【初心者向け】PEラインの無難な太さの選び方

2016617tp112

ルアーのメインラインによく使われるPEライン

この太さを選ぶ方法を知りたい人が多いようですが……雑誌やブログなどは、対象魚別に「この太さにしないとダメ!」って紹介するパターンが多い。

選ぶ太さの基準はすごく簡単、「釣りたい魚の”重さ”に対応すればいい」だけの話。

といえば「その魚は重さどのくらいで、ラインはマジで耐えてくれるの?」と返ってくるのは想定内。

”対象魚別紹介”は誰でも無難に扱えるレベルのシステムで、その数値が前後するのは全然問題ない

魚や状況に合わせたラインシステムを自分で考える」を題材にして書いてみよう。

まずはポンド表記(lb)になれよう!

PEラインなど海外主体のライン(釣り糸)は、「ポンド(lb)」表記が標準。

”ライトブリンガー”って何だよカッケー!」と思った人は、なかなか素質があると思う(はやく中二病を脱してクレメンス)。

ルアーフィッシングでは規格に横文字が使われており、ジャパニーズ・ツリ(エサ)から入るとサッパリである(経験談)。

A号の糸がさ~」といえばルアーメンに通じにくいだろうし、お互い様かもしれない。

PEラインの太さと強度はポンド表記なのでややこしい

しつこいですが、PEラインは太さ&強度としてポンド表記が基本です。

ポンドは質量の単位で、ラインにそれが適用されるってことは、「この負荷・重量までなら耐えます(切れないっすよ)」という指標。

1ポンド(1lb)は「453.592gです。

20161111tp1

 

パッケージに書かれている”耐力強度が1lbならば、453g以上の負荷をかけると切れる可能性があるよ」ってこと。他にもフックとかスナップも強度に「lb」が用いられています。

ポンドからの計算は「1lb=450g」という端数ザックリ計算でもOK。

……私がそうだったりする。

PEラインの太さについては、メーカーによって差異があるため、指標はメーカーごとに存在する。

詳しく説明するとページが長くなりすぎるので、こちらを参照して頂きたい(他力本願)。

ポンド(lb)から号数をざっくり算出する方法

ルアー向けの製品は「lb」が基本ですが、エサ向けの製品は「◯号」が多い。

「nポンド÷4=号数」でザックリと、ナイロン・フロロカーボンラインならばの号数を算出できます。

ルアーだけをやる人にとって、あまり意味はない……が、エサ釣りのラインをリーダーに使う場合に役に立つ。

例えばPEラインの強度が「22lb」ならば、ナイロンラインでいうと「5~6号」の強度に相当する。

しかしPEライン自体の太さ(径)としては1号前後。

太さの指標としては18~20lbが1号相当の太さだけど……”太さ”が必要になるのはリールのスプールに巻く時くらい。

それは別の話になるし、PEラインはそのために号数も書かれているのが多いので、今回は”強度”だけに注目して覚えて欲しい。

ラインの号数も規定としてはあやふやで、メーカーによって太さは微妙に変化する。

これが特に顕著なのがPEラインなので困ったものだ。

なので無難に選ぶ方法を考えてみよう。

 

