これを待ってた!X AR-C素材のシンキングモデル「熱砂スピンブリーズ130S」

20161222tp201

「”X AR-C”という浮力のある樹脂プラグを作る技術があるんだから、ウェイト乗せてシンキング作ってほちい」

そう願っていたのが届いたのか、遠浅ヒラメルアーに使える”スピンブリーズ”がモデルチェンジ。

ただ……何故サイズを大きくしたんだい?

スポンサーリンク

前モデルよりは色々と大きくなったが…

スピンブリーズ130S”は、ノンリップのシンキングミノー

前モデルは遠浅サーフに合うレンジを引けるルアーで、任意でレンジを選べる”シンキング”なのが気に入っていた。

サイズは120mmから130mmにアップ。

ウェイトは24gから30gにアップ。

カタログ上での平均飛距離は70.8m、そんなもんじゃないだろうと思うけど、プラグとしては申し分ない。

おまけに値段もアップ。

いまいち人気がないのは「スピンドリフト」のせいだったりする。

ヒラメなら底を取ってきっちり巻けるほうが効率的だから、浮きやすいしサイズも大きいスピンブリーズは使っている人が少なかった。実績としてはスピンドリフトのほうが多く、サーフにおいては「よく飛び」「よく沈み」「派手に動く」と万能なHSミノー。

ヒラメの狙いやすさ”では完全にお株を奪われていた感があった。

スピンブリーズのいい所は”シャローを引ける”のと”レンジを選べる”という点。

サラシが出る箇所にはハマるし、干潟にだって使える。一般的なシンキングミノーより、中層付近のストップゴーで派手に動いてくれるから、パターンとしてはサッパやコノシロの時は向いているルアー。

遠州サーフでは渥美と御前崎の一部でこういうのが必要な場所があるし、馬の背が多い場所ではそこに届かせるための飛距離だって備えている。

10cm以下でこういうのを作ってくれると思っていたのに、まさかのサイズアップは予想外だった。

要望が多ければダウンサイズが作られるわけですねわかります。

スポンサーリンク