台風1号さん歴代最速の好スタートを切る

2019年1月1日に発生した台風1号は、統計開始から最速発生の記録をうちたてました。

地味に1揃いですね。パチンカーはゲンを担いでMAX機に全額ぶっこむ気概。

 

……今年はいったい何が起きるんです?

スポンサーリンク

最速の称号を得た2019年台風1号

統計開始の1951年以来、今年の台風1号は最速発生と認定されました。

コイツが突然産まれたわけではなく、大晦日に熱帯低気圧になって、成り上がりの機会を伺っていたようです。下剋上みたいですね。

1日午後3時ごろに台風1号が発生 統計がある1951年以降で早さ1番 - ライブドアニュース
1日午後3時頃、南シナ海で台風1号が発生した。気象庁によると、統計のある1951年以降、元日の台風発生は初めて。発生時の中心気圧は1000ヘクト・パスカルで、中心付近の最大風速は18メートル。2日

昨年は猛烈な台風が連発し、逆走台風があったりして、なにかと記録ずくめでした。

自然現象は今年も好スタートを切り、環境も仕上がっている感が否めません。

 

2019年は秋頃から発生しているエルニーニョ現象が継続する模様。

この影響は何をもたらすのでしょうか?

エルニーニョ時は冷夏暖冬の傾向が強い

リンク エルニーニョ監視速報|気象庁

 

エルニーニョとラニャーニャは交互に発生します。

ざっくりいうと、太平洋の赤道上にある高水温帯が、日本よりの西にあるのがラニャーニャ、東(南米大陸)にあるのがエルニーニョになります。

 

エルニーニョ現象発生時、日本は冷夏暖冬になりやすいです。

夏が涼しいのは曇天による日照時間の減少によるもの。

人間には過ごしやすく嬉しい限りですが、日照がないと育ちにくいのが農作物。価格変動に注意しましょう。

台風の発生位置は東気味になるので、去年より直撃台風は減るやもしれません。

夏に釣りがしやすくなって嬉しい!

冷夏になると打撃を受けるのは農林水産業ですね。

人が活動するうえで支障となる高温はなりを潜めるから、最高気温の記録更新を連発した去年よりも、夏期にお出かけすることが苦じゃなくなるかもしれません。

ただし雨が多くなりやすいから、良い天気はあまり期待できないのが難点。

沿岸の水温があがりにくいので、夏のショアジギがはじまるタイミングが遅くなるかもしれないですね。

逆に冬は水温が安定するから、フラットがだらだら釣れ続ける感じかな。

雑談
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生