朝マヅメは魚だけじゃなく車の活性も高い

先日の早朝、焼津・藤枝・島田市をうろうろしている時に思ったこと。

2車線道路で走る車たちの活きがよすぎない?

そこまでしないと間に合わない状況でなぜ出かけるのか。地元の浜松も大概だが、こちらの朝マヅメも、車の活性が非常に高くてこわいこわいである。

スポンサーリンク

車社会に疲れたマン

車社会に住んでいる私は、常々思っていることがある。

自分が律儀に法律を守っていても、破る奴らが多すぎて車に乗るのがアホらしくなってくる。左右の確認は進みながらじゃなくて停車時にすることだろうと。キープライトはハワイならOKだけど左側通行の国では違法だぞと。外国帰りかな?

なので近頃は車に乗るのが面倒になり、電車世界に住みたい気持ちが高まっています。

でもそうすると釣りに行きにくくなるんだよな。絶海の密室ミステリーの舞台になりそうな海上(釣り堀)都市でも作ってクレメンス。

車社会と電車社会で違う通勤ラッシュの危険度

車通勤でラッシュに巻き込まれるリスク

  1. 「◯が原因で遅れた」の証明がしづらい(高速道路なら事故で迂回などの場合は証明書がもらえる)
  2. 軽度の事故でもよくて懲戒、重度なら解雇も当たり前
  3. 燃費が悪くなるので金銭的ダメージがある
  4. 渋滞で動かなくてもエアコン完備でわりと快適
  5. 接触するだけで金を搾り取られる

電車通勤でラッシュに巻き込まれるリスク

  1. 事故などで遅延の証明書がもらえるので言い訳しやすい
  2. 都市圏なら1本ずれても数分ロスで済むけど郊外は数十分以上もあるから致命的に
  3. 満員状態で停車されると地獄
  4. 車内は渋滞してても時間通り到着してくれる有能さ
  5. 接触するだけで金を搾り取られる可能性がある

つまりはどっちもどっちです。

個人的な意見だと、電車のほうが時間に左右されにくいのが利点かと。

車の渋滞は原因が事故だとしても、一般道では情報を得にくいため事前回避が難しい点があります。

とはいえ、毎日の満員電車は気が滅入るなぁと、体感して思うのでした。

交通量が少ないほど自動車の活性が高まる

車社会の嫌いなところは「法定速度って何?」の車が多いこと。

近年は複車線やバイパスなど、道路が広く走りやすいように整備されています。それはスムーズな流れを作るためですが、何を勘違いしたのか、スピードを出す車も増えています。車の性能が向上した背景もありまけどね。

特に早朝は人通りも車も少ない。そのためスピードを出す車がめちゃ多く、一発免許取り消しの速度でかっ飛ぶ光景をよく目にする。

猛スピードで後ろに来たと思ったら、車間を詰めてオラついてきたり。

──お前がここまで出してきた速度で抜いてきゃいいだろ、と。わざわざ抜けるタイミングでハザード出して譲ると、車間詰めすぎて前見えてないせいで恐る恐る抜いていくのなんなん?

小型オービスは実用済みだし、車内カメラから通報できるシステムもゆくゆくは

社会学な論点だと、自動車という仮面と盾があるからこそ、普段は大人しいけど運転中はオラつくパターンも多いと聞きます。

危険運転や煽り運転がなくならないのなら、それに遭遇したら即通報できるような仕組みがあればいいだけ。その土台が今、築かれつつあります。

移動式オービスは15キロオーバーで光る!?検挙された人にインタビュー|【業界先取り】自動車ニュース2019国産車から輸入車まで【オートックワン】
ホームページ制作やアプリ開発を行っているパソヤは、オービスガイドなどのアプリ開発の目的で移動式オービスの調査を行っている。全国にある移動式オービスの数などについて調査している中で、今回ネット上で「15キロオーバーで検挙された」という情報を発見。当事者にインタビューを行い、その興味深い情報を...

小型で持ち運び可能なオービスは、住宅街などの狭い路地に対応できる取締機。こういう場所は法定速度がガバガバで、オーバー60kmで逮捕されたケースもありますね。

データと5Gで自動車はどう変わる? 「移動革命」に必要な要素とは
2018年2月に開催された韓国・平昌(ピョンチャン)オリンピック・パラリンピックなどで第5世代移動通信システム(以下、5G)の実用化に向けた動きが紹介・展示されるなど、注目度合いが加速している。総務省でも、さまざまな実証実験に着手しており、「5G以後」の社会がどのように変わるのか、語るケースが増えてきている。この記事で...

5G回線を利用したコネクティッドカーは、実験が愛知県で開始されました。高速通信を利用し、車だけじゃなく市街地カメラからの情報も受け取り、それを自動走行に反映させます。

現在動画を見るだけで「ギガが減る」と帯域制限を食らうことが多いわけですが、5Gの世界はそれがなくなるといわれています。

いずれは、事故を起こした瞬間に直前のドライブレコーダー映像をサーバーにアップして、確実な証拠とするシステムが生まれるんじゃないですかね。

煽り運転をされている最中に通報して、後方カメラの映像をリアルで送れるようになると、自動車の事故は減っていくのではないでしょうか。

煽り運転防止にはドラレコよりも、「撮影中」のステッカーが効くらしいですね。

雑談
気に入ったら
「いいね♪」お願いします!
更新情報はSNSでも
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生