【リールのOHをしてみよう】バラして汚れを落とせば大体なんとかなる件

20161115tp191

以前の釣行後のこと。

落とし物なのか、それとも捨てたのか、はたまた土から生えてきたのか。

泥にまみれ自然と同化しそうなリールを手に取ると、「まだ俺頑張れるよ!」と語るようにハンドルが動く。こいつが安物なのは確定的に明らかで、見てみぬフリをされて今に至るのではなないだろうか。

「穴釣りの時にでも使ってみよう」。私はお持ち帰りをした。

30分でするOHの分解記録、はっじまっるよー。

錆と泥にまみれたリールでも、禊げばなんとでもなる実証

それでは””というOH(オーバーホール)をしていきましょう。

OHとは、分解して使える部品はそのまま、ダメなのは交換などして元に戻す修理作業のことをいいます。簡単だね!

スピニングの分解は、ドラグを緩めてスプールを外して、ハンドルをとってからが本番。

大まかなパーツでばらしていくなら、初手はローターかな。

押さえている六角ナットをペンチかスパナで緩めば簡単に外せる。

20161115tp192

汚い。メインシャフトの横にあるコンクリみたいな物体は、逆回転防止機構です。

ハンドルは普通に回ったし、箱を開けるまでは──手間はかからないかな、と楽観的だった。

しかしこの状態だと、奥を覗くのが怖いな……。

20161115tp193

グリスがいい感じに腐食。でも金属にはノーダメージ。

錆びると厄介なのがベアリングだけど、このリールはベアリングと思っていたパーツが、実はベアリングじゃなかったと、ポルナレフ状態になる。

20161115tp194

(一応)金属の輪っかだった。プラスチックでもいけそう。

ベアリングっぽくする必要性があったのかと、疑問を感じてしまう。ベアリング(本物)はメインシャフトに1個だけという、非常にシンプルな構造だ。

……これなら普通にぬるっとハンドル回るはずだわ。

20161115tp195

ラインローラーもこの通り。「それっぽく動くようにすればいいから」と、雑な上司のホウをレンしてソウしたような構造。

これなら塩ガミしてもお湯を流せばどうにでもなる。

前向きに捉えると、かなり素晴らしいアイデアなのではないだろうか。

ここまで分解して造りを見直すと、「全部洗って油させばそれでいいんじゃないかな?」という結論に至る。

OH時の注意点

分解するうえでは、ベイトもスピニングも基本構造は同じ。ただしメーカー毎に”クセ”はあります。

分解洗浄からの組み立ては、100均のドライバーセットとペンチでもあれば、誰でもできます(六角ナット使ういやらしいものもあるけど…)。

大抵のリールは説明書に、修理時の発注用に各種パーツが記された表があったりする。これが構造図も兼ねているので、どうやって組み上がっているかはわかりやすい。

この図を見て「わけがわからないよ」と思った人は、自分で分解するのは止めましょう

中古のリールはそんな物がないので、メーカーHPでパーツ表でも検索するか、培った知識でなんとかするしかありません。

ということで──

1.最初に全体図を写真で撮る(忘れたけど)

2.何かを外す都度、写真に撮る

3.ネジ類は外した順に並べるか、部門ごとにしっかり分ける

など作業手順を記録するのがとても重要なこと。

分解するうえで厄介なのが、「ベイルアームのカバー内の構造」と「リール逆転防止機構」。これらは特に面倒な構造をしている部分。ドラグ内部のワッシャーの組み合わせもそれにあたります。

こいつらはバラした瞬間バネが飛び立ったり、似たパーツばかりでも、ちゃんとした順番で組まないとダメなのがあったりと複雑です。

この辺は自信が無ければ触らないほうが無難。

何個か触れば「だいたいこんな感じだろ」と、フィーリングでもなんとかできるようにはなります。

バラしたらお湯で汚れやグリスを洗い流す

余分なグリスは綿棒とティッシュを使い、先に拭き取っておくと洗浄作業が楽。

油はお湯でも洗い流せますが、CRCなどの石油製品で洗い流す感じで拭き取るほうが時間的には早い。ただコストはかかる。

油脂の洗浄はブレーキクリーナーを使うと楽。

ですけど、油など石油製品を”溶かす”役割もあるので、柔いプラスチックを使っている安物リールに使うと、変形や変色の要因になるので注意が必要。

ギアやネジなどは、クリーナーを使わないのであれば、歯ブラシで磨くといいです。

ネジはCRCを塗るほうが、締めやすくなるのとサビ防止になりますけど、ギアにそれを塗るとグリスを弾いてしまうので、グリス以外の油を使うのは避けてください。

各パーツをしっかり洗ったら、水気を軽く拭き取り乾燥。時間がなければドライヤーとかを使いましょう。

したら金属の表面保護にCRCを付けた布でパーツをふきふきして、必要な部分にグリスをぬりぬりしつつ、可動部にはオイルをさして──

バラした作業手順を思い返しながら、組み立てていく。

20161115tp196

そしたら完成です(アバウト)

