最低コストでオフショアに行こう!カヤックとSUPが流行の兆しを見せる

2016629tp111

自分の船を持つことを、”あこがれ”とする方は多いかもしれない。

近年では混雑するショアを離れ、広大なオフショアへ手軽に行ける手段が注目を浴びている。

船舶よりも費用が安くすむ「カヤック」と「SUP」についての記事になります。

船は使わなくても維持費がパナイ

船舶は浮かべているだけで、車と同等の維持費がかさみます。

動かせば”燃料代”、停泊させるとマリーナへ”停泊代”と”管理費”、保険や船検などなど──。維持費は場合によって車より高くなる。

船舶の免許を取るのも、船体を買うのも、実はそれほど難しくありません(簡単とはいってない)。

でも、維持費がかからない船も存在します。

免許がいらない」「部屋にも置ける」「船検もいらない」など、維持費が全然安上がりの船でする、お手軽オフショアフィッシングが注目を浴びている。

円熟味を増し、進化するカヤックフィッシング

相良で開催されるカヤックフィッシング大会も恒例となりました。

近年のカヤックは進化し続け、魚探は当たり前、手漕ぎパドルに代わり足こぎ式など、小型船舶に引けを取らない機能を有する。

ソーラーパネルでエレキを使えるようになれば、アンカーを降ろさず停泊することもできそうですね。

唯一面倒なのが運搬

アルミボートよりはマシだけど、車に取り付けるのが面倒。

20kg前後と重量的には軽いですが、全長は3~4mが多く、風が強かったり車高が高い車で屋根に載せたりすると苦労する。

かといって車内にいれるとなると、ハイエースのような室内が広い車が必須になる。

感覚としては海上を散歩する感じで安定性は良い

船体が細いので水を切って進み、漕ぐのにそれほど力を必要としない。

これは実際やってみると驚くでしょうけど、慣れるまでは筋肉痛との戦いになるでしょう。

駿河湾では頻繁に見るようになりました。

岸から100m行くと水深20m超になるので、大物へのアクセスも容易なのが人気の要因でもあるでしょう。

外洋サーフに出没するウンディーネ?SUPフィッシング

これに関しては、こちらの動画をみるほうが単純明快にわかるかと。

SUP(スタンドアップパドルボード)は、スポーツというよりもレジャー寄りです。

これに釣りを組み合わせたのが「SUPフィッシング」です。

朝日に照らされた緩い海面に立つ人を見て、「ARIAかな?」と感じたこともあった。

カヤックよりも更に低コストだが……

俺がパドルになるんだよ!」とビート板よろしく、人力でやれないこともないので、カヤックより”安く”はなる。

しかしながら波立つとバランスが悪い。内湾ではまだマシだけれど、外洋で出せる状況は1年でもかなり限られる

サーフィンは”波に乗る”、SUPは”海に立つ”感じになるためです。

どちらも海に出る以上、最低限のルールを知りましょう

「海の交通ルール」をご存知ですか?

近くに大きな漁港がある湾は、漁船や商船の出入りが激しいので、航行ルールは必ず厳守すること

海上には”航路”があります。それを知らずに適当に航行すると、大型船の警笛で耳がブレイクされるかもしれません。

何もしらずに沖に出れば、事故に繋がるだけなので、せめて小型船舶の教本に目を通してもらいたい。

購入にかかる費用はおいくらまんえん?

ピンキリですが、どちらも最低20~30万を見積もる必要があるかと。

これは「新品では──」の話です。けれど、リユースなら10万以下でもいけます。

サーフショップではレンタルも行っていたりするので、浜の近辺にあるショップに聞いてみるのもいいかもしれません。御前崎であるにはありますけど、静岡県では駿河湾の右岸(沼津方面)がメッカですね。

運搬の手段と保管場所が確保できるならば、船検が必要な船を持つよりも財布に優しい。

しかしながら落水しないほうがおかしいレベルになるので、危険は伴います。

救命胴衣はしっかりと、ルールを守って紳士に浮かびましょう。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!