太平洋沿岸ランガンルート1400キロ

千葉県─和歌山県を繋ぐ「太平洋自転車道路」の整備が進んでいるらしい。

総延長はなんと約1400キロ。車は侵入できない自転車道路になるので、サイクルイベントやレースだけでなく、ランニングコースとしても使われることでしょう。

……”海沿い”を走るなら、釣りに利用するのもアリだよなぁ。

スポンサーリンク

千葉と和歌山を結ぶ「太平洋岸自転車道」

東京オリンピックの自転車競技は伊豆で行われます。……ここで「太平洋岸自転車道」が整備されるようになった経緯を推測してみましょう。

観戦に訪れる訪日客はきっと全員サイクリングが好きに違いない! 既に訪日観光も多い伊豆を起点として、千葉と和歌山を繋ぐ自転車道路を作ろうぜ! おっ、ちょうど太平洋沿岸やん! 完成は20年度内にね!(会議の想像)

──鬼ス(地獄の鬼も泣きそうなスケジュールの意)。

千葉-和歌山1400キロ「太平洋岸自転車道」のロゴ決定
サイクリングを楽しむインバウンド(訪日外国人客)の利用増を目指し、千葉県-和歌山県で整備中の「太平洋岸自転車道」のロゴマークが決まり、近畿地方整備局が発表した。…

ロゴマークが決まったようですが、道路の進捗はどうですか……?

1400キロの距離となれば、自動車移動でも最低1泊挟みたいところ。自転車での”横断”を挑む利用客が多いほど、拠点となる地域の飲食観光が潤うかもしれない。てか、青森─福岡間の直線距離が1400キロほどあるんですが……(困惑)。

実質日本横断コースやん? それはそれで挑みがいがあるかもしれない。

太平洋沿岸1400キロのランガンルート

釣り人らしい思考の私が、真っ先に浮かんだのがコレ。

もともと静岡県内の沿岸部は、9割がた自転車道路が整備されています。これが遊歩道も兼ねているため、利用する人のために駐車場が整備されたり、海岸に出れるようになっていたりと、釣り目的との親和性は高い。

静岡県/自転車道(サイクリングロード)の整備

各地で出来る釣りを羅列すると、伊豆は磯、駿河湾は港湾とサーフ、遠州灘はサーフフィッシングの聖地的な存在、オマケで浜名湖。県内だけでも多様のポイントが楽しめるようになっています。

銚子からランガンスタートすれば、地磯からはじまり、神奈川でサーフと出会い、静岡は省略して、愛知は砂浜と港湾、三重と和歌山の入江と磯で、1400キロの行程を締める……!

釣り対象と距離もハードじゃねぇの(震え声)。

太平洋自転車道の完成は20年度内!(予定)

────は無理だろ。

もともと沿岸部は遊歩道が整備(存在)されているし、それをチョチョイとぽくすれば、出来る見込みなんだろうなと考えます。

仮に観光ルートを考えると、成田空港から銚子に移動してスタート、数日間のサイクリングの末、和歌山のゴールから関空で帰る……。沿岸にホテルはそれなりにあるし、逆も出来るから、優秀な観光ルートかもしれない。

──自転車をどうするか考えなければ。

釣りをしようと考えるなら、わりと海水浴場が少なく富士山も飽きるほど眺めれられる静岡県がオススメかと。

東海道線だと飽きる区間だけど、出来る釣りの種類は他県より多い! ……と思うヨ?

コラムニュース
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生