ハタハタパターンの刺客!ブラストシャッドで熱くなる冬のシーバスゲーム

ハタハタパターンの刺客!ブラストシャッドで熱くなる冬のシーバスゲーム

シマノの「ブラストシャッド」は……ふつう~のビッグベイト向けFミノー。

ちょっと違うのはハタハタカラーが存在するところ。これがまた似すぎてて面白い。

太平洋側と日本海側で違うビッグベイト攻略にも、少しだけ触れています。

スポンサーリンク

エクスセンス ブラストシャッドはこんなルアー

冬の海は人と魚も活性が落ちはじめ、釣りもオフシーズンになろうかというタイミング。

──そんな時期でも元気なヤツがいます。

 

それが陸っぱりの王者であるシーバスで、産卵期で沿岸に寄る「ビッグベイト」に合わせるシーズナルパターンが主流。

太平洋側ならボラ、コノシロ。そして日本海側はハタハタがそれに該当します。

デカイルアーを使ってデカイ魚だけを狙い撃てるので、冬でもシーバスルアーは熱い!

 

エクスセンス ブラストシャッド 140F・170F X AR-C [EXSENCE BLAST SHAD 140F/170F X AR-C]|ルアー|用品|製品情報|シマノ -SHIMANO-
シマノ釣り製品情報を始め、各種イベント情報など、フィッシングシーンをサポートする情報をご提供する公式サイトです。私たちシマノは釣り具という製品を通じてあなたとご一緒したいと考えます。海も川も湖も、そこに魚たちがいる限り、人と魚たちとの出会いのドラマは無限です。この素晴らしいドラマをこれからも永遠に継承するために、テクノ...

シマノのブラストシャッドは、「140・170mm」の大型フローティングミノー。

潜行レンジは70〜100cmと浅めで、ベイトボールの真下を通せるよう設計されています。

 

水深3m以内の湾奥やサーフなど、シャロー気味なポイントでお祭り騒ぎな時に使うもよし、ボートでボイルを探し狙い撃つのもよし。

他にも“デカイ魚だけ釣りたい!”願望も叶えてくれるでしょう。

最近話題のハタハタパターンとは?

ハタハタは東北から北陸の日本海側に多く生息し、雪も当たり前に降る12月の半ばくらいから、産卵のため浅瀬に寄ってきます。

秋田の郷土料理である「しょっつる鍋」に使われ、煮ると身がホロロとして甘く美味しい。

秋田名物「しょっつる鍋」とは?お家で作る簡単レシピとおすすめ店 - macaroni
秋田の名物「しょっつる鍋」をご存知ですか?しょっつるという、うまみたっぷりの魚醤をつかった鍋料理のことなんです。今回はこのご当地鍋について、歴史からおいしさの秘密、ご家庭で作るレシピや地元秋田でおすすめのお店をご紹介します。

人間が美味いと思う魚なら、シーバスも喜んで食べるわけです!(力説)

 

ようするに、冬の日本海側でシーバスを狙うに、ベイトパターンがハタハタになりやすいだけ。

これは太平洋側だとコノシロになるだけの話。

ベイトサイズもほぼ同じくらいだし、太平洋側のビッグベイトパターンも流用できる。

 

……ただ唯一似せることができなかったのは、ハタハタカラーがなかったことでした。

ブラストシャッドはハタハタカラーがあるぞ!

比べてもらうとわかる通り、まごう事なきハタハタです

 

ブラストシャッドとハタハタ

 

「そこまでする必要あったの?」と思うくらい、背中の模様にこだわりを感じました。

これなら群に違和感なく溶け込むレベルですし、醜いハタハタの子になることはないでしょう。

 

でもベイトにルアーを合わせるのなら、注意することがひとつあります。

あえて仲間はずれになれ!

ブラストシャッドの紹介文に、その答えがあります。

 

ブラストシャッドのこだわり

http://fishing.shimano.co.jp/product/lure/5390

 

ベイトボールの塊に通すと、ただ引っかかるだけで、釣りの効率は落ちますし、シーバスがルアーを直接食べにくるのが“偶然”になります。

 

なので正解は、その下を通すこと。

 

ここで早巻きをすればベイトが驚いて音を出し、シーバスにスイッチがはいることも。

群れの中を通したり、ベイトボールの真上に落とすのはNGです。それはただ魚を散らす行為で、下で待ち構える捕食タイプは「余計なことを……」と舌打ちしていることでしょう。

 

ベイトパターンは、「ルアーは似せるが生態まで似せる必要はない」、みたいな考えでいいです。

このルアーはそれを基本性能でこなしてくれます。

だから”サポートしてくれる相棒”として接しましょう。

ルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生