【防寒対策】極寒から手を守るヒーターグローブの選び方

冬の釣りはすんごく寒い。じっと待つだけで地獄だし、カイロの温もりは「ないよりマシ」程度。体温自体が下がってしまってはあったか服も意味がない……。

特に手は防寒対策が難しい。でも今は電熱式のグローブが豊富ですから安心!

スポンサーリンク

極寒でもヒーターグローブがあれば指先まであったかあったか

電気ストーブってありますよね? 電気で暖かくなるアレです。消費電力は多いんですけど、電気があるだけで暖房になるのは強みです。

知っての通り、釣り場に都合よくコンセントはありません。

──ならバッテリーを持ち込めばいいのでは?

現在はモバイルバッテリーの容量と性能もアップし、安く手にはいるようになりました。これを利用した発熱型の「ヒーティングインナー」が防寒グッズとして脚光を浴びています。

電子レンジを使えるポータブル電源なんかもあるので、アウトドアで電気を使うのも簡単に!

ここではそれらの方法を紹介しています。

ヒーターグローブは充電式とモバイルバッテリーどっちがいいの?

ヒーターグローブ」はバッテリーの電気で熱を発生させます。そのため充電式か、モバイルバッテリー式の2タイプがあります。

モバイルバッテリータイプの特徴

バッテリーの容量次第で長時間駆動が可能なことがメリット。その反面、バッテリーをどこに忍ばせるかが問題になります。

充電式タイプの特徴

バッテリーが装着されているため、単体駆動が可能でかさばりにくいことがメリット。その代わり、バッテリーが小型になるので、熱量と駆動時間が弱く短め。

モバイルバッテリーはコードを繋ぐ必要があるので、キャスティングの際に邪魔になることも。長すぎても収納に困るし、短くてもバッテリーの置き場に困ります。

充電式はそのデメリットが解消されますが、長時間の釣りに向いていません

どちらを選ぶかは、自身の釣りスタイルと相談するといいでしょう。

長時間の待つ釣りなら、モバイルバッテリーが有利ですよね。マヅメ狙いだけなど短時間なら充電式で十分です。

スポンサーリンク

タイプ別のおすすめヒーターグローブ

ヒーターグローブは充電式のほうが多く、手袋の中にはめる「インナーグローブ」は別途モバイルバッテリータイプが多いです。

マヅメを狙う短時間スタイルなら、防水かつ充電式が最上でしょう。

投げ釣りでじっくり待つ釣りなら、長時間駆動も可能なモバイルバッテリー式のインナーグローブがおすすめ。

充電式でも予備にモバイルバッテリーを用意しておけば、不意の電池切れにも対応できます。

外で電気を使えるのは便利ですが、バッテリーなど持ち物が増えるのが難点ですね。

ヒーターグローブの弱点は防水じゃないところ

電熱式の手袋は、モバイルバッテリーか内蔵充電式のふたつがあります。種類がヒーターグローブには、釣り用のグローブにはない弱点があります。

それは丸洗いできないところ。

水洗いしちゃうと、電熱線が使えなくなりますからね。そのため「防水」がない弱点があります。

魚に触れたりエサを付け替えたり、釣りに使うグローブは汚れやすい。でも洗えないので下手すれば、カビが生えまくりであの日嗅いだ雑巾の臭いに発展しかねません。

指先に電熱線が通っていない物もあるので注意。

手の甲だけでも十分マシですけど、指先は血流が届かず冷えやすいので、そこまで温めてくれるインナーグローブを選ぶようにしたい。

持ち運び可能なポータブル電源で冬の釣りを電力で乗り切れ!

リチウムイオン充電池も開発が進み、大容量かつ短時間充電が可能になっています。それは昨今のハイブリット車で体感している人も多いでしょう。

釣場で電気を使うには発電機が常識でしたが、今は静かでクリーンなポータブル電源が使えます。

技術の発達により、家電も普通に使えるようになり、堤防で電子レンジを使うことも、電気ストーブを使うこともできます。

国産ポータブル電源の「エナーボックス」は、小型かつ5kgと持ち運びもしやすくておすすめ。特別価格を狙えば割安で購入できますよ!

タイトルとURLをコピーしました