ブラストシャッド|ハタハタパターンで熱くなる冬のシーバスゲーム

ハタハタパターンの刺客!ブラストシャッドで熱くなる冬のシーバスゲーム

シマノの「ブラストシャッド」は、変哲もないビッグベイトを対象にしたFミノー。

ちょっと他と毛色が違うのは、ハタハタカラーが存在するところ。ハタハタパターンは太平洋側に馴染みはありませんが、日本海側では冬の定番パターンです。だからブラストシャッドは、”冬のビッグベイト攻略全国版ルアー”になるかもしれませんね。

スポンサーリンク

エクスセンス ブラストシャッドはこんなルアー

紹介する「ブラストシャッド」はシマノが手がけるシーバス向けルアー。サイズは「140・170mm」と大きめで、真冬のビッグベイトゲームに向けた大型フローティングミノーです。

潜行レンジは70〜100cmと浅めで、ベイトボールの真下を通るくらいですね。水深3m以内の湾奥やサーフなど、シャロー気味なポイントでヨシ! コノシロがわっしょい胴上げされるお祭り騒ぎでもヨシ! ボートでボイルを探し狙い撃つのもよし。

エクスセンス ブラストシャッド 140F・170F X AR-C [EXSENCE BLAST SHAD 140F/170F X AR-C]|ルアー|用品|製品情報|シマノ -SHIMANO-
シマノ釣り製品情報を始め、各種イベント情報など、フィッシングシーンをサポートする情報をご提供する公式サイトです。私たちシマノは釣り具という製品を通じてあなたとご一緒したいと考えます。海も川も湖も、そこに魚たちがいる限り、人と魚たちとの出会いのドラマは無限です。この素晴らしいドラマをこれからも永遠に継承するために、テクノ...

冬はデカイルアーでデカイ魚を狙うのがアツイ!

冬の海は人と魚も活性が落ち、何もかもがオフシーズンになるタイミング。

──そんな時期でも元気なヤツがいます。陸っぱりの王である「シーバス」は、冬季になると産卵前の荒食いでコノシロなどを食べるため、ビッグベイトに照準を合わせることが主流です。その対象は、太平洋側ならボラ・コノシロ。日本海側はハタハタが有名ですね。

デカイルアーを使ってデカイ魚だけを狙い撃てるので、冬でも──いや、冬こそシーバスゲームは熱いのです!

最近話題のハタハタパターンとは?

ハタハタは東北から北陸の日本海側に多く生息し、雪も当たり前に降る12月の半ばくらいから、産卵のため浅瀬に寄ってきます。秋田の郷土料理である「しょっつる鍋」に使われ、煮ると身がホロロとして甘く美味しい。

人間が美味いと思う魚なら、シーバスも喜んで食べるわけです!(力説)

秋田名物「しょっつる鍋」とは?お家で作る簡単レシピとおすすめ店 - macaroni
秋田の名物「しょっつる鍋」をご存知ですか?しょっつるという、うまみたっぷりの魚醤をつかった鍋料理のことなんです。今回はこのご当地鍋について、歴史からおいしさの秘密、ご家庭で作るレシピや地元秋田でおすすめのお店をご紹介します。

ハタハタパターンは簡単にまとめると、冬の日本海側はベイトパターンがハタハタになりやすいだけ。太平洋側だとコノシロになりますね。ベイトサイズもほぼ同じくらいだし、どちらのベイトパターンも流用できたりします

……唯一、ハタハタカラーが少ないことが弱点でした。

ブラストシャッドはハタハタカラーがあるぞ!

ブラストシャッドにはなんと! ハタハタカラーがあります。比べてもらうとわかる通り、まごう事なきハタハタです

ブラストシャッドとハタハタ
どこからどう見てもハタハタやん?

「そこまでする必要あったの?」と思うくらい、背中の模様にこだわりを感じました。これなら群に違和感なく溶け込むレベル。

でもベイトにルアーを合わせる際、注意することがひとつあります。

ベイトパターンは仲間はずれにすることでより目立つ

ベイトパターンは自然環境の”エサ”に合わせることで、捕食魚の警戒心をなくして食べて貰いやすくなる仕組み。でも、必ずベイトと同じ大きさに合わせる必要はありません

ブラストシャッドの紹介文に答えがあります。

ブラストシャッドのこだわり
エクスセンス ブラストシャッド 140F・170F X AR-C [EXSENCE BLAST SHAD 140F/170F X AR-C]|ルアー|用品|製品情報|シマノ -SHIMANO-
シマノ釣り製品情報を始め、各種イベント情報など、フィッシングシーンをサポートする情報をご提供する公式サイトです。私たちシマノは釣り具という製品を通じてあなたとご一緒したいと考えます。海も川も湖も、そこに魚たちがいる限り、人と魚たちとの出会いのドラマは無限です。この素晴らしいドラマをこれからも永遠に継承するために、テクノ...

コノシロ・ハタハタは群れで接岸するため、ベイトボールに突っ込む、もしくは居着くシーバスを対象にするのがパターンの王道です。でもベイトの塊にルアーを通すと、小魚が引っかかるだけで釣りの効率は落ちますし、シーバスが直接ルアーを狙ってこないため食いが浅く、フッキングが甘くなりがちです。

なので正解は、あえて大きさを変えるか、その下を通すこと。

ここで早巻きをすればベイトが驚いて音を出し、シーバスにスイッチがはいることも。ベイトパターンは、「ルアーは似せるが生態まで似せる必要はない」、みたいな考えでいいです。

スポンサーリンク

ブラストシャッド140・170mmでおすすめなのはドッチ?

ブラストシャッドは140mmと170mmの2サイズがあります。どちらもビッグベイトに対応できる大きさですが、何事も”向いている状況”はあります。

140mmなら湾奥からサーフまで幅広く使えるし、170mmならオフショアにも対応できます。ベイトサイズに合わせる目的なら170mmが近いけど、必ず大きさを合わせれば釣れるわけでもありません。だからお互い、”選択肢のひとつ”として扱いましょう。

タイトルとURLをコピーしました