スペーシアにアウトドア向けモデルが登場するのだが

スペーシアにアウトドア向けモデルが登場するのだが

自動車界では、軽ハイトワゴンの勢いがあるみたい。

スズキでバカ売れしている(らしい)スペーシアに、アウトドアユース向けモデルの「ギア」が登場!

 

見た目は流行りそうだが、釣り人目線での評価を語ってみた。

スポンサーリンク

都会派からアウトドアへ意識がむいたスペーシアギア

ホンダはN−BOX、スズキはスペーシア、ダイハツならタント。

軽ハイトワゴンに人気が集まる理由は、軽自動車とは思えない居住性が売りです。

もともと「軽自動車で車中泊」をコンセプトとして産まれた車。

そのためキャンプに使える居住性に備えますが、都会派の波に逆らえず、中途半端なアウトドア仕様が多かった。南青山かな?

 

このたび販売される「スペーシアギア」は、メーカーがいうには、アウトドアに必要な装備を引っさげたモデルになる。

新型スペーシア ギア | スズキ
スズキ公式ホームページです。製品の詳細情報、見積りシュミレーション、販売店検索はこちらからご覧いただけます。

先輩!外見それっぽくしておきました!

見た目はアウトドアっぽいですね(軽いディス)。スギの枝葉でビシバシ叩いても大丈夫そう。

 

スペーシアギア

 

一応悪路を想定しているのか、電動アシストに”パワーモード”があるのはいいと思います。

 

アウトドア仕様とはいっても、ガチガチの装備じゃなく、たまーにやる程度のライト層を意識したモデル。

2019年放送する『ゆるキャン△2期』とコラボすればいいんじゃないかな。丁度浜名湖も作中に出てくるタイミングだしね!

しまりんモデルを限定発売すれば、すぱっと売れると思いますよ。

撥水シートくらいしか褒めるとこなくない?

基本装備で撥水シートなのは、アングラーにとって嬉しいところ。

 

スペーシアギア、撥水シート

 

いうて、サーファー向けの仕様だろ(正直)。

撥水タイプのシートは、冬の早朝に座るのがめっちゃ辛いです。そのためにシートヒーターは必要です。

ディーラーオプション増し増しにすると2ミリオンが見える

アウトドア仕様とはいえ、基本装備は最小限で、便利なアイテムはオプションとして別会計。

 

 

 

……あのー、フィッシング関連が全然ない気がするんですが?

もしかして魚釣りはアウトドアじゃない!?

ロッドホルダーをディーラーで頼めるWAKEを見習ってもらいたいものです。

 

スペーシアギアは基本装備だけでも結構高いです。

新車のアルトが2台買えるやんけ!

スポンサーリンク

正直いってジムニーのほうがアングラー向け

スペーシアギアが見据えるアウトドアは、ゆるーい少人数キャンプでしょう。

ガチ勢が使うなら、専用のギアを運搬するためだけに使われそう。

なので本格的なアウトドア──未舗装や山間部でも標高が高い方へ行く機会が多いガチ勢ほど、ぬるい装備な車と感じるでしょう。

 

スズキには軽クロカンの覇者「ジムニー」がある!

車内はスペーシアより狭くはなる……けれど、ロッドとクーラーを載せれればいい程度なら、丁度いいサイズです。

ジムニーといえばやはり、4駆以上の走行性能。

なにしろ”通れない道はない”レベルの走破性。災害時にも活躍すること間違いなし。タイヤが浸かる豪雨でも涼しげに走れるので、そういう時(だけ)はフェラーリより価値があります。

 

「いやそこまでは……」と思う人は、スペーシアがおすすめ!

たまのアウトドアを意識するよりも、”日常の乗りやすさ”を重視するべきこともあります。

 

参考 スペーシアギア|スズキ
参考 アクセサリーカタログ|スズキ
新製品ニュース
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生