【リールのOHをしてみよう】バラして汚れを落とせば大体なんとかなる件

20161115tp191

以前の釣行時のこと。

帰り際で荷物を載せている時、ふと足元の草むらに目を落とすと、何かが埋まっていることに気付く。

「……リールやん?(率直な感想)」

落とし物なのか、それとも捨てたのか、はたまた土から生えてきたのか。

泥にまみれたリールを手に取ると、「まだ俺頑張れるよ! ……たぶん」、そう語るようにハンドルが動く。

「穴釣りの時にでも使ってみよう」。そして私はお持ち帰りをした。

釣行前日に30分でスピニングリールのOHをする”ものぐさニキ”の分解記録、はっじまっるよー。

錆と泥にまみれたリールでも、禊げばなんとでもなる実証

それでは””というOH(オーバーホール)をしていきましょう。

OHとは、分解して修理して元に戻す作業のことをいいます。簡単だね!

とりあえずローターを外す。押さえている六角ナットをペンチかスパナで緩めば簡単に外せる。

20161115tp192

汚い(確信)。

ハンドルは普通に回ったので、それほど手間はかかりそうもないと思っていた。

しかしこの状態だと、蓋を開けるのがちょっと怖いな……。

20161115tp193

グリスがいい感じに腐食していた。でも金属にはノーダメージ。

内部が錆びているところから察するに、放置された時間は長いと判断できる。海沿いで風雨に晒されていたにしてはキレイなほう。

錆びると厄介なのがベアリングだが、このリールはベアリングと思っていたパーツが、実はベアリングじゃなかったと気付く。

20161115tp194

内径を広げれば指輪にできそうな、ただの輪っかだった。「ここいる?」。そう問いかけたいくらい、ベアリングっぽくする必要性があったのか疑問を感じてしまう。

ベアリングはメインシャフトに1個だけという、非常にシンプルな構造だ。

『全てのリールが過去になる──』かもしれないくらい、”錆びてもなんともないね構造”をしている。

……これなら普通にぬるっとハンドル回るはずだわ。

20161115tp195

ラインローラーもこの通り。それっぽく動くようにしといて」と、雑な上司のアレをソウして指示が生み出したような構造。

これなら塩ガミしてもお湯を流せばどうにでもなる。前向きに捉えると、かなり素晴らしいアイデアなのではないだろうか。

ここまで分解して造りを見直すと、「全部洗って油させばそれでいいんじゃないかな?」という結論に至る。

OH時の注意点

ベイトもスピニングも、各社それぞれ特徴はあれど、基本構造は同じ

なので誰でも分解洗浄、そして組み立ては100均のドライバーセットとペンチでもあればできます。

(六角ナット使ういやらしいものもあるけど…)

新品であれば説明書に、修理時の発注用に各種パーツが記された表があったりするので、構造図も兼ね備えていると、分解からの組み立てが非常に捗る。

中古やサルベージしたリールにはそんな物がないので、検索でもするか、覚えるかしかありません。

ということで──

1.最初に全体図を写真で撮る(忘れたけど)

2.何かを外す都度、写真に撮る

3.ネジ類は外した順に並べるか、部門ごとにしっかり分ける

などをして、作業手順を記録するのが無難であり、重要なこと。

厄介なのが、「ベイルアームのカバー内の構造」と「リール逆転防止機構」など、面倒くさい造りをしている部分。ドラグのワッシャー部の組み合わせもそれにあたる。

これらはバラした時点でバネが飛び出て元の位置が不明になったり、同じパーツばかりでもちゃんとした順番があったりと、リールの中でも複雑です。

この辺は自信が無ければ触らないほうが無難。

何個か触れば「だいたい同じだし、こんな感じだろ」と、フィーリングでもなんとかできるようにはなります。

バラしたらお湯で汚れやグリスを洗い流す

余分なグリスは綿棒とティッシュを使い、先に拭き取っておくと洗浄作業が楽。

お湯でも洗い流せますが、CRCなど石油製品のスプレーをかけてから拭き取るほうが作業的には早い。ただコストはかかる。

油脂の洗浄にはブレーキクリーナーが最強。

ただしパーツにプラスチックを多く使っているリールでは、変形や変色の要因になるので注意が必要。

金属は「磨けば光る」すばらしい性質があります。研磨剤が入っている歯磨き粉でも十分代用できます。

使い込んだリールは、摩擦で鉄粉が出たりする。というわけで、バラしてゴシゴシしましょう。

硬めのハブラシがあると捗ります。

ギアやネジなど、各パーツをしっかり洗って、水気を軽く拭き取り、しばらく乾燥。

したら金属の表面保護にCRCを付けた布でパーツをふきふきして、必要な部分にグリスをぬりぬりしつつ、可動部にはオイルをさして──

バラした作業手順を思い返しながら、組み立てていきましょう。

20161115tp196

そしたら完成です(アバウト)

