安定のマスゴミと防災意識高い系

2016419tp12

経済学者と地震学者は信用できない」とはよくいわれている。

地震大国でありながら、マスゴミと学者のコメントがフワフワタイムしすぎて「何いってんだコイツ……」と感じている今日この頃。

起きたことを分析するのは簡単だけど、これから起こりうる最悪な想定まで、いって欲しいものです。

あと何回揺れれば地震は解明されるのか

本震だと思われてたのが前震に切り替わったのは記憶に新しいかと。

メディアのコメントがフワフワしているのを擁護するなら、「保守的な世論を無意味に煽ると、ロクなことにならないから」。

昔から”地震予知”に熱心な国ですが、もし予報が発令されたとすると、みんなどう逃げるの?そこまで考えてる?大丈夫?おっぱい揉む?

辛辣にいえば、「これからを考えているようで、実は何も考えていない」のが、この国だと思っている。

東日本大震災でも散々やらかしたマスゴミが、今回もいそいそと燃料投下をしてくれている。

現地の報道で命を懸けているのはわかるが、メディア関係者がいることにより、失われるものはある。

それは”食料”だ。

むしろこの画像をアップすることで、反感を買うとは思っていないとか、頭フラワーすぎやしませんか?「飯を積むとヘリが飛ばせねぇんだよ!」とか普通に思っていそうではある。自分が飯を食うために、飯に困っている人から奪いに行くのか……侵略者かな?

先の大震災でも、多くのボランティアを受け入れてはいたが、それ故に「被災者への食料に困った」という事例がある。熊本地震では現在、「ボランティアの安全を確保できないため」と受け入れを拒否している。

これは英断であるし、救助のプロも活動しやすくなるだろう。

マスゴミには是非とも、3日分のうまい棒でも載せて現地で報道していてもらいたいものだ。

福島から高速道路を使い、はるばる被災地へと移動する自衛隊に先日遭遇した。山形からもすでに出発済みで、日本各地から熊本へと向かう人は少なくない。

日本においてはむしろ、こういうための大型輸送機なんじゃない?

海外派兵に使うのが真っ先に浮かぶのは、どんだけ戦争したいんだよと穿ってしまう。

便利な物を使うのにはリスクが伴うが、それを補うメリットがある。当人達は”宣伝”のためにやっていることじゃあないし、助けても受け入れられないのは悲しいだろう。

それをやるのは軍事演習の時くらいで、緊急時にありもしない裏を読み取るのは、体力の無駄遣いともいえる。

災害対応は世界一ィ!の迅速さ

東日本大震災でも思いましたが、災害が起きてからの対応と、ライフラインの復旧に関してはおそらく世界一。地割れで分断された道路が、ものの数日で元通りになるのはクレイジーだ。

あの時は政治の動きが遅れていましたが、今回は特に異常なくらい素早かったと感じる。

それでも叩く材料をどこかしらから集めてきて、逆に叩かれている某党は、見ている分にはおもしろい。

被災地を憂うのなら金を落とそう(真理)

同情は何も生まず、自己欲を満たすだけの行為ともいえる。「オレ熊本に課金するわ!」といった中学生のほうがよっぽど気軽な善意だと思う。

関西と東北出身者の人は、自己紹介の時によくあのことを聞かれるので、正直うんざりしているらしい。その話題を掘り下げて何がはずむのだろう……知りたい欲求でも埋まるのかな、相手はただ嫌な記憶を掘り返されるだけなのに。

自粛は経済を停滞させるだけの行為。

いくら貯め込んだところで、明日ポックリ逝く可能性がゼロではない限り、お金は貯めるのではなく生み出していく考えを持つべき。

東日本大震災により、日本の防災意識が一新されて5年になる。

されたはずなのに、現地に水や食料が足らないのはなぜだろう──それは備蓄にも限度があるからだ。

防災意識高い系は、常日頃から備蓄管理をしているだろうけど、その保管場所の安全を考えているのか気になってしまう。

床下に置いても、家が倒壊すれば取り出すのに時間がかかる。また、焼失や流出によって失われる可能性もある。そもそも発生時に自宅に居る可能性が100%ではないし、帰れる保証もない。

──など、備蓄をしたとしても、その恩恵を受けて数日生き残る可能性は50%に満たないくらいだと思っている。

私は「生きていればいくらでも考えれる」と思っているし、体が動けば他人を助ける過程で、それも忘れることもあるかもしれない。そもそも体が動かなければどうしようもなく、助けを待つほかない。

備蓄が効果を発揮するのなんて、家が損壊する恐れがまったくなく、五体満足で、移動手段と現金を持っている状態くらいでしか意味を成さない。ところが、起きてから備蓄をはじめる「これよくわかんねぇな」という”水フィーバー”があの時にも起きた。

人間にとって水は食料よりも重要なので気持ちはわかるけど、被災地に回すことも考えないのかなと思ってしまう。「オークションでペットボトルに水道水を入れただけでも売れる」。あこぎにも見えますが、経済としては需要を狙った販売なので賢い部類にはなる。

けれど、配達もストップしているので、買ったとしても届くころには普通に手に入るようになっていますから……。

東日本の時とは違い、余震でも震源の直上なので体感する揺れは比じゃないかと感じます。熊本地震と同じ内陸型地震である中越地震では、2か月後でも震度5弱を記録しているので、まだまだ気を抜けません。

ひずみを治すため、中国四国か日本海のほうで地震が起こりそうでもある。プレートの進行方向次第では、南海トラフにも影響がありそうですが、そういやこの前M6くらいが起きて揺れたなぁと。

それにしても、「震度4か、雑魚だな」とかいえるこの国はホントなんなの。

慣れすぎているから麻痺しているのは否めない。

地震が起きてから真っ先に「原発は!?津波は!?」と聞く人が増えたことで、大震災の爪痕が未だに残っていることを実感する。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!