道糸にナイロンかフロロかで迷った時に読んで欲しい

リールに巻く道糸に、「ナイロンとフロロカーボンどっちがベストチョイスだろう……?」と悩んだ人は多いはず。どっちもBADENDにはなりません。もしTRUEENDを選ばないと死ぬ病気なら、正しい選択をしなければいけない。

それぞれの性質を理解し、特定の条件下でよりやりやすくするため、目的を定めて選びましょう(無難な着地)。

スポンサーリンク

そもそもナイロンとフロロで何が違うの?

「ナイロンとフロロ、何が違うの?」について先に結論を出すと、「道糸はナイロン!ハリスはフロロ!」がハズれにくい選択です。

それぞれ明確に違うのは、素材の伸びと強度です。特徴を簡易にまとめるとこんな感じ。

◆ナイロン

  • ライン自体が柔らかくしなやか
  • 耐力強度はフロロより上
  • 軽いから水に浮きやすい(沈みにくい)

フロロカーボン

  • ライン自体が硬めでハリが強い
  • ナイロンより摩擦に強く感度は上
  • 重いから軽い仕掛けでも沈みやすい

フロロカーボンの強度が上と思われがちですが、同じ太さ(径)なら、ナイロンのほうが耐力強度は上です。なぜかは、粘りが違うから。

これは家系ラーメンでライス代わりに来たネギ(呆気)

ナイロンラインは素材が柔らかく、引っ張られるとびよーんと伸びやすい。この柔軟性がちぎれにくい要因で、耐力強度が高い理由。フロロは伸びにくく硬めの素材。ですから傷に強く、音の伝達に優れるため”感度”は良くなります。

飛距離を優先するならPEを選ぼうぜ!

ナイロンとフロロ、飛距離を優先させるなら、7号以下の太さならどっちでもいいです。どちらも巻きグセがつきやすいため、使うならベイトリールがおすすめ。スピニングのスプール型にクセがつくと、バックラッシュしやすくなります。

それぞれの欠点をなくしたのがPEライン。飛距離を優先させるならそれ一択でいいでしょう。

強度を優先するならナイロン

ラインの強度だけで選ぶならナイロン。岩場に擦れることを気にする状況ならフロロのほうが幾分かマシ。道糸に使うだけなら、どっちでも良かったりします。

ハリス(ショックリーダー)に使うならフロロが向いてますね。

保ちを優先するならフロロが若干優秀

化繊ラインといえど、水を幾分か吸収します。含水率が多いほど劣化しやすいですが、むしろ紫外線の影響が強いため、素材でのライフサイクルにあまり変化はありません。どっちもどっち

コスパを優先するならナイロン

値段に大した違いはありません。しいていうなら、ナイロンのほうが若干安め。保ちと強度から考えると、ナイロンはフロロよりコスパはいいかもしれない。

寒暖の差がある時はどちらがいいの?

ガイドについた水も凍る状況では、水を含むラインもとうぜん凍ります。車に寒冷地仕様があるように、釣り用のラインにも寒冷地仕様がありますが、ナイロンラインで大丈夫です。

ナイロンは素材が柔らかいため、寒い状況でもしなやかです。フロロは冷えるとパリッパリになりやすく、寒冷地のラインには向いていません。

ウキ釣りをサポートするフロートラインを選ぶなら?

フロートラインは水に浮くラインです。海水はもともと浮きやすいですが、ウキ釣りはラインが沈むと仕掛け全体が沈んでアタリが取りづらいため、浮きやすいナイロンラインがおすすめ。

ナイロンならなんでも浮くわけでもなく、浮かすために作られているのが「フロートライン」と覚えましょう。もちろんフロロでもあります。

ラインだけでも沈むサスペンドタイプ

どんな水でも沈むのがサスペンドタイプ。水面下にとどまるセミサスペンドもあります。これに選ばれるのはフロロです。フロロカーボンは比重があるので、単体でも沈みやすい。ハリスに選ばれるのはこのためです。

あれ? ……フロロさん、道糸だと人気なさすぎじゃない?

スポンサーリンク

迷った時は……メインはナイロン!ハリスはフロロ!

ここまで読めば、ナイロンとフロロの「性質」と「特性」を理解したと思います。最後にざっくりまとめると──

「メインラインはナイロン」「ハリス部分はフロロカーボン」が妥当です!

メインはナイロン、ハリスはフロロ、SNSにあげる写真はネコ。
はずれない。

ぶっちゃけ好みで選んで大丈夫です。プロアングラーなら限界のセッティングを追求しないといけないので、ラインの素材にはこだわります。「これしかない!」って製品を推した方が、一般に宣伝しやすいでしょ?(ゲス顔)

一般アングラーにとって、素材の違いは些細なこと。悩むくらいならコイントスで決めましょう。

ラインに関する他のおすすめ記事はこちら!

釣りのラインについては、こちらの記事でもアレコレ語っているので、よければ参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました