ウェブページを駆使して遠州サーフの天気を見極める方法

釣りに行く予定を立てたなら、気になるのは現地の天気ですよね。コンピューターと衛星技術の発達により、気象予想の信頼度とエリアの細分化もかなり進歩しました。2日後の予報なら9割的中するレベルです。

遠州サーフなど、地域を限定とした天気予報を調べるに、便利なアプローチ方法を教えましょう。

スポンサーリンク

モバイル端末と通信の進歩で、リアルタイム天気予報が神の啓示クラスに

モバイル端末に通信が無い時代。ほんの20年前に天気予報を知る手段は、朝のTVに新聞、外出時なら電話かラジオ、夜のニュースで翌日の天気を──くらいでした。だいたい6時間に1回知れればいいほうです。

今は気象衛星の映像はリアルタイムで確認できるし、雨雲レーダーも過去から数時間先の予測まで見ることができるし、位置情報から天候変化のお知らせ通知もある。……情報を得るための媒体がガラッと変わりました。

昔と現在で特に変化したのは、いつでもどこでも世界中の天気を知ることができるようになったこと。

全国の市町村ごとに詳細が確認できるため、訪問先の天気を知ることに、不自由がなくなりました。その一方、情報の発信元が多すぎるため、「どれを選択すればいいの?」と困る人も多いことでしょう。

この記事では、サーフルアーのメッカである「遠州サーフ」を例にして、釣りをするために必要な情報を得ることができる、最適だろう選択をのせています。

「YAHOO波予測」「ライブカメラ」を参照して海況を知る

まず天気予報のウェブサイトとアプリでおすすめなのは「Yahoo天気」です。その理由は無料なことと、YahooのIDがあればより高機能になるから。動作も軽いし情報も揃っている。対抗で「ウェザーニュース」がありますけど、ごちゃごちゃ見づらいし、いい加減flashはやめてくれないかなと。

サーフは波が高すぎると釣りが難しくなるため、波予測(波高)は非常にありがたい情報です。

「サーフゲームがやりやすい波高」の所感は、波高2m以下が望ましい。濃い青ならベタ凪レベルで、黄緑に近づくと厳しい、という感じ。これはあくまで予測であり、離れた洋上にエグい低気圧が居ると、うねりが入って予想より高く感じることもあります。

実際の波高を確認するには、沿岸のライブカメラを利用するのも手。難点があるといえば、夜間は波の様子がわかりにくいことですね。

これを調べたい時は、地域名+ライブカメラで検索してみてください。例えば浜松市なら、「浜松市 海岸 ライブカメラ」で検索すると、天竜川河口を含むライブカメラのサイトが表示されます。遠州サーフの様子を確認したいなら、袋井市のライブカメラがおすすめ。

http://f-tsunami.city.fukuroi.shizuoka.jp/cam/

釣り場の風速は「MICS」を参照にしたほうがいい理由

現地の風速・風向を調べるには「風予測」でも十分ですが、これは市街地の観測地点を参考数値にするため、砂浜よりも3割がた少ない数値が参照されます。釣り場の風速を正確に知るためには、沿岸にある風速計を参照する方が確実。

MICS」は海上保安庁のサイトで、全国各地の海岸にある実測値と風向を調べることができます。

少し難点なのは、”管区”で区分されているため、「A県のB海岸」とポイントで探すのが面倒なところ。遠州灘を見るには、第三管区から清水を選ぶ必要があります。めんどい。

MICSの情報は、台風接近時に役立ちます。全国の風向がわかるので、中心地がどこにあるか予測しやすいのと、暴風域に入った時の風速の実測値がわかりやすい所。でもリアルタイムの数値は見れないため、全体の実測と予想は「Windy.com」を参照してください。

今更聞けない低気圧と高気圧の違い

天気図の読み方を知らなくても死ぬことはありませんが、低気圧と高気圧の性質は覚えておくと、釣り中の天気予測にも役立ちます。それぞれの性質を簡単に説明すると──

  • 低気圧は、反時計回りに中心に向かって風が吹く
  • 高気圧は、時計回りに中心から風が吹く

これを覚えておくと、風向から低気圧の位置を想像できるため、ゲリラ豪雨から逃れやすい。低気圧は水面を上昇させるが、高気圧は抑えつけるため、荒れた海が収まりやすい──など、天気予報では知ることのできない情報を得ることもできます。

まあ天気図を読める方が早いので、多少なりとも頭に入れておくと便利です。

気象庁|予想天気図の説明
気象庁が提供するページです
スポンサーリンク

サーフの天気予報で最強なのはサーフィン波情報サービス

サーフの天気予報に敏感なのは、アングラーよりもサーファーじゃないかなと思います。

魚釣りは潮汐と濁りが重視されますが、サーフィンは”波があるか”が全てです。波を作るのは風ですから、多少なりとも風がないと話にならない。もちろん高すぎるのも問題だけれど、いい波の時にやりたいのはサーファーのサガでしょう。

そんなサーファーたちのために、全国のサーフ情報と気象情報を網羅する最強サービスがあります。

波情報 サーフィン BCM
BCMでは、最新の波情報/波予想・概況、ライブカメラなどビーチ動画・画像、気象情報を随時更新しています。スマホ、タブレット、PC、どの端末からもアクセス可能!

波情報BCM」は全国各地のサーフスポットの情報をリアルタイムで届けてくれます。ここさえ押さえれば、これまで紹介したサイトも必要じゃないくらいのサービス。ウェブサイトとスマホアプリで見ることができますが、有料会員のほうが詳細な情報を得ることができます。仕方ないね。

無料でもそれなりに有益な情報はあるので、ブックマークしておくにこしたことはありません。

今はスマホがあれば、いつでもどこでも天気予報を見ることはできます。けれど、自然の中で刻々と変化する天候変化に対応するには、それなりに知識があったほうが判断しやすい。

風向きが急に変わったとか、急に冷たい風が吹いてきたとか──。そういうサインを逃さないようにしましょう。

天気予報
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました