海底地形図を見れるアプリ「海釣図」からサーフの地形を読むチカラを養う

2017304tp191

陸に地図が存在するように、海にも地図は存在します。

釣り人に船舶免許を持つ人は多いでしょうし、「海図」はわりと知られていると思います。

深度と潮流、そして航路が記されていますが、それが「釣りの参考になるか?」といわれれば、そうでもなかったり。

海図は地図の中でも高額だから、ネットでも気軽にホイホイ閲覧できなかったりもする。

「海釣図」は月額制のスマートフォンアプリ(お試し無料)。地域毎の海底地形図を見れる便利な機能が備わっています

他にも海釣りの役に立つ機能を備えるので、どれほどの物か紹介しましょう。

スポンサーリンク

「海釣図」の地図機能だけで月額の元は取れる説

海釣図(かいちょうず) – 海釣り用GPSマップ

メインは海底の起伏がわかる沿岸の地図

起伏がわかる──てことは、深さもわかるってわけです。

これと海上保安庁の「海洋情報部」を兼ねれば、航行するにも十分なくらいの情報が手に入ります。

「海釣図」はボートフィッシング(カヤック含む)の分野でこそ活きるアプリと思われがち。

実は陸の釣りでこそ真価を発揮し、些細な地形変化が重要なポイントとなるサーフにおいては、最終兵器ともなりえます。

サーフは背面の地形からでも形状はある程度わかりますが、ちょっと沖の変化はこれに頼ることで──

「なぜ魚が入りやすいのか」

「なぜベイトが集まりやすいのか」

みたいなことまで知ることが、一応可能です。

ここから先は「海釣図」をとりあえずインストールしてみて、試しに使いながら確認すると理解しやすいかと。

浜松沿岸部をちょっと見てみよう

浜名湖内に比べて太平洋側は、世間から魚釣りでの認知は低かったりする。

サーフルアーメンには「聖地」だのなんだのいわれている遠州サーフの”一部”であるが、世間からはサーフィンのほうが有名。

遠州灘沖には漁礁があったりして、ボートでのジギングやらキャスティングが地味に人気。

冷水塊ができやすい地域なので、シーズン通してムラがありますけどね。

……それはさておき、浜名湖沖の地形をちょっと覗いてみましょう。

2017304tp192

「──あれ? 意外と浅くね?」。そう思った人が多いのではないかと。

この地図で見える海底の地形だけでも、潮流の方向や地形の成り立ち”裏”を取ることが可能です。

地球誕生時には岩くらいしか存在しなかったわけで、砂が生まれたのは風化と侵食によって岩が細かくなった結果で生成されたもの。

天竜川を挟んで向かい合う浜松市と磐田市は、天竜川の土砂が堆積して形成された扇状地の上に在ります。

暴れ天竜ちゃんはどんどん砂で海底を埋めていき、岩肌がすっぽり覆われて、遠浅の砂浜が完成しました。

201730tp193

よく見ると、東西で深度が違うことに気づくのではないかと。

GoogleMAPでも海底はある程度見れますけど、海釣図の地形図より詳細ではないです。

遠州灘沿岸は、わずかながら黒潮の分流の影響を受けており、基本的に東から西へと”流れ”があります

んでこれが丁度いい感じにブチ当たるのが、袋井~磐田辺りで、天竜川東岸の沖が他よりちょっと深い理由にもなっている。

そこは削られて深くなりやすく、逆に西側は東から流れる砂が押し込められ続け、浅めの箇所が広いのはこのためです。

2017304tp194

それがわかれば、鹿島灘と九十九里浜がどうやって生まれたのかも、わかるのではないかと。

「言葉でいわれてもワカンナイ」って人は、扇状地形成の実験動画を見てどうぞ。

サーフの地形を読むための基本2つ

ということで海釣図の海底地形図は、そこの深さだけでなく、潮流まで読み取ろうとすればできることがわかったでしょう。

ようするに現地を見ずとも、こういう地図があれば、ある程度地形は読み取れるわけです。

それができれば実際に見た時、形状を把握するのは造作もなくなります。

サーフにおける地形の基本でおさえるべきは2つ。

「流れがある箇所は深くなる」

「流れの先は浅くなる」

離岸流が発生している箇所は”深くなる”と、色々な本で教えられているでしょうけど……行き着く先は”浅くなる”わけですよ。

この”浅くなる箇所”が瀬とか馬の背なんて呼ばれている、ちょっと砂が盛り上がった箇所のこと。

そして海底の高低差は”波”が教えてくれます。

【サーフ攻略】夜間でもいい地形と離岸流を見つける簡単な方法
広大なサーフにおいて、ピンポイントで暗闇の中からいい場所を探すのは苦労します。 明るい時に離岸流を見つけるのは簡単。夜間のような白波しか見えない状況では、経験者でも難しいのではないでしょうか。 でも意外なところにヒントは隠されて...

それに関してはこっちに詳しく書いてあるのでどうぞ。

慣れれば波の発生地点から瀬の位置がだいたいわかることで、その周辺でどのような”流れ”が発生しているかがわかり、ルアーを通す目安にもなります。

「まずルアーを通して流れを把握する」、なんてことも推奨されていますが、通さなくても海は教えてくれているんですよ。

──暗闇ではどうしようもないけど。

ローカルでも使える地図データが強み

海釣図」は端末に地図データをダウンロードして保存するので、現地でネットへアクセスする必要もなく、通信費にも(ある程度)優しい。

”爆釣ポイント検索”とか「ほんとぉ?」と聞きたく機能や、釣果投稿など魚釣りのSNSとして活用もできるけど、正直そこまでの機能はいらない気がする。

なんでも詰め込みまくってバグ取りに追われ、コストかかりまくって自滅しないように。

このアプリはiPhoneの時に入れていましたが、Androidに変えてからは入れてなかったりする。

地形図といってもね、もともと読めるのなら必要性を感じなかったからね。

スマートフォンを持っていない場合、安いWi-Fiモデルのタブレットに入れて持ち歩くほうが、画面が大きくて見やすいので便利です。

コンビニを介してネットワークプリントして、地図のみを持ち歩くってのも無難。

東京の路線図は全線地図に書かれているのを持っていたほうがわかりやすいし、何よりバッテリー消費が少ない。

紙にすると気軽にメモを入れることができるのもひとつの利点。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

海底地形図を見れるアプリ「海釣図」からサーフの地形を読むチカラを養う
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク