Googleトレンドの活用でマゴチが釣れる時期を特定する方法

魚釣りはテクニックも重要ですが、「今何が釣れるの?」を堅実に守るほうが確実です。

それを知るには他人に聞くなり、実際に釣れたタイミングを記録するなりして、「A~B月は釣れるよ!」を導くことができます。とはいえ、個人だけで断定するにはデータ量が少なすぎて信憑性がない……。

そんな時に「Googleトレンド」が非常に使える。

これを活用した一例として、マゴチが釣れる時期をデータから特定してみましょう。

スポンサーリンク

Googleトレンドで何ができるの?

Googleトレンドは、世界中で検索されているキーワードをもとに、「今何が話題なのか?」を知ることができる便利なツール。

トレンド(流行)を先取りたいニュースメディアや、バズワードを扱うブログ運営などに重宝されます。それらが関係ない人にとっては、”号外”を簡単に知ることができる感じですかね。

Google トレンド

例えば現在だと「統一選」だったり「花見」だったり。少し前なら「新元号 令和」「イチロー 引退」などがトレンドになっています。

【練習】「シマノ ステラ」のトレンドを分析してみる

Googleトレンドは任意のキーワードを入力することで、サービス開始時からのデータを参照することができます。

とりあえずマゴチの話をする前に、シマノのリール「ステラ」を例にしてトレンド分析してみましょう。ちなみにキーワードの区切りは半角スペースです。

2箇所ほど突出していることがわかります。このタイミングは18年モデル(現行)とSWが追加されることが発表された時。年始のフィッシングショー前の事前発表(12月末)ですね。

過去3年間のデータですが、新製品発表以外は落ち着いています。それだけ”新製品”はインパクトがあるわけですね。

トレンド監視で爆釣のタイミングも知れるのでは?

……もしかして、魚の名前で検索すれば、「アイツはイツドコで釣れているのか?」を知ることもできるのでは?

その練習として、「ヒラメに比べると不遇だけど……ワイは好きやで?」──の、マゴチさんを例にトレンド分析してみました。

スポンサーリンク

Googleトレンドを活用してマゴチが釣れる時期を特定してみる

そんなわけでサクッと「マゴチ 釣り」で検索してみましょう。

データ量は過去5年間(2014年~現在)。グラフはヒット数を表しています。

こうしてトレンドを可視化すると、マゴチが何時釣れやすいかがよくわかりやすい。

グラフが特に上昇しているのは5~9月の間。つまり初夏から釣れはじめ、台風シーズンの頃には鳴りを潜めだす……てところ。大体あっているんだよなぁ。

例えばマゴチを釣りたい状況で検索するなら、「釣り方」「ルアー」「仕掛け」なども調べたいですよね?  そういう詳細を更に知りたいなら、「関連キーワード」からExcelデータ抽出も可能です。

キーワード毎に人気度の割合で見れるから、アングラーの関心がデータからわかるので面白い。

OK Google マゴチが釣れる時期を教えて?

他にも釣り対象魚で検索した結果、概ねヒットが多くなるのは「旬」の時期です。

ウェブ検索をするタイミングを考えると、誰かの釣果情報(ブツ持ち写真)に触発され、私もやってみようとか、どこで釣れるんだろうとか、そういう行動を起こしている結果かと。

”魚の旬”とは、漁がしやすい時期であり、釣りやすい時期なんです。それは産卵期に当たることが多いため。

魚は産卵期が訪れると、普段は深い場所に居る魚も産卵のために浅瀬に移動してくるとか、栄養を貯めるためにエサを大量に必要とするタイミングだからです。サーフならヒラメとマゴチがそのいい例ですね。

トレンドの最先端にいるほど飯が食える説

人間世界で例えるなら、大型連休になると交通渋滞が大変! ──みたいなもんです。毎年同じ時期に、同じようなニュースをしているでしょう?

魚は時期(水温)で生息する環境を変えるため、ある一定の周期で釣れやすいタイミングが存在します。

魚釣りは歴史も古いので、蓄積されたデータから既に”釣れやすい時期”は特定されています。でもまさに今を調べたい時は、Googleトレンドのように新鮮なデータを調べると、乗り遅れることが少なくなるかと思います。

魚釣りの宣伝をするためには釣れる時期を選ばなければならない

書店だと新作が目立つ場所に、表紙が見やすいよう平積みされています。狭い背表紙でよりもタイトルがわかりやすいし、マンガならなおさら目立ちやすく、興味を持ってもらいやすいからです。

釣具店も時期によって、「今釣るならコイツが熱い!」みたいな展示をしていますね。

釣具は魚を釣るために存在します。だからマゴチを釣るためのルアーを売りたいなら、マゴチが釣れる時期を選ばないと、アングラーのハートを撃ち抜けません。

特にサーフだと回遊が要だから、爆釣を経験できるのはシーズンの”走り”くらいなので、時流を読むことが大切です。

ベストセラーの「ファクトフルネス」は、凝り固まった思想をいい感じでゆるくしてくれる内容。出だしの「人間の選択能力はチンパンジー以下」が良いパンチで、これは無知だとマークシートの回答をサイコロで選ぶほうが正答率が良い、ことを表しています。

魚はこの時期じゃないと釣れない、アレを使わないと釣れない──てのは思い込みで、海に生息している以上、いつだって釣れる可能性は秘めています。

効率良く釣りたいなら、自分が釣りをすることが出来る地域で釣れる魚をピックアップし、釣れたデータを集めて、「◯月ならコイツ!」と決めて攻めるのが効率的。──とはいえ、

生活環境やら天候もあるから、行ける時に行くのが一番楽なんですよね(真理)。

Tipsテクニック
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました