タックルの進化はめざましいがメソッドは変化しないルアーフィッシングの今昔

20151213tp13

なんとなく15年前のルアー指南書を読んでみたら、現在と違うのはロッドとリールくらいだった。

釣り方というのは進化しているようで、平行線を漂っています。釣り方としてのメソッドは、すでに昔に発案されていたものなので、近年のは「タックルに合わせたメソッド」みたいな感じですね。

スポンサーリンク

「海のルアーフィッシング完全攻略(00年著)」を読んでみた

もう15年前にもなる本ですが、内容は現在と特に遜色はなく、「載っているタックルが古い」くらいの感想しかなかった。

この頃のルアーはやっぱり”K-TEN”と”Rapala”ヤナ。

シーバス・ヒラメ・ブリ・タチウオ・アジ・メバル、はてはGTなどなど──

今も昔も変わらぬ人気ターゲットと釣り方が書かれており、現在としては「完全攻略」とまでは及ばないが、「ソルトルアーの基礎」は十分備わっている良著といえる。

DVDが付録としている近年の情報誌も、「背中を見て育つ」のような肉体言語派には向いているけど、理論派は古い本から知識を集めるほうが、情報を精査しやすい。

釣りで進化しているのはタックルだけ

針と糸を使っている限り”釣れる方法”を文章化すると、変化させようがないんです。

サイコキネシスで魚を引き寄せるとか、テレパシーで魚に語りかけるとか──そういう奇抜なファンタジー要素が絡まない限り、過去と現在もメソッド的には大差がないのです。

現在と過去の違いをしいて言えば、「魚の数が減っている=釣りにくい」くらいの違い。

人が増えれば魚も減るわけです。そういう時は誰も行かないしやりそうもない、ある意味リスクを負う場所にパラダイスが待っているのもあるわけですが、全国的にも魚が全く居ないわけではない状況ではある。

そうなるとメソッドよりも”釣れるタイミング”に入るのが一番なわけですけど、そこに関してちょろっと書かれてはいましたね。潮回りが特に良い”大潮からの中潮”が推奨されていましたけど、これも場所によりけりなんだよね。

魚の活性がうんぬんよりも、捕食レンジに通せるかというのも潮では重要になる。

大潮の表浜名湖~今切口なんかヘチ以外に投げると釣りが嫌になるレベルである。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク