道糸にナイロンかフロロで迷った時に読んで欲しい

リールに巻く道糸に、「ナイロンとフロロカーボン、どっちを使うのがベストだろう……?」と悩んだ人は多いはず。

どっちを選んでもBADENDにはなりにくい……。でも選ばなければならないのなら、特定の条件下でよりやりやすくするため、目的を定めて選ぶところがポイントです。

「ナイロンorフロロ?」に迷った時は、これを読んでいただきたい。

スポンサーリンク

そもそもナイロンとフロロで何が違うの?

わりと長い記事なので先に結論をいうと、「道糸はナイロン! ハリスはフロロ!」がハズれにくい選択。その理由はこれから順々に説明します。

──まず、それぞれのラインで明確に違うのは、”伸び”とそれに伴う”強度”。素材うんぬんは冗長するから省きますが、それぞれの特徴を簡易でまとめるとこんな感じ。

◆ナイロン

  • ライン自体が柔らかくしなやか
  • 耐力強度はフロロより上
  • 軽いから水に浮きやすい(沈みにくい)

フロロカーボン

  • ライン自体が硬めでハリが強い
  • ナイロンより摩擦に強く感度は上
  • 重いから軽い仕掛けでも沈みやすい

よくフロロのほうが強度が上と誤解されています。実は同じ太さ(径)なら、ナイロンのほうが耐力強度は上なんです。

なぜそうなるかは、”粘りの違い”。

これは家系ラーメンでライス代わりに来たネギ(呆気)

ナイロンラインは素材が柔らかめで、魚に引っ張られるとびよーんと伸び、クッションの働きもあります。この柔軟性がちぎれにくい要因だし、バラシにくい特性でもある。体が柔らかいと怪我しにくい──とだいたい同じ理由。

いっぽうフロロは伸びにくいため、魚信(アタリ)の感度は良くなります。パリッと硬いラインだから千切れやすい特徴があります。

細かくいってもラチがあきません。なので、釣り人が気になるであろうポイントで、どちらを選ぶべきか簡単に教えます。

飛距離を優先するなら

7号以下の太さならどっちでもいい。それを超えると巻きグセが強いフロロはライントラブルに悩むため、「それならPE使おうぜ!」……て話。

強度を優先するなら

単純な強さだけで選ぶならナイロン。岩場に擦れることを気にする状況ならフロロのほうが幾分かマシ。どっちも岩に触れ続ければ、そりゃ切れますよ。

保ちを優先するなら

ライフサイクルでいうならあまり変わらない。釣りをしている最中の自然環境による劣化での話なら、フロロのほうが色変化しやすいから、そう見えるかもしれないけど、結局はどっちもどっち

コスパを優先するなら

値段に大した差はないからどちらでも。超長距離ならナイロンのほうが保ちと強度から、フロロよりもコスパはいいといえる。

「これしかない!」と選択肢を狭める理由もありません

釣り人の心情から「ライン選択」を考える場合、重要なのは何だと思いますか?

それは強度! 切れにくさですね。

ラインは魚と綱引きをするための重要な道具であり、釣りあげるための要。だからどんな状況であっても、切れては欲しくはないでしょう? ……しかし、そんな都合のいいラインはこの世に存在していません。むしろそう仕向けているのが釣り人です。

魚に切られたくないなら、その魚に切られない強度を選べばいい。

なのにみんな「細い糸のほうが釣れる」と、釣具屋とメーカーが喜ぶ茨の道をわざわざ突き進んで、ラインが切れるたび不思議がっている──。

ちょっと短絡的すぎない?(まあ細いほうが釣れやすいのは確かだけど)

ここまで読んで理解していただけているなら、強度を優先する場合は一択でしょ?

スポンサーリンク

道糸にナイロンかフロロで迷った時には

数値の強度だけで選ぶなら「ナイロン」しかない。でも釣る魚と対象ポイントの組み合わせは無限大にあります。その全てを1種だけでなんとかするのは、無理じゃないけど効率は悪いですよね。

ナイロンとフロロが存在しているのは、ある状況で有利に働く性質があるから

それをまとめてみたので、迷った際はこれらを思い出していただきたい。

寒暖の差がある時はどちらがいいの?

ガイドについた水が凍る状況では、水を含むラインもとうぜん凍ります。極寒の季節や地域におけるライン選びは、なるたけ柔らかいのを選んだほうがマシです。なのでナイロンラインが選ばれます。

山豊テグスの「スーパーソフト」は、まさに寒冷地仕様のナイロンラインといえる。

太平洋側で見ることはまずないですが、東北以北や山間部だと、より柔らかい素材のナイロンラインが店にあるはずです。

投げ釣りで飛距離を求めるには

投げ釣りで飛距離を求める場合、それはメインラインを細くすれば叶います。

ナイロンとフロロは同じ号数の場合、ナイロンのほうが内径は細いし軽いので、飛距離はこちらのほうが(理論上わずかばかり)上です。勘違いして欲しくないのは、「劇的!」じゃなく「僅か…」なところ

5号以下なら大差はないけど、それ以上だとフロロは硬すぎて、巻くのも辛くなります。だから察してください。

ウキ釣りをサポートするフロートライン

フロートラインは水に浮かぶライン。ウキ釣りはラインが沈んでしまうと、ウキもつられて沈むため、ラインは浮いたほうが釣りがやりやすい。そのために選ばれるのは、軽いナイロンラインです。

ナイロンならなんでも浮くわけでもなく、浮かすために作られているのが「フロートライン」と覚えましょう。

ラインだけでも沈むサスペンドタイプ

フロロカーボンは比重があるラインなので、単体でも沈みやすいから、重りを使わないフカセ釣りのハリスに選ばれます。道糸としてそのまま使うのもありですけど、しなやかじゃないのであまり採用されていません。

水面に浮かぶと風の影響を受けるため、若干沈ませるよう調整されているのが「(セミ)サスペンドタイプ」のライン。これはナイロンで作られており、しなやかなので仕掛けの操作がしやすいメリットがあります。

あれ? ……フロロさん、道糸だと人気なさすぎじゃない?

ハリスに使うならどっち?

ハリスに向いているのはフロロ。先にも出したとおり、単独で沈みやすいからですね。

投げ釣りの三本針仕掛けとか、水中で少しでも浮いてほしい場合にはナイロンもあり。ルアーのショックリーダーに選ばれるのも、仕掛けの先が重いから「ラインの浮力? 関係ないね」が通用するため。

スポンサーリンク

迷うなら…メインはナイロン!ハリスはフロロ!

ここまで読めば、それぞれの”性質・特性”から──

「メインラインはナイロン」「ハリス部分はフロロカーボン」が妥当!

……なトコロで選ばれていることがわかるでしょう。

メインはナイロン、ハリスはフロロ、SNSにあげる写真はネコ。
はずれない。

市販製品もその割合で棚に並んでいます。別に逆でも釣りはできますよ? 悩むくらいならここに落ち着けば? ──という話です。

ラインに関する他のおすすめ記事はこちら!

釣りのラインについては、こちらの記事でもアレコレ語っているので、よければ参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました