「仕上げてきたな」と感じる19年のダイワ製リールたち

FSで見たダイワの新リールは、総じて「シブい」見た目でした。

昨年までは金ピカ入りでメカメカしく英雄王な見た目だったのに……。特に19セルテートは「前前前世かな?」と思う既視感でした。

無駄を省いたからこそ、機械の美しさがそこにあると思う。

スポンサーリンク

2019年にダイワがリリースする新リールたち

ダイワは毎回HPがしっかり作成されていて、新商品の紹介が楽で助かります。そんなわけで、まずは公式HPをご覧ください。

http://www.daiwa.com/global/ja/fishingshow/2019ss/

ソルトゲームで外せないのは「CERTATE」です。ショアキャステイングの舞台で困ることはほぼない、タフな使用を可能にするスピニングリール。

STEEZ」は新しい技術でより小さく、そして丈夫になりました。「お前はVTECエンジンか」と突っ込みたいほど、キャスト時の回転数を推してましたね。

あとは見た目が好きな復刻丸型リールの「MILLIONAIRE」。私が一番欲しいのはこいつ。

 

それぞれ特徴を押さえて紹介します。

無駄を落として洗練された19セルテート

セルテートは「耐久」に重点が置かれています。

今回から”これいる?”機能の代表であるストッパー(逆転防止)が廃止されました。ボディから隙間が減ったため、防水能力がさらに向上しました。へー(棒)。

もうセルテートなのかレグザなのかイグジストなのかわかんねぇな(とんらん)。カルディナまでありそう。

 

前年から推しているモノコック構造は継続。ボディは強く軽く、ギアは大型化してパワーの伝達効率も良い。今回はそれに耐えるハンドルも用意してくれている。

LCーABSは既存よりも飛距離をアップし、荒天のキャスティングで有利に働く──などなど。

見た目は数世代前のセルテートに寄せていますが、中身はイグジストに近づきつつある感じ。

19モデルは特に防水がアップしたので、ロックショアやサーフなど、飛沫がよくかかるし魚もデカイ! なんてポイントに合うリールになっています。

STEEZ CTはますます万能に育っていく

STEEZは淡水全般に使えるバーサタイルなベイトリール。

バーサタイルは釣り用語で「多様性」のこと。ようはなんにでも合う万能なアイテムですね。

新たなコンセプトとして、CT(コンパクト&タフ)を掲げています。──確かに小さくなったし、強度はデカイやつを相手にしないとなんともいえないが、キャスト時の回転数アピールしてたのがそのためかな?

ベイトリールはブレーキ音も楽しみのひとつだけど、音から回転数がわかるソムリエなんかもいるのだろうか……。

 

スティーズ1個あれば、淡水のルアーフィッシングで困ることはあんまりないはず。

特定魚種のモデルはここから増えていくだろうので、パワー重視やキャスト重視はしばらく待ちましょう。

最新機能を搭載して復刻するミリオネアCT

まずこの姿を見てください。かわいいでしょう?

http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/reel/bait_rl/millionaire_ct_sv/index.html

丸型リールは船釣のイメージが強くなりましたが、これはキャスティングモデルです。ドラグもブレーキも搭載済み。

ソルト対応なので、私はこれで浜名湖のベイトキャスティングしたいなぁと。

だってほら、先のSTEEZみたいな形はありきたりじゃないですか。丸型のリールで投げる人は今あまりいないから、結構目立つと思いますよ。

FSで発表されたダイワ製品はHPで特集を見るべし

ほぼ全製品載っているカタログを眺めるもいいし、新製品の”要点”だけ知りたいならHPの特集ページで十分です。

http://www.daiwa.com/global/ja/fishingshow/2019ss/

冒頭でもいいましたが、19年モデルはシンプルな見た目が多かったです。

ロゴをでかでかアピールすることもやめ、モノトーン気味の大人な雰囲気がどのアイテムにも感じられました。一方でエサのほうは派手でしたね。

ルアーの顧客はそういうのを求めていると、デザイン陣が判断したのかな──とか。余計なことを考えてしまったり。

新製品ニュース
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生