ブラストシャッドで熱くなる冬のハタハタパターン!

ハタハタパターンの刺客!ブラストシャッドで熱くなる冬のシーバスゲーム

ブラストシャッド」はビッグベイトを対象にしたFミノー。

ちょっと他と毛色が違うのは、ハタハタカラーが存在するところ

日本海の冬といえばハタハタパターン。だからブラストシャッドは、冬の日本海で大暴れする可能性があるルアーですね。

ブラストシャッドはこんなルアー

紹介する「ブラストシャッド」は、シマノのシーバス向けルアー。

サイズは「140・170mm」と大きめ。特徴的なのは、真冬のビッグベイトゲームにターゲットを絞っているところ。

カラーには「コノシロ」「ボラ」「ハタハタ」と、冬のビッグベイトパターンの代表格が揃っています。

ブラストシャッド XAR-C | ミノー | ショアソルトルアー(シーバス) | ルアー | 製品情報 | SHIMANO シマノ
コノシロ、ボラ、ハタハタ少し潜るビッグミノーに狂鱗カラーが追加!

潜行レンジは70〜100cmと浅め。ベイトボールの真下を通るように調整され、対象魚も見つけやすい潜行レンジとなっています。

最近話題のハタハタパターンとは?

ハタハタは東北から北陸の日本海側に多く生息し、雪も当たり前に降る12月の半ばくらいから、産卵のため浅瀬に寄ってきます。

秋田の郷土料理である「しょっつる鍋」に使われ、煮ると身がホロロとして甘く美味しい。

人間が美味いと思う魚なら、シーバスも喜んで食べるわけです!(力説)

秋田名物「しょっつる鍋」とは?お家で作る簡単レシピとおすすめ店 - macaroni
秋田の名物「しょっつる鍋」をご存知ですか?しょっつるという、うまみたっぷりの魚醤をつかった鍋料理のことなんです。今回はこのご当地鍋について、歴史からおいしさの秘密、ご家庭で作るレシピや地元秋田でおすすめのお店をご紹介します。

ハタハタパターンがなぜ冬の風物詩たるのか──。

その理由は、冬の日本海側はベイトパターンがハタハタになりやすいだけ。……太平洋側ならコノシロがその役目ですね。

どちらもベイトサイズはほぼ同じ。

だから、どちらのベイトパターンも流用できたりします

ブラストシャッドはハタハタカラーがあるぞ!

今までハタハタパターンこそ存在しましたが、ルアーにハタハタカラーはほぼありませんでした。落ち鮎カラーが近いですね。

ブラストシャッドはハタハタカラーが標準であります。

カラーもそうだし、模様も本物そっくり!

ブラストシャッドとハタハタ
どこからどう見てもハタハタやん?

この出来ならリアルベイトを見紛うこと間違いないですね。

でもベイトにルアーを合わせる際、注意することがひとつあります。

ベイトパターンは仲間はずれにすることでより目立つ

ベイトパターンは自然環境の”エサ”に合わせることで、捕食魚の警戒心をなくして食べて貰いやすくなる仕組み。

でも、必ずベイトと同じ大きさに合わせる必要はありません。ブラストシャッドの紹介文に答えがあります。

ブラストシャッドのこだわり

コノシロ・ハタハタは群れで接岸するため、ベイトボールに突っ込む、もしくは居着くシーバスを対象にするのがパターンの王道。

でもベイトの塊にルアーを通すと、小魚が引っかかるだけで釣りの効率は落ちますし、シーバスが直接ルアーを狙ってこないため食いが浅く、フッキングが甘くなりがち。

正解は、あえて大きさを変えるか、その下を通すこと。

ここで早巻きをすればベイトが驚いて音を出し、シーバスにスイッチがはいることも。ベイトパターンは、「ルアーは似せるが生態まで似せる必要はない」、みたいな考えでいいです。

ブラストシャッド140・170mmでおすすめなのはドッチ?

ブラストシャッドは140mmと170mmの2サイズがあります。

どちらもビッグベイトに対応できる大きさですが、何事も”向いている状況”はあります。

140mmは湾奥からサーフまで幅広く使いやすいサイズ。ショアのシーバスタックルで楽に扱えるサイズですね。

本物のベイトに合わせる目的なら、170mmが理想に近いですね。

冬のビッグベイトにこだわる必要はなく、秋の落鮎リバーにも使えるし、潜行レンジの浅さから遠浅サーフでも使えます。

ビッグゲームに定評のあるメガバスのシーバスタックル

デカイルアーにはデカイ魚がかかりやすい。

そのため、使うタックルも強めなものを選んでおきたいところ。

メガバスはルアーゲームのカテゴリ別で製品が分けられているため、シーバスのビッグゲームに対応したタックルセッティングがされているモデルがあります。

特にロッドは粘りに定評がありますよ。