新潟県(長岡市寺泊)には魚のアメ横がある!

「魚のアメ横」が新潟にあるらしい

年末を実感することは、上野のアメ横の中継を見た時ですかね。

カニやタコの紅白縁起物を、威勢良い客呼びで投げ売り(いうほど安くはない)している様子を見ると、「あぁ大晦日だなぁ」と感じるわけです。

……ところで、新潟県には「魚のアメ横」があるらしいですよ?

新潟県にある「魚のアメ横」は海の宝物庫や〜(誇張)

「魚のアメ横」は市場通りの”通称”です。場所は新潟県の長岡市寺泊。

市場通りの近くには寺泊港があります。海水浴場も隣接しており、観光指数もそこそこ高め。

寺泊魚の市場通りは、地産から全国各地の海産物を取り扱っています。

通り沿いに商店が立ち並ぶ姿から、「魚のアメ横」と浸透したのでしょうね。

魚のアメ横!新潟「寺泊魚の市場通り」は、まさに魚天国だった!│観光・旅行ガイド - ぐるたび
寺泊は北陸自動車道・中之島見附ICより車で約30分、新潟県長岡市の日本海に面した場所にあります。夏は海水浴の人たちで賑わい、日本海に沈む鮮やかな夕日が一年中楽しめる、景色の美しいスポットとしても知られています。▲海岸線沿いには漁船が停泊中、

旅行先で賢く鮮魚を買うコツ

旅行先でみかける鮮魚は、ふだんのスーパーより安くて新鮮な物が目立ちます。

節約のためにも買っておきたいところ……。でも帰るまで保冷しなきゃ腐ってしまうから、輸送手段が足かせとなり、購入を渋ってしまいます。

旅行先で鮮魚を買う際は、地方配送を利用するのが賢いですね。

その際は、2つの事柄に気をつけるといいでしょう。

旅行先で鮮魚を買う前にするチェックポイント
  • 旅行の最中に買う場合
  • 旅行の最終日に買う場合

旅行の最終日に買って配送する場合、特に問題はありません。この状況よりも鮮度が良い状態で送られることはないでしょう。

問題は「旅行の最中」に買う場合です。

旅行の最中に買うなら、指定した魚を希望日に配送してもらうほうがいい

例えば3泊4日の日程で、初日に鮮魚を買ったとします。

この時に地方配送をすると、(場所にもよるけど)最短で翌日、最低でも2日以降で自宅へ届くことになります。

配送指定日は”旅行が終わって自宅にいる日”を指定するはずですが、初日に購入して配送すると、営業所で約4日ほど保存されることになります。

この間は、鮮度が落ちるだけなんですよね(とくに生)。

旅行先でも賢く鮮魚を買うなら、購入を決めた魚と同じ物を、旅行終わりに送ってくれるように頼むのがいいでしょう(断られることもあります)。”朝とれ便”みたいなものですね。

親切な店は向こうから聞いてくれます。それは「最高に美味しい状態で届けたい!」の表れなので、信頼できる店といえます。


新潟県の長岡市といえば?

米どころの新潟県は、やはり「米」と「日本酒」が強い。

そこからちょっと外した土産物といえば、「へぎそば」かもしれない。

【新潟直送計画】へぎそばの通販 ギフト お取り寄せ
へぎそばとは、魚沼地方で古くから織物に使われていた「フノリ」という海藻をつなぎに使った蕎麦のこと。「へぎ」と呼ばれる剥ぎ板で作られた器にのせて出されることから、「へぎそば」と呼ばれています。海藻をつなぎに使ったことで、これまでの蕎麦にないツルツルとした食感と強いコシが生まれ、独特の舌触りや喉越しが人気となり、今や新潟を...

観光で魚のアメ横に行っても、

雑談

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
★Amazon売れ筋ランキング★
とある浜松アングラーの一生