れの変化があれば、それが離岸流です。

ルアーを等速で巻いていて、若干重く感じる時は反対側に流れがあることになります。潮汐でも流れは変化するので、寄せ波と引き波の進む先を確認しつつ、あとは追従していけばいい。

夜間の場合、海岸線の形状を見るほうが手っ取り早く、日中なら波の高さと進む方向をみた方がいいですね。

海面の盛り上がり方でも地形がわかるので、沖合は日中の方がわかりやすいです。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

【サーフ攻略】夜間でもいい地形と離岸流を見つける簡単な方法
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク