【ミニ事件簿】若者が海に落ちた

2017601tp191

ほっこりミニ事件簿で、たびたび全国へ「偶然の優しさ」を発信することに定評のある九州地方。

北は修羅だが南は海人。

「若者が海に落ちた」との通報を受け、現場に着いた警察が目にしたものは……?

ルアーメンが海に飛び込んだ理由

海に「落ちた」と思ったら…|大分合同新聞

先日、大分市内の海岸沿いにいた通行人から、「若者が海に落ちた」と大分警察署に通報があった。パトカーで現場に急行すると、男性3人が釣りをしており、1人は上半身裸。警察官が来たことに驚いた様子。事情を聴くと、ルアーが海中に引っ掛かり、上半身裸の男性が海に入って取っていただけだった。

「事故やトラブルじゃなくて良かった」と署員。

根掛かりしたルアーを潜って取りにいくとは、ゴミを残さない精神として誉れでしょう。

通報した通行人は、きっと遠くから偶然見かけて、”人が落ちた”光景に衝撃を受け通報したのではないかと。

憶測での通報がほっこりニュースに繋がった。といえます。

【戒め】なんらかの理由で水中に入る時は周囲を確認しよう

水中に入っても問題ない場所もあるし、入ると逝くような場所もある。

泳ぎに自信ニキでも、泳ぐことと潜ることは別である。準備運動を怠って足をつり、助けを呼んで泥沼の二次災害──なんてことも。

”不測の事態”というのは、たいてい”過信”から来るもの。

「水中に取り残された◯円のルアーを回収しにいきたいのですが……。もし私の身に何かあったらコレで助けを呼んでください」

「(スマホを受け取りつつ)……わかりました。絶対帰って来てくださいね!」

水中にどうしても入らざるを得ない場合は、予防線と同時にフラグを立てつつ、周囲を一度見渡してみましょう。

「けがなくてよかったね」に済んでも、駆けつけた警官に「誤解されるような行動は慎むように」と窘められるはずです。

あと夜中に水中を照らしているだけで、「密漁や!」と通報されることもあります(経験談)

しかし、スマートフォンの「ロック機能」が働いている場合、受け取った人はどう連絡すればいいのでしょうか。

自分が持っていればそれで済むけれど、他人の携帯で緊急連絡をしたい時……。そんな状況”ありえない”とはいいきれないでしょう。

ロックされていても緊急連絡だけは通報することができます。

ロックされたスマートフォンで緊急連絡をする方法

ロックされた端末でも、いずれかのボタンを押せば画面表示が「ロック解除する?」に切り替わります。

その画面の下の隅に「緊急通報」と表示されるので、そこから「110・119」などにダイヤルすることができます。

ガラケーでも該当番号を押したのち、通話をすればできる機種もあります。

ただし、通話自体できなくなっている端末では無理です。

例を挙げると、「解約されている」「利用停止されている」「SIMカードが入ってない」「電波が届いてない」などの状況。

もしそうなった場合は、神に祈るか、テレパシーを試みるか、自力でなんとかする術を考え抜きましょう。

緊急通報とは別に、緊急連絡先も設定することができます。

これは親しい間柄やかかりつけの通院先に設定することで、身元の特定や連絡に、また持病からの迅速な処置で生存率をあげることに役立ちます。

こっちは設定している人は少ないんじゃないかな。

”もしも”を考えて備えることは大事ですが、それらの”もしも”を理解しておくのも大事ではないでしょうか。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!