低脂質で高タンパク!鯨肉が最強のダイエット食になりそうな予感

低脂質で高タンパク!鯨肉が最強のダイエット食になりそうな予感

商業捕鯨が再開され、各地で水揚げがはじまったニュースが続々と届きます。

”捕鯨は文化”の旗を掲げていますが、「捕ることだけが目的になってない?」とツッコミたい今日このごろ。世界だけじゃなく、消費者に食べてもらうよう根回しをしておくべきだったと思うのですが……。

鯨肉は牛肉に比べて、低脂質で高タンパクなことを知りました。……「いきなり鯨肉ステーキ!」をやってもいいのではなかろうか。

スポンサーリンク

調査捕鯨でも肉の在庫はあまり気味だったワケ

2019年7月から商業捕鯨が再開されました。その理由は「文化を守るため」が第一に挙げられます。しかしこれは、多方面にいい顔をしたい政治的言い訳ともいえます。

商業捕鯨の再開について:水産庁

鯨肉は貴重なタンパク源だった歴史があります。

それは精肉の畜産や輸入がまだ小規模だった時代──今より50年ほど前の昭和中期頃の話。今はあえてそれを食べる選択をする必要もないですよね。そもそも市場で見かけないのに、どう消費しろっていうんだ?

「商業捕鯨再開」欧米の日本バッシングはなぜ盛り上がらなかったのか(松岡 久蔵) @gendai_biz
今月、商業捕鯨が約31年ぶりに再開した。懸念されていた国際社会からの批判は、日本政府の周到な根回しにより最小限に抑えられたが、問題は鯨肉の需要があるかどうかだ。かつてのような消費量は到底見込めない上、むしろ今後の業界では、これまでのように、捕鯨再開に取り組む与党議員の力を借りて補助金を受け取ることも難しくなる。皮肉なこ...

今の時代に、過去最高(約23万トン)の消費量を求めるのは無理があります。そこをなんとかするのが営業の手腕であり、マーケティングの真価ですね。

そこに光明を見いだせる要素が、「低カロリーで高タンパクの栄養価」と思います。

低脂質で高タンパク!鯨肉のあなどれない栄養価

鯨肉の栄養価はあなどれません。100gあたりのエネルギー(kcal)は和牛ヒレのおよそ半分。たんぱく質は約2割ほど高く、特に脂質がほぼないのが強み

低カロリーだけじゃない!鯨肉の凄すぎる栄養価
長年、健康食としても知られてきた鯨肉。赤身の牛肉と比較すると一目瞭然なのが、脂質とコレステロールの含有量の差だ。そしてもう一つ、鯨肉に(相対的に)多く含まれる栄養素として注目すべきは「バレニン」である。

タンパク質は筋肉と体を構成する重要な栄養素。脂質が少なければ、体に脂肪を貯蓄することもありません。これらの要素から、鯨肉はとても優秀な食材であるといえます。

だからこそ、飽食になる前の時代を支えていたのでしょう。

参考日本食品標準成分表PDF(くじら肉)|文部科学省

日本食品標準成分表から、くじら肉ととり肉。タンパク質で成分を比べてみたところ。
上がくじら肉、下がとりにく(もも・ささ身)
タンパク質の部分で比べています。
スポンサーリンク

再開後の初競りはキロ4500円以上でまだ高い

<商業捕鯨再開>待望の初物 市場に活気 仙台と石巻で競り
31年ぶりに再開した商業捕鯨で水揚げされた鯨肉が4日、仙台市と宮城県石巻市の市場で初めて競りに掛けられた。待望の初物入荷で、市場は商業捕鯨への期待とご祝儀相場に沸いた。 仙台市中央卸売市場(若林区)に

1キロの肉塊が音速で飛んでくると、肉の角に頭をぶつけて死ぬかもしれません。──それは置いといて、ここからステーキなり刺身に加工され、我々の食卓に届いています。

問題は”消費先が不透明なところ”──。

今の30代以下で鯨肉を食べたことある人は少ないてか、ほぼ居ないのでは? 一応食べたことのある身としても、特別おいしいわけでもなく、「肉やな」って記憶しかありません。”鯨肉のたつた揚げ”は、脂がまったくない牛肉みたいな感じ。馬肉に近いかな。

「捕鯨は文化」と声高々にするのは自由。でも大事な資源を最後まで面倒みないと、多くの人からは”乱獲”としか映らないでしょう。その辺の配慮が欠けているんですよねぇ。

究極の安価ダイエット食になるスペックはあるが…

低カロリー高タンパクな鯨肉は、値段次第で鶏ササミより有能な低コスパダイエット食になりえます。

健康なりダイエットの効果を全面に出したウェブ広告はメチャ胡散臭いですが、「ガッ○ン」などTV番組で取り上げられれば必要以上に売れる価値はあるでしょう。実際食べた経験があると、低脂質で高タンパクなのは……なんとなくわかります。

とはいえ、ガチで筋肉つけたいならプロテインのほうが効率はいいです。でも他栄養素も補うためには、鯨肉などの精肉をメインにしたほうが安全なダイエットができます。

ただし、食事で痩せたい考えはマジで家計に響くから注意してね!

コラムニュース
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました