サーフでヒラメ1匹を釣るための目標達成シート

私がサーフではじめてヒラメを釣ったのは4年くらい前、かな。

あの頃は流行前で今ほど情報過多じゃなかったし、飛ばせるタックルも選択肢がなかった。先駆者も手探りでメソッドを探求している感じでしたね。

だからこそ自分で試す必要があり、順序よく成長できたかもしれない。

最近またヒラメを釣りたくなってきたので、最初の1匹を釣るまで苦労したあの頃を思い出しつつ、私が努力したことを「目標達成シート」に変えてまとめてみました。

スポンサーリンク

サーフでヒラメを釣るための道しるべ

ある1つの目標を達成するには、複数の土台が必要です。

それを可視化してわかりやすくしたのが、大谷選手の目標達成シートです。ExcelなりGoogleスプレッドシートで”雛形は”簡単に作れます。

(セルの正方形ってどうやったっけ…教えてグーグル先生!)

6項目から8までかなり悩んで捻り出した舞台裏

とりあえず作ってみました。

私の実体験だと、「釣る!」と決めてから数回で達成しちゃったので、1匹まではあまり苦労していなかったりする。苦労したのはそれからですね。

目標達成シートの考え方・作り方

「サーフでヒラメを釣りたい!」を最終目標にすると、準備するための土台が必要になります。これを書き出し、俯瞰でいつでも見つめ直せるのが、目標達成シートのいいところ。

ひとつずつ簡単に「なぜ必要か?」を説明すると──

  • ヒラメの生態:そもそもどこに居るの?
  • 釣れる時間帯:いつ腹をすかせているの?
  • 釣れる天候:晴れ曇り雨どれがいいの?
  • 釣れる場所:サーフは広いから絞りたい
  • 釣れるルアー:実績があるほうが可能性を感じる
  • 必要な道具:より釣りをしやすくする便利な道具
  • 飛距離UP:筋トレは必要なの?
  • 釣るためのテクニック:ちょちょいと釣りたい

これらは”釣るためにどうしたらいいか?”の疑問に、手っ取りばやく答えた解みたいなもの。

シートを完成させるには、この8項目からさらに掘り下げる必要があります。

目標達成の土台をさらに掘り下げて基礎を導く

目標を立てる時、”言うは易し、行うは難し”の諺が骨身に染みるのが、それを実行しようとした瞬間です。

「サーフでヒラメを釣りたい」、そう頭の中で反芻するのは自由ですけど、サーフに行かなきゃ意味がないし、釣りをする気がなければ成立すらしません。

目標達成シートの良いところは、やるべき事を1つずつチェックリスト化できるところ。地道な努力のデータ化ともいえます。

地道な努力の視覚化

こうして”努力”を見えるようにすると、「サーフでヒラメを釣る!」ためには、8つの柱が必要で、その1本1本を支える8つの土台(要素)が必要となります。

1つの目標を叶えるために、72のチェックリストが産まれることに! うへぇ(本音)

見えない努力はありまぁす!

表にして見ると、たかが1匹を釣るために、そこそこ知識を詰め込んだよなぁ──と。

そのひとつひとつは、このブログにアウトプットされていますが、全て吐き出せてはいません。釣具の進化は日進月歩、道具が変わればメソッドも変わる……。

基礎のおかげで何かが新しくなっても、受け入れやすく理解しやすいのが救いかなと思っています。

目標達成シートに関しては、Excelで自作するのもいいし、記入できる紙媒体もあるので、好みの方法で実践してみましょう。

検索すればExcelデータでもありますよ。

目標を成し遂げるに重要なのは基礎を学ぶこと!

アングラーが成長するには、おおよそ3通りの道があります。

  • 人に教えてもらう
  • 書籍で知識をつけていく
  • 自分で切り開いていく

ほとんどは(1)(2)で開始し、熟れたころに高みを目指すため、(3)に移行する流れかと。それぞれを簡易に説明します。

師匠を持つことのメリットとデメリット

知識を得る成長速度は人それぞれ違います。

師匠がいるメリットは、釣りが上手ければ真似ればいいだけなので、1匹釣るまでは最短でしょう。極端な話、その場でタックル一式借りればいいしね。

でも基礎をすっ飛ばすため、応用できる知識が身につかず、ホームから出ると凡人パターンが多いです。これがデメリット。

ぼっちアングラーほど書籍やブログを読むべき理由

ある魚種を取り上げた「釣り指南本」は多く、サーフヒラメ関連の本はかなり多い。

本とブログで知識を得るメリットは、読者のペースで進められること。これらはいつ読みはじめてもいいし、どこでも栞をはさめる。必要な部分だけ抜き取ることもできますしね。

一方で、自ら率先しなければならない能動的なインプットなので、文字を読むのが苦手な人は、頭に入らずさっぱりな場合もあるのが難点。

今まで読んだ中で、無難にまとまっているのがヒラメ攻略Bibleシリーズですかね。

離岸流など”流れの見極め方”は、とりあえず知識に入れて、実践で体験するほうが覚えます。映像でもこれは説明しにくいので。

サーフでヒラメを1匹釣るために重要なことひとつ

釣りたい! そう思ったら行こう! そうしないと、何もはじまらないから……。

釣れるルアーとか時合いなど、知識はあったほうがいいですけど、釣れる確率を少し上げる効果があるだけです。あってもなくても行かなきゃゼロだし、サーフでルアーを投げるだけで確率は上昇していきます。

「とりあえず行動しようぜ!」──てことを自分に言い聞かせ、新しい元号になるまでに釣りたいなぁ……と思いつつ、この記事を書きました。誰かの参考になれば幸いです。

私は「釣行予定を絶対ベタ凪にする方法」を知りたいですね。効果的な方法を知っている方がいたら、そっと教えて頂けると嬉しい。

サーフルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生