誰よりも速く朝マヅメのサーフに着きたい人向けの車

20181127

 

カスタムカー展示会のSEMA2018にやべー車が現れた。

見た瞬間、「お前はオフロードで何をする気なんだ?」と思ったし、いちサーフルアーメンとして、こんな感想を抱いた。

 

こいつなら誰よりも速く良ポイントに行けそう。

スポンサーリンク

HONDA究極のオフロードカー

オフロードをめちゃ速く走りそうな車はこちらです。

ホンダ、今度は「究極のオフローダー」を新提案 「早く発売を!」の声多数 オフロード界のタイプRを目指す?
米国市場で35年以上の歴史を持つホンダは、北米で行われる世界最大級のカスタムショー、通称「SEMAショー」でもほぼ毎年出展する常連。日本国内ではN-VANで商用バンに新提案をし、好評を得ています。そのホンダがSEMA2018で今度はオフロード車に新提案です。いったいどんなクルマなのでしょうか。

開発は『HONDA R&D Americas』。展示会では好評らしく、販売もあるかもしれないですね。

もし売り出されたらドバイ警察が採用しそう。

 

これなら朝マヅメのサーフを誰よりも早く駆け抜けれる気がします。

本当に駆け抜けては、釣りもできませんが……。

採石場跡をこれでカッ飛べたら楽しいだろうなぁ。

走破性ならやっぱりジムニー

オフロードを速く駆け抜けるなら先の車ですが、悪路を難なく駆け抜けたいならジムニーが至高でしょう。

ジムニー | スズキ
20年の熟成を経て、新型ジムニーついに誕生。伝統の悪路走破性と先進の安全装備を搭載した新型ジムニーをご紹介しています。

新型になっても走破性は高いまま。今までもこれからも、サーフルアーメンのよきパートナー。

 

──でもちょっと考えて欲しい。

日本国内に「車で砂浜を走れるところ」はあるのでしょうか?

国内のサーフに車で入れる場所はあるの?

静岡県内のサーフは全区間乗り入れ禁止です。

そのうち一部は車が入れるようになっており、アングラーにサーファーも利用していますが、“いる”だけで容認しているわけじゃない。むしろ黙認されている箇所。

例えば九十九里浜ですと、乗り入れ規制がある場所とない場所が、ハッキリ明記されています。

 

九十九里浜車乗り入れ規制

 

外洋に面したサーフは、ウミガメが産卵に訪れる場所です。

孵化した子亀は海へ戻るわけですが、砂浜に残されたタイヤの轍が谷となって乗り越えられず、その場で命を終えてしまうことも。

ありのままの自然を保護し、維持するため、乗り入れ規制は必要不可欠なのです。

 

 

──ですが、砂浜ドライブが認められている場所もあるんですよ。

石川県羽咋市「砂浜ドライブにこいよ!」

日本国内のサーフで唯一……いや、世界でも珍しい砂浜が石川県にあります。

羽咋市(はくい)にある砂浜は、乗り入れを容認どころか、ここ……自動車道路なんですよ

車で走れる砂浜 千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイ|羽咋市公式ホームページ
千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイは、車で砂浜を走れる日本でここだけのドライブウェイ(全長約8キロメートル)で、ほかにもバスやバイク、自転車でも砂浜を走ることができ、まさしく「なんでも走れる砂浜」です。 潮風を頬に受けながら、能登半島国定公園の雄大な波打ち際をゆったりと走るのは爽快。まさに至福のドライブを楽しむこ...

名前は「千里浜なぎさドライブウェイ」、全長8キロほどあります。

ちなみに道路標識もあるし、運行情報も”こちら”で知ることができます。

 

二駆のスポーツカーが砂浜を走っている写真は、「このあとどうなってしまうのか!?」とナレーションが入りそうな光景です。

体験型レジャーの総合情報サイト

asoview!(アソビュー)』は体験型レジャーの情報サイトです。

アウトドアはもちろん、室内観光でも泳いだり壁を昇ったりと、”体を使う”レジャーは楽しめるわけで、アソビューは体験者を通してその楽しさを伝えてくれている。

 

アソビュー釣り体験

https://www.asoview.com/item/activity/pln3000024407/?sort=asoview&leisureType=category&leisureId=28&adultQuantity=1&childQuantity=0

 

魚釣り体験もそこそこありますし、『手ぶらでもいい釣り堀体験!』なんてのも。

 

 

レンタカーを借りて砂浜を走る。それも充分にレジャーといえるでしょう。

羽咋市はふるさと納税に組み込んでもいいのでは?

雑談
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生