OH時に必要な物などまとめ

私の場合はこれが最低限欲しい物

・デジカメ(記録用)

・精密ドライバーセット(やや大きめのプラスとマイナスがあると尚良)

・ペンチやピンセット

・綿棒とテッシュ(グリスを拭う時とつける時に)

・グリスとオイル

あとは「あったら楽になるかもね」的な物。

・ピルケース(ネジの整理に使える)

・汚れてもいい作業台(ダンボールでおk)

・ゴム手袋(グリスの臭いは取れにくいため。軍手は塵がでるのでアウト)

・磁力付きのドライバー(ベイトはあると便利)

くらいかなぁ。

工具は高い値段のほうがいいの?

リールの場合、力をかけて締めることもあまり必要ないので、工具は100均ので十分

自動車整備など、力をかける作業ほど工具は頑丈にする必要があり、値段も高くなっていく。安物でタイヤ交換しようとすると、スパナがねじ切れることもあります(経験あり)。

早い話、上記の物は全て100均で揃えることができます。ダ◯ソーすげぇ。

ルアーメンは自分でOHできるほうが釣り行ける機会が増える

ロッドもリールもですが、店舗にメンテナンスや修理を頼むと、それなりに時間がかかります。

ロッド修理は店舗に渡しその場でやってくれる作業もありますが、リールは基本的にメーカー委託という形になるので、旅立ちます。

店舗でできる修理は早くて1~2週間。メーカー保証を受ける修理はおおよそ3週間以上は見込む必要があります。

タックルがそれだけだと、それがない期間は釣りができないことになります。

今回私がしたリールのOHは、”メーカーに頼めば3週間はかかる作業”ですが──、作業的には30分で済むわけ。

安いリールほど構造は単純になり、高いリールほど精密さが増す……とはいっても、ローター外してカバー開けるくらいは、マグシールドがある製品以外は誰でもできる作業。

壊れた部分が解っていれば、事前にパーツを発注しとけばいいし、内部を知ることで、機材トラブルの原因を突き止めることも容易になります。

「理由はわからんけど、動かなくなったから直して欲しい」、こんな注文で修理に出されても、正直困るわけです。

壊れたであろう箇所を指定して、「ここを直して欲しい」と告げるほうが作業時間も短縮されます。

ルアーをやる人は特にギアが酷使されるので、週1で使う人は2ヶ月以内でグリスを塗り替える作業をしたほうが、ギアの保護にも繋がります。

オイル注入口があるリールも多いが、それだけやってればいいと思っていると、内部はギアの鉄粉だらけでますます摩耗に拍車がかかる。

「ハンドルがちょっと重いな?」と感じたら、まずメインシャフトのオイル切れを疑い、それで改善されなければ内部のギアが原因です。

投げ釣りなどで”待つ釣りがメイン”の人は、ラインローラーに気をつけましょう。

ここがしょっちゅう濡れる巻く釣りなら気にならないけど、炎天下だと本体が熱を帯びて蒸発しやすくなるので、夏場はたまに真水をかけてあげると対策に繋がります。

もしも海に落としてしまった場合

これは即OH案件になります。

自分でOHできなければ、外側を洗浄してから店に「海ポチャしたから全部洗っておくれやす」と伝えてやってもらうように。

コアプロテクトだろうがドラグ部には侵入しやすいし、内部に水が侵入しないわけではない。

グリスが水に濡れると硬化して動きが鈍くなるし、故障の原因になります。

メンテナンスは時間を金で買うか、手間を楽しむか

釣具はメンテナンス次第で寿命がいくらでも延びる。その代表が『リール』だと思っている。

釣行後に水道水で洗うだけでマシになるのに、ラインローラーが錆びただの、ギアが錆びただので騒いでる人が多い。

そういうのを聞くたび「水洗いで塩抜きサボってるだけじゃねーの(それは大変でしたねぇ…)」などと、思わず本音が出てしまいそうになる。

絶対に錆びない金属」でリールを造るとすれば、それだけで家が買えるレベルの値段するんすよ。

たかがリールにそこまでの金額を支払うのは石油王でも「don’t need」に違いないので、水洗いと乾燥はしっかりやりましょう。

「海ポチャしただけで数日間釣りができなくなってしまった…」

なんて悶々と家で過ごすなら、やってみると意外に簡単な分解洗浄に挑戦してみませんか?

まずはバラして戻らなくなっても泣かない値段のリールからはじめてみるのをオススメします。

20161115tp197

──一応記録しながら組み立てたが、ラインローラーのネジが「これじゃねぇ」感がして、一体どこでそれを使ってしまったのかという謎が残る。

分解から組み立ての初見で部品が余るのは、よくあること(白目)。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!