道糸に使うのはナイロンかフロロかで迷った時に優先すべきこと

道糸をリールに巻くとき、「ナイロンとフロロカーボンどっちがベストだろう……?」と悩んだ人は多いはず。

正直いってどっちでもいいけど、特定の条件下で使うことを優先するべきです。

そもそもナイロンとフロロで何が違うの?

Q:「ナイロンとフロロ、何が違うの?」

明確に違うのは素材の伸びと強度。特徴を簡易にまとめるとこんな感じ。

ナイロン
  • ライン自体が柔らかくてしなやか
  • 耐力強度はフロロより上
  • 軽くて水に浮きやすい
フロロカーボン
  • ライン自体が硬めで摩擦に強い
  • 重いから軽い仕掛けでも沈めやすい
  • 強度はナイロンより下だけど誤差の範囲

あまり知られていませんが、ラインの径(太さ)が同じなら、ナイロン素材のほうが強度は上です。

フロロカーボンがよく用いられる背景には、摩擦に強いため、繰り返しのキャストに耐えやすく長期利用しやすいから、コスパ面ですね。

これは家系ラーメンでライス代わりに来たネギ(呆気)

道糸に使うならどっちが正解かの問いに、明確な答えはありません。

”条件を付加”するなら、ベストは導きだせます。

ナイロンのほうが有利になるポイントとは?

道糸にナイロンラインを選ぶなら、延べ竿に使ったりチョイ投げなど、あまり長く使わない釣りに使うのがいいでしょう。

伸びやすい素材なため、あまり長く使ったり大物相手だと、伸びすぎで切れる可能性が高まります。

短く使うなら、魚の引きを吸収する役目も果たしてくれるため、バラシ抑制に役立てることもできます。ショックリーダーに使うと効果がわかりやすいですよ。

ラインが浮きやすいため、投げるウキ釣りで使うのがベスト

遠投サビキだったり、カゴ釣りとか、サヨリのエサ釣りに使えます。

マルフジ(Marufuji)
¥538 (2021/10/11 14:28時点 | Amazon調べ)

フロロカーボンが有利になるポイントとは?

フロロカーボンは撥水しやすく、ガイドも凍る厳寒期で光るラインです。

摩擦にも強く、ラインだけでも沈みやすいため、軽いリグを使うライトゲーム全般に使えます。あらゆる釣りで無難に使えるのが最大のメリットですね。

あえてデメリットをあげるなら、素材が硬いため、太くなるほど結び目がほどけやすいことかな。ペンチなり締めリングを使ってキッチリ締めましょう。

迷った時は……メインはナイロン!ハリスはフロロ!

最後にざっくりまとめると──

「メインラインはナイロン」「ハリス部分はフロロカーボン」が妥当です!

メインはナイロン、ハリスはフロロ、SNSにあげる写真はネコ。
はずれない。

一般アングラーにとって、素材の違いは些細なこと。悩むくらいならコイントスで決めましょう。

ラインに関する他のおすすめ記事はこちら!

釣りのラインについては、こちらの記事でもアレコレ語っているので、よければ参考にしてください。