極寒の釣りはヒーティングインナーが命を救う

冬期の魚釣りは苦行である(断言)。

冬空でジーッと待つ状態なら、体温が奪われていくだけだよね?」な理由があり、冬の釣りをナメていると命が危ない目にあいます。

だからこそ、自ら発熱してぬくもりを与えてくれるアイテムは必須。

 

ホッカイロは定番ですが、充電式の『ヒーティングインナー』など、電気製品に頼るのもおすすめです。

スポンサーリンク

冬は重ね着しすぎても無意味

人間には体温があり、冬の防寒はこれをいかに活用するかが要です。

体温であったか空間を作り出す『ダウンジャケット』は、肌着の上だけのほうが機能するわけで、防寒着の性質を理解した着こなしが、能力をより向上させます。

これについては別記事を参考にしてください。

コツと合理で選ぶ防寒対策【身体編】
冬の魚釣りの最重要課題は防寒対策です。 釣具メーカーから販売されている防寒アイテムは、専門メーカーに比べると値段が無駄に高いのが難点。既成品にロゴを足した分だけ、値上がりしてしまうのです(おこ)。 それならまだ性能がいい、ノウハウを持つ...

 

魚釣りだとベストやウェーダーを着用しますが、これも防寒対策にはなります。

それを考えると、USB給電の電熱ゲームベストが出たら最強かもしれない。釣り道具を収納しつつ自ら発熱して防寒効果もある……なんだそれ、最強じゃない?

手足の防寒対策はバイク乗りに聞け!

冬期の防寒に完璧が求められるのは、バイク乗りかもしれない。

なので知り合いにバイカーが居れば、防寒について相談してみるといい。人によっては拘りが極みすぎて、小一時間話されるだろうし、釣具屋の店員よりも頼りになります。

 

ライダーの手袋といえば分厚い革手と思いますが、近代兵器に『ヒーターグローブ』があります。

これが最近値段も安くなり、指先の防寒対策としてはコスパに優れていますね。

スポンサーリンク

ヒーターグローブはインナータイプを選べ!

電熱式のヒーターグローブには、釣り用のグローブにはない弱点があります。

それは丸洗いできないところ。

魚に触れたりエサを付け替えたり、釣りに使うグローブは汚れやすい。でも洗えないので下手すれば、カビが生えまくりであの日嗅いだ雑巾の臭いに発展しかねません。

なので単体のコスパは、どうしても普通のグローブより劣ります。

 

電気式のグローブを選ぶにあたり、心得ておく点は3つある。

 

  1. 防水対策されたヒーターグローブは当然高価
  2. 針など鋭利な物でグローブ部分はボロボロになりやすい
  3. 魚や餌などを触ると臭いがつくため、上記を満たして1つだけで運用しても「クサイ」がつきまとう

 

──あれ? いいところなくね?

そのためなるべく汚れないよう、ヒーターグローブはインナータイプを選び、その上に汚れてもいいグローブを重ねるのが賢い!

例えばこんな製品がおすすめです。

指先に電熱線が通っていない物もあるので注意。

手の甲だけでも十分マシですけど、指先は血流が届かず冷えやすいので、そこまで温めてくれるインナーグローブを選ぶようにしたい。

足はヒーティングソックスもアリだけどカイロで十分

ヒーティングソックスを薦めない理由は、高価でありつつ対費用効果が薄いところ

足はヤバイ臭いを発しやすいので、洗えない靴下はもう呼称だけで臭いそうでしょう?

 

足用のカイロは種類も多く、指先までカバーする貼れるタイプもあるし、安価なのが最大のメリット。

週2回程度の釣行なら、カイロを30個くらい用意すれば、ゆうにしのげるかと。

ベストパートナーは衣服に貼るカイロ

体はちょっとでも動くと体温があがりやすいし、防寒対策にはもこもこしたインナーを着るのが無難です。

電熱式のベストを使うのは、極寒に住む人向けでもあるし、冬の夜釣りを戦いたいドM用かもしれませんね。

別にこんなのを使わなくとも、貼るカイロをぺたぺたするだけで十分です。

安いし適度な温かさだし、温楽さんは冬期のベストパートナー。

貼るカイロは、貼る部位によって効果が違います。腰と下腹部が特に効果的。

効果的な貼り方については、次のサイトを参考にしてください。

寒い冬の必需品【ホッカイロの効果的な貼り方と注意点】 - NAVER まとめ
寒い時の必需品、ホッカイロの効果的な使い方と注意したいポイントをまとめました。正しい貼り方で効果を倍増させましょう!

これを実践するだけでも違います。

 

朝マヅメのサーフとかなら、せいぜい2時間だからカイロで十分(我慢できれば)。

冬の夜釣りでタチウオ狙いとなれば、電熱式の何かや風よけは欲しくなります。船上ではバッテリーもあるから、体を温めるため電気毛布なども使えますね。

地上の釣りはテント張りつつ焚き火したり、アウトドアな楽しみをしつつ過ごせるのも魅力かな。

ただし火を使う際は、条例の確認と後始末はしっかりやりましょう。

タイトルとURLをコピーしました