御前崎市はアングラーの楽園なのでは?

都市一極集中から地方へ移住を促すための魅力開発が話題です。

例えば静岡県なら、アウトドア好きを呼び込む要素が多いとつくづく思います。でも移住するには近くに雇用がなければ意味がありません。

もしも魚釣りでメシが食えるのなら……県内でプロアングラーに向いてそうな地域をあげると、御前崎市かもしれないなぁと感じています。

スポンサーリンク

ひょっとして御前崎市はアングラーの楽園なのでは?

そう思ったのは選択肢の多さです。

例をあげると対象魚の豊富さだったり、釣法も多くなりコラム書くのに有利だし、車があれば全国へアクセスする起点になる、など──。

御前崎市はプロアングラー養成都市で、ディスティネーションなキャンペーンでモアプッシュしてもグッドちゃう? と思っている。

静岡デスティネーションキャンペーンとは
地方自治体、地元関係者等とJRグループ6社(北海道、東日本、東海、西日本、四国、九州)及び旅行会社が協力し、開催期間の3カ月間に重点的かつ集中的な広告宣伝やプロモーション活動などを実施することで、全国から観光誘客を図り、地域を活性化させることを目的として実施する国内最大級の観光キャンペーンです。

というわけでエビを並べましょう。

釣りで人気の対象魚をほぼ全て狙える

1箇所で釣れる魚種の多さは和歌山の串本らしいですが、御前崎を拠点として狙える魚は、年間通して何かしらの人気者を狙えます。だから話題にしやすいメリットがある。

なら堤防でメバルにアジが狙えるし、アオリイカだって実績がある。

はサビキで鈴なりだし、岸で青物も期待できる。船ならキハダに大型青物のトップができるし、トローリングの世界大会会場になることもあります。

はサーフでヒラメが有名だし、港内はタチウオにカマスなど美味しい奴らが集ってくる。船は深海ジギングでブリがぼっこぼこ。全国でも珍しいクエ料理が季節限定で楽しめるし映える。

は磯場でヒラスズキが釣れるし、船サビキで根魚やキンメなど高級魚づくしも可能。寒グレだって狙いにいける。

静岡空港へ続くバイパスを使えば川根本町までほぼ直線。大井川水系の渓流釣りで本イワナに、1時間足らずで管釣りも行ける。真水と海水どちらもフルカバーする勢い。

……あれ? めっちゃスペック高くない?

御前崎に住むとタックルの種類が増えていきそう

興味の数だけ釣具は増えていく気がします。先に挙げた対象を全て楽しもうとすると、6畳部屋1室が展示室になりそう。釣具と暮らす生活、いかがですか?(殺し文句)

その割に御前崎は釣具屋が多くはないです。船宿はありますけど、街の立地からして仕方ない問題かな。

暖かくなると磯遊びや海レジャーなどの観光で賑わう町。でも半島の先端にあるから、遠回りしないとまず寄ることがない。御前崎に目的がない限り、ふらっと立ち寄る人が少ない難点があるわけです。

これはバイパスの整備が進んだ影響もあるし、キラーコンテンツがないのも理由でしょう。映えるスポットは多いけど、観光客からすれば「どうやってそこへ行くの?」がつきまとうしね。

御前崎市を拠点とした交通アクセスの利便さ

車を所有していることが前提なら、御前崎を拠点にしてオールシーズン釣りを楽しめます。

港湾はいわずもがな。なんだかんだでサーフも年中何かしら釣れます。エサとルアーどちらもやれば、ですが。R150を東に走れば焼津もすぐですし、東名高速で沼津も1時間ちょいで行けますね。

船なら駿河湾全域が視野に入る。港から東に進むだけでいいしアクセスがいい。西へ行けば太平洋に遠州灘。カツオやキハダが狙えるし、遠洋すれば有名な「銭洲」も行ける。……沼津からのほうが楽ですけどね。

静岡空港が近いし、空路で北海道に九州などひとっ飛び! さらなる釣りの聖地へ進むことも。ちなみに浜松市からはセントレア目指すほうが安いぞ!

熱狂的アングラーなら都になるスペックでしょう?

──私が住む浜松市も、浜名湖があって釣りをする場所は恵まれているほう。

でも釣れる魚の種類とスケールのデカさは、御前崎のほうが上です。港でブリクラスも釣れるし、真鯛に石鯛も年に数回は記録級が釣れてますしね。

気軽さは浜松が上だけど、夢なら御前崎が溢れんばかりと思います。

そうそう、生しらすも手に入りやすいんですよ。浜松のスーパーでも御前崎港のほうがよく見ます。

「ノマドなプロアングラー育成都市御前崎」でアピールしてみては?

SEはラップトップさえあれば、どこでも仕事できます。プロアングラーは道具があっても、水域がないと仕事になりません。

ならそこへのアクセスが良く、魚種も豊富で全国遠征も可能な御前崎市なら、週3で釣りをして残りは執筆の形なら、ブログでもそこそこ稼げるんじゃないですかね。実体験ならなおさらですし。

交通費がマッハなのが難点だけど、そこは釣り以外で捻出するのも手ではないでしょうか。夏季ならホテルも忙しくなるしね。

Q.書いている君は移住しないのかい?

A.夏だけ住みたい

沿岸都市だし、トラフのアレで土地が安めだから、戸建てを持つのは割と簡単。

賃貸で釣りをする簡易宿的に、1部屋借りて別荘代わりにするなら、わりと現実的と思っています。それこそ空き家のリノベでもいいしね。

釣りシーズンとしては夏以外がオススメだから、夏は観光で部屋を貸して運用するのが賢いかも。庭がある戸建なら、サーファーなど道具を使うマリンスポーツに好まれるし、民泊の難点である騒音問題も、近隣に住宅が少なければ回避できますしね。

でも住み続けるのはどうしても躊躇してしまう。

なんだかんだで浜松市が便利らしい

浜松に住んでいて感じるのは、ベッドタウンには優秀だなとつくづく思う。

食料品買う場所は困らないし安い。飲食に買い物もイオンでだいたい済む。下道でも岐阜・長野は2時間程度で行けるし、高速使えば北陸・近畿・甲信越も1泊2日で余裕。

生活インフラが万全だし、旅行の起点に最良な都市だなと。

関東と関西に新幹線で1時間程度で行けるから、東西のイベント事を楽しむ立地で有能かと思っています。東北に西日本も空路が選べるし、セントレアには直通バスがあります。

その分、無理ゲーな日帰り出張を提案されるリスクも……。長野に3日間車で通うのはさすがに時間の無駄だと感じるし、死ぬかと思ったぞ(往復10時間)。

……そんなわけで静岡県においで!(ささやき)

雑談
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生