PEラインの無難な選び方

まずは対象魚を選び、そこからポイントに合わせるのがベター。

でもそれは、”これから”って人に向けた説明じゃない。なので──

「ここで魚釣りをするとこんな大物が来る可能性があるから、釣り上げたいならこれだけ必要だよ!」

という感じで、分類別にしてみた。

【ショアキャスティング】岸から狙う魚の最大重量は10kg程度になる

・1mのスズキ(シーバス)でも、よっぽど満腹でない限り平均9kg

・1mのヒラメは平均10kg

・ブリも1mで平均9kg

というわけで、ショアキャスティングで狙う魚は20lbもあれば十分てことになる。

だから雑誌やブログで「PE0.8~1号(20lb)」って表記が多いわけです。

ちなみに陸っぱりのモンスターであるアカエイ兄貴は、横幅60cmくらいで10kgをゆうに超えるので、20lbだとブチ切られる恐れがあります。

リーダーに5号が選ばれることが多いですが、それは「20lb」を満たすため。

ドラグを出す釣りなら3号でも構わないし、出さずにガチりたいなら20lb以上を選べばいいわけです。

【ライトタックル】堤防小物釣りでは1号以下でOK

メバル・カサゴなど根魚なら、尺といわれる30cmの個体でもおおよそ500g

PEラインを使う場合は0.6号以下でも強度として十分。でも想定外の魚がかかる釣りでもあるため、それを考慮すると悩みどころ。

ドラグをゆるゆるにすればランカーシーバスにもラインは耐えるが、ロッドで浮かせられずクッソ時間かかるか、網を持つ人を探すハメになる。

PEラインの弱点は摩擦に弱いところ。障害物にひっかけると、100kgにも耐えるPEラインだろうが簡単に切れる。

細いラインのほうが見切られにくく、釣れやすい」とはよくいわれますけど、それは自然に落下するエサを”誰でも”演出しやすいだけであって、決して「釣りがしやすい」わけじゃないです。

投げるのが下手だとライン同士が絡まりやすいし、魚の口に触れるとすぐ切れやすい。……ようは交換頻度が早くなり、細いラインはコスパが悪くなります

なのでライトタックルを”これから”やる人だと、PE1号からはじめるのが無難

堤防ヘチ狙いなら擦れることがほぼ無いので、メイン0.6号・リーダー0.8号でもOK。このくらいだと常夜灯下で、チョイ投げからのフォールで「フィーッシュ!」の釣りにぴったり。

岩礁帯やテトラ際では、まずメインのPEが擦れないことを意識して、リーダーを長くとる工夫を。

”万能”で選ぶなら、0.8号が妥当ですかね。

【磯】10kg以内かそれ以上を狙うかで分かれる

磯で狙う魚はラインを強化するよりも、ロッドとリールを強化するべき。

ライトタックルでも40lbのラインは扱えるし、それなら1mのキハダにだって数値上では負けない。けれど、まずロッドが折れるから話にならない。

だから専用のロッドが存在するというわけ。

磯キャスティングでは、メインラインの強度を選ぶ基準としては、狙う魚の重量より余裕を持たせるのが重要

メジャーなヒラスズキは最大10kgくらい成長するので、PE1号でも十分に感じますが、重いルアーを使うしライン擦れを考慮してPE2号が基準。

20kg近くになるヒラマサ・カンパチ狙いだとPE3~5号の範囲

ロッドとキャストするルアーの重量を考慮し、それぞれのバランスを取れば、自然とこのくらいになります。

確信的にマグロ系の20kg以上を狙うならPE5~8号の範囲。とはいえ、PEの選び方にこまる人がやる釣りでもないな……。

【船】大きさと深度によって巻く量と強度を考えないといけないので面倒

メインラインが擦れて切れる事態がほぼないので、大量巻きの安物でも構わない。

潮が速いところで太い糸は不利になるし、細すぎてもダメなので、こればかりはポイントに合わせて聞くほうが手っ取り早いし確実。

ラインの太さは船長に聞いたり、ポイントなどから事前に選ぶこと

最近人気のタイラバでいえばPE1号でも十分なくらい。青物ジギングでもPE3号が一般的かな。

【おまけ】PEラインにある4本撚りと8本撚りの違い

PEラインは複数の繊維を撚った糸であり、4本もしくは8本を撚って1本にした物

なので、「x4」なら4本を1本に、「x8」なら8本を1本に、というわけです。

4本撚りと8本撚りでは、n号の太さである場合、密となっている繊維の量が変わる

それが何をもたらすのかというと、強度の向上と摩擦での切れにくさ(限界強度)。

4本だろうが8本だろうが、伸び率は大して変化しないので、感度を語るのはプラシーボレベルです。

4本撚りは太くなるほど、撚りが荒くなるから消耗で毛羽立ちが目立ちやすい。

8本はそれより密になるので、毛羽立ちが目立ちにくいですが、高価になりやすい。

──まあどちらも、性質としては大差ないし、「一長一短」てわけです。

1号以下のラインをキャスティングで使う場合には、摩擦に強い8本撚りのほうが持ちがいい。

4本はどちらかといえば縦の釣りに向いており、船釣りでリールに大量に巻く際には、値段の安さで分があります。

安いのから高いのまで使いましたが、このくらい(2000円前後)の価格帯が無難。

150m・1500円をトラブルレスで使えるのであれば、それより1ランク上になるG-soulならほぼトラブルなしで使えるかと。

釣行毎にコーティングしていれば、週1釣行でも半年は余裕で持ちます。

PEラインのメンテナンスについてはこちらをどうぞ。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!