【スイッチヒッター65S】釣れる要素を詰め込みすぎた万能シンペン

20161104tp191

ルアーはより小さくするほうが、様々な魚がアタックしてくれる確率は増す。

小さくすればするほど、ネックとなるのが”飛距離”だった。

「スイッチヒッター65S」は、6cm台のプラグで比べれば、飛距離はおそらく最長クラスになる。

スローで巻いても十分なアクションと、シンペンならではの食わせのフォール。

おまけに小型ベイトにも対応できると……、欠点を探すほうが難しいルアーだ。

スポンサーリンク

予想のはるか先に着水する飛距離

6cm台のプラグ系ルアーの飛距離は、大きく見積もってもせいぜい50m前後。

魚との距離が近いウェーディングやボートなら十分だけれど、生息地が季節ごとに移り変わるシーバスを狙うには、「もしかしてこれでもいける?」と感じる万能性があるルアーも忍ばせておきたい。

ここでいう”万能性”は、魚が飲み込むような小ささと、届く距離を兼ね備えた物を指している。

ある程度やっている人であれば、その万能性を持つルアーは意外と少ないと感じているはず。

スイッチヒッター65S」は、65mmの小型ながら平均飛距離は65m

13gのウェイトを載せ、空力を活かしつつアクションも補うフォルム。それに伴って”スリム”とはいえないが、大きく見えることも時には武器になる。

姿を見た時に、「これは飛ばないほうがおかしいだろう」と感じた。でもせいぜい50mのちょい先くらいだろうとも思っていた。

8cmのシンペンを使った後に軽く投げてみると、先程の着水点より先へ落ちるため、「あれ?どこ落ちた?」と。カタログで”平均65m”はウソじゃあなかった。

60mは余裕で飛んでくれる

飛距離を重視したタックル構成ならば、70mも視野に入る飛びっぷりには、正直驚いた。

上層を引けて飛距離もあるから場所を選ばないメリットがある

20161104tp192

最もハマるのが河川と干潟。磯とサーフは最終手段としてフォローに使える。

水深がある堤防でも、表層にベイトがいたりボイルがあるなら使っていきたい。

65mという飛距離は、陸っぱりであれば、足りないと感じることはまずない

固定重心なので、ロッドの調子にもそれほど左右されず、あらゆる構成で安定した飛距離を叩き出してくれるはず。

シーバスロッドであれば、バチ用でもビックベイト用でも。サーフ向けの胴調子では少し扱い辛いが、ショアジギング向けのロッドでも丁度いいウェイトといえる。

だから場所を選ばない。

ソルトであればタックルも応えてくれやすい。

水深がある場所で使うならレンジバイブとセットで

シンキングペンシルの弱点ともいえるのが、深場を攻めるのに向いてないこと。

水平フォールするんだから、いいじゃん?」と思うかもしれないが、深く沈めるほど巻き上げで真上に向けて上昇する。

そのため、点で落とすことは向いているが、線で引くことが難しい

スイッチヒッターを有効に扱えるのは、水面からせいぜい2m以内の範囲。

ほぼ巻かない”哲学めいたデッドスローでも、通しているレンジは1.5mより上くらいになる。

水深3m程度ならそれでも釣れるが、5m前後が多くなる堤防となると、ボイルしていないと効率が悪くなってしまう。

なので深場をなめるように攻めることができるレンジバイブと鉄板バイブを併用すれば、どこのレンジで反応を得やすいかも判断しやすい。

浅場を遅く引けるのもシンペンの利点だが、速く引くほうが反応を得られやすいときもある。

そんな時にもレンジバイブは役に立つので、どちらかだけではなく、どちらもあるほうが攻めるバリエーションが広がる。

弱点は風と不安定な流れ

場所に対して万能とはいったけれど、サーフを限定すれば、不利な点が多くなる。

──でもそれは、アングラーの腕でなんとでもなる。

20161104tp193

波が高い場合はリップがあって潜るタイプが有利だし、重くすることでそれも解消できるが、スイッチヒッターにはそれがない(120でも微妙だった)。

上層を引けるのはシンペンの有利な特徴なので、波がある場面では根本的に巻いて使うことが向いていない。

横風でラインが煽られる時でも、ルアーが軽いと浮きやすいので、サーフでシンペンを扱うのは結構難しい。

ならば、巻かなければいい

サーフでシンペンを扱う場合には、”巻かない”のがひとつの手段

岸から沖へ向かう流れでもない限り、波と流れが勝手に手前へと運んでくれるため、シンペンを巻こうとすればするほど、水面直下しか通せないこともザラになる。

なので糸ふけ(スラッグ)を取る程度にリールを動かして底を転がす感覚が、意外とヒラメなどを連れてきてくれる。

サーフでシーバスを狙うのなら、波に乗った時に手を止めて、そこでフラつかせつつ落とすイメージが結果を出してくれる。

ただ問題は、どちらも「アタリを取りにくい」難点があるので、フッキングがしにくく、バレやすい問題がある。

シンペンの特徴として、魚の目の前に落とせる技術があるほうが釣果がでやすい

自由度が高いから使っていて楽しいルアー

ロッドを振ればそれに応えて飛んでくれるし、なんだか「85S」よりも動いてくれている感じがする。

でかいベイトが基本となる冬はお留守番が多いだろうけど、それ以外の季節では、イナッコとイワシなど、表層でぴちぴちしている状況で手っ取り早く探るのに向いている。

場所も選ばないし、ケースに忍ばせておいても損はない。

特に干潟のウェーディングであれば、これと12cmのフローティングミノー、それに7cm前後のレンジバイブがあれば、大抵の状況で魚が引き出せるんじゃないかな。

バチシーズンでも使えるだろうし、水温が上がった頃のトップでも楽しめる。

このサイズで70m近く飛ぶルアーは、メタルジグ以外では貴重ですよ。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク