厳寒期といえばロックな奴を穴から引きずり出す季節ですね

冬シーズンも中盤戦にさしかかるところ。

水温も下がりはじめ、動き回る魚を相手にするのも難しい時期になってまいりました。

そんな時でも元気なのがロックな奴。そう──根魚です

 

高い道具も要らないし真冬でも楽しめる釣り。だから人気です。

なのでその特集をば。

スポンサーリンク

穴釣りのススメ

穴釣りとは、岩やテトラの隙間の”穴”に仕掛けを落とし、潜む根魚を釣りあげる釣法です。

シーバスみたいに季節であーだ、こんな時はこう、あーんダメダメ……みたいな理論は必要とせず、ただじっと餌を待つ奴に餌を届ければいいだけ。ね? 簡単でしょう?

 

餌釣りなら臭いで見つけてくれやすく、水温が低く低活性の時期は有効。

ルアーは逆に動かして見つけてもらう必要があるので、水温が高めな高活性な時期に向いています。

それぞれの違いはそんなところ。

 

──とはいえ、臭いがないルアーも集魚剤を使えばクリアできる問題。

ざっくりまとめれば、クソ寒い冬でも数釣りが見込める簡単な釣り

それが穴釣りです。

穴釣りロッド選びのノウハウ

ルアーは小型ジグへッドを使うことが推奨されています。そのため柔らかめで感度優先な弱いロッドが多い。

それだと手に乗るサイズのカサゴたんでも引きを楽しめますが、狭い穴から引きずり出す必要のある釣りでそれは、いかんせん耐久が心もとない。

 

岩の隙間にタモが入りますか? もし尺サイズが掛かったら、それをどう抜きあげるのだろう。

そのため、ロッドは短くても強度があるものが望ましい。

 

穴釣りタックルその1

例えばこんなの。

ロッドの長さは140〜180cmくらいで、重り負荷20〜30号(80g前後)なら尺メバルだって持ちあげることができます。

エサを使うならオキアミくんが最強です。冷凍品は冬に溶けにくいので、半生タイプが楽です。

仕掛けは自分で作るほうが安上がり

ジグヘッドを使う必要が必ずあるわけでもなく、リールから伸びた糸に釣り針を結んで、その上に重りを噛ませれば同じ効果。

重りは重いほうが早く沈むので、上層の餌取りを回避しやすいメリットも。

大型は底の底にいる傾向があるし、そこまでなるべく早く沈めるほうが、ジグヘッドよりも型や数釣りが見込めます。

 

私はこんな仕掛けを使っています。

 

穴釣り仕掛け

 

針を結ぶのなんて、スナップにリーダーを結ぶのと大して違わないから、慣れれば簡単です。

日本の歴代首相を暗記するより簡単だから覚えましょう。

スポンサーリンク

本当の穴釣りは金をかけるほうが損をする

ルアータックルで特集される穴釣りは、軟弱なロッドで暴れるロックの引きを楽しむ感じに見受けられる。

釣りあげるよりも、引きを楽しむだけなら、その選択は正しい。

 

でも狭い場所でやる釣りだから、根掛かりやブレイクが頻発するので、タックルやリグに”強度”は必要です。

へにょいロッドで尺クラスを抜き上げるのは、荒磯でブリと格闘するより難しいレベルかもしれません。

無駄に釣りの難易度をあげる必要性はない、私はそう思います。

デカイ魚を想定しないなら、それでいいかもしれない。

安価なタックルは利点があって、雑な作りでも強度だけは一人前にあるところ。

テトリストに高価なタックルはいらない
”テトリスト”とは──テトラの隙間にある、いやらしい穴を攻める「穴釣りメン」のこと。ルアーは何かと金がかかる釣りですが、テトリストはお財布にめっちゃやさしい!私のタックルなんて、シーバス用ルアー1個と同じくらいですよ。

私がよく穴釣りで使うのは、総額で3000円かかるかどうかな物。

魚をかけて釣りあげる強度があれば、それだけでいいんです。

 

タックルのカタログ数値で、どれだけの重りや魚に耐えれるかを判断できるよになると、自分でタックルを選ぶのも捗りますよ?

数世代前のロッドでも、現代と同じ魚を釣りあげていたわけですしね。

Tipsテクニック
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!
スポンサーリンク
ブログを気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

SNSで更新情報を届けております!
とある浜松アングラーの一生