OH時に必要な物などまとめ

私の場合はこれが最低限欲しい物

・デジカメ(記録用)

・精密ドライバーセット(やや大きめのプラスとマイナスがあると尚良)

・ペンチやピンセット

・綿棒とテッシュ(グリスを拭う時とつける時に)

・グリスとオイル

あとは「あったら楽になるかもね」的な物。

・ピルケース(ネジの整理に使える)

・汚れてもいい作業台(ダンボールでおk)

・ゴム手袋(グリスの臭いは取れにくいため。軍手は塵がでるのでアウト)

・磁力付きのドライバー(ベイトはあると便利)

くらいかなぁ。

工具は高い値段のほうがいいの?

リールの場合は力をかけて締めることも必要ないので、工具は100均ので十分

自動車整備など、トルクを使う作業ほど工具は頑丈なほうが良く、値段も高くなっていく。安物でタイヤ交換しようとすると、スパナがねじ切れることもあります(経験あり)。

お家に1組はこういった工具セットがあるほうが便利です。

まあ──”すべて他人に任せる”のであれば無用なんだけどね。

ルアーメンは自分でOHできるほうが釣り行ける機会が増える

店舗にメンテナンスや修理を頼むと、それなりに時間がかかります

ロッド修理は店舗に渡し、その場で済む程度もありますが、リールは基本的にメーカー委託になるので、最低1週間は旅立ちます

「タックルがこれだけしかないんだけど……」って状況だと、修理期間は釣りができないことになります。

今回私がしたリールのOHは、”メーカーに頼めば3週間はかかる作業”ですが、実際の作業時間は30分程度で済むわけ。

安いリールほど構造は単純になり、高いほど精密さが増します。とはいってもローター外してカバー開けるくらいは、マグシールドがある製品以外は誰でもできる作業のはず。

壊れた部分が解っていれば、自分でパーツを発注することもできる。

リールの内部を知ることで、トラブルの原因を突き止めることも容易になるので、「OHキャンペーン」などで注文する際にもスムーズです。

理由はわからんけど、動かなくなったから直して欲しい」。こんな注文で修理に出されても正直困ります。

壊れたであろう箇所を指定して、「ここをこう直して欲しい」と告げるほうが作業時間も短縮されます。

ルアーをやる人は特にギアが酷使されるので、週1で使う人は2ヶ月以内でグリスを塗り替える作業をしたほうが、ギアの保護にも繋がります。

オイル注入口があるのも多いけれど、それだけやるだけでは、内部はギアの鉄粉だらけになり、ますますギアの摩耗に拍車がかかる恐れも。

ハンドルがちょっと重いな?」と感じたら、まずメインシャフトのオイル切れを疑い、それで改善されなければ内部のギアが原因です。

投げ釣りなどで”待つ釣りがメイン”の人は、ラインローラーに気をつけましょう。

ここがしょっちゅう濡れる巻く釣りならまだいいけれど、炎天下では熱を帯びて水分が蒸発し、塩ガミが発生しやすくなるので、夏場はたまに真水をかけてあげると対策になります。

もしも海に落としてしまった場合

これは即オバホ案件になります。

自分でOHできなければ、外側を洗浄してから店に「海ポチャしたから全部洗っておくれやす」と伝えてやってもらうように。

コアプロテクトだろうが緩んだドラグ部には侵入しやすいし、絶対内部に水が侵入しないわけではありません。

グリスが水に濡れると硬化して動きが鈍くなるし、故障の原因になります。

メンテナンスは時間を金で買うか、手間を楽しむか

釣具はメンテナンス次第で寿命がいくらでも延びる。その代表がリールだと思っている。

釣行後に水道水で洗うだけでマシになるのに、ラインローラーが錆びただの、ギアが錆びただので騒いでる人が多い。

そういうのを聞くたび「水洗いで塩抜きサボってるだけじゃねーの(それは大変でしたねぇ…)」などと、思わず本音が出てしまいそうになる。

絶対に錆びない金属」でリールを造るとすれば、それだけで家が買えるレベルの値段するんすよ。

たかがリールにそこまでの金額を支払うのは石油王でも「don’t need」に違いないので、水洗いと乾燥はしっかりやりましょう。

「海ポチャしただけで数日間釣りができなくなってしまった…」

なんて悶々と家で過ごすなら、やってみると意外に簡単な分解洗浄に挑戦してみませんか?

まずはバラして戻らなくなっても泣かない値段のリールからはじめてみるのをオススメします。

20161115tp197

──一応記録しながら組み立てたが、ラインローラーのネジが「これじゃねぇ」感がして、一体どこでそれを使ってしまったのかという謎が残る。

分解から組み立ての初見で部品が余るのは、よくあること(白目)。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!