RBBサーフシューズ|足裏に砂がつくのが嫌な人にオススメ!

RBBサーフシューズ|足裏に砂がつくのが嫌な人にオススメ!

真夏のサーフはサンダルやクロックスをはく方が多いと思います。楽なんですけど、足裏に砂が入り込んで気持ち悪く感じることが多々ありました。これをどうにかできないもんかと……。

そんな折、RBBのサーフシューズが自分の理想と一致しすぎていたので、こいつを推したい!

スポンサーリンク

RBBのサーフシューズがイチオシの理由

夏のサーフゲームはサンダルで十分なのですが、寄せ波をかぶると足裏に砂が溜まって歩きにくくなる難点があります。サラサラの砂でも歩く時に巻き上げるので、足裏につくのは避けられぬ宿命でした。

それを防ぐために、水抜きがよかったり撥水素材の「サーフシューズ」が存在します。

ところが、市販品の多くはスニーカー程度のカカトの高さ。これでは砂が内部に入り放題だし、サンダルより脱ぎにくいだけ不便な問題がありました。あの設計をした奴らは絶対現地で使ってないと思う。──で、

ようやくサーフシューズの理想形に出会いました。それがRBBのサーフシューズです

RBB サーフシューズ - リバレイコレクション
ブラックブルー2019SS NEW砂の侵入を防ぐ業界初にニット製法による広大なサーフゲームを攻略するサーフシューズ。抜群の水抜けとEVAミッドソールによるクッションにより砂浜での釣行が快適に。

足首まであるカカトの高さ……。これは絶対わかってるわぁ。

ごく微小の砂粒まではガードしきれない模様

リバレイのサーフシューズはいいぞ
https://sohshin-fishing.jp/?pid=139173931

RBBのサーフシューズは、足首部分にベルトを締めることで、砂の侵入を最小限にとどめることができます。しかし小さい粒子まではガードしきれない模様で、注意書きにも丁寧に書いてあります。

砂の侵入を防ぐ業界初にニット製法による広大なサーフゲームを攻略するサーフシューズ。
抜群の水抜けとEVAミッドソールによるクッションにより砂浜での釣行が快適に。
より足首にフィットするようナイロンベルトを前作から継承
※製品の特性上完全に砂を防げません。微粒子の砂は侵入することがあります。

https://sohshin-fishing.jp/?pid=139173931

うんうんいいんだよ。他社の製品なんて、靴の中に砂浜ができちゃうレベルで入ってくるのもあるからね……。

素材は基本的に水を通します。なので波打ち際でヒュンヒュン投げたあと、帰り道の過程で乾いちゃうくらい。靴底に抜け穴があるので、突起物がある岩場を歩く時は注意しましょう。もしもガラス片が刺さったら捨てた人間を恨むように。

サイズ展開は「S24.5cm」「M25.5cm」「L26.5cm」「LL27.5cm」「3L28.5cm」と5種類。足幅がフィット感というか密閉を優先しているためか、気持ちサイズを大きめにしないとキツキツな人もいるかと。なので試着してからをすすめます。

ルアーメンには靴が必要でサーファーはサンダルでOKな理由

足首まであるサーフシューズがありそうでなかったのは需要の問題かと考えます。

サーフルアーは(一応)人気ジャンルとはいえ、RBBサーフシューズと同タイプの靴が他の釣りで使えるのかといわれれば、汎用性が乏しいといわざるをえません。その理由は、求められる機能がかなりニッチなんですよね。

  • 砂の上を歩くだけだから足元は軽くしたい
  • 水に濡れてもすぐ乾く素材にしたい
  • 靴の中に砂は入れたくない
  • 夏の砂上は熱いからソールは確実に、そして柔かめでよろしく!

似たタイプだと鮎釣りや渓流のフェルトシューズが該当します。これらはカカトは低いし、むしろ水を入れたくない設計です。スニーカーより重かったりするし、ソールが硬いので砂上を歩くには向いていません。

「それならサンダルかクロックスでよくない?」と、誰もが思うでしょう。まったくその通りだし、だからサーフシューズにはそういうモデルしかなかったんです。

じゃあなんで足首まであるシューズが産まれにくかったか。サーフを遊び場とするのはサーファーのほうが多いし、彼らはサンダルかスニーカーで事足りるため、靴タイプが必要とされていなかった背景があります。

カカトが短いシューズは存在していたので、それがサーフルアーに流れてきたようなもんです。だから独自に作る必要があったわけですが、サーフルアーが釣りの中でも”一部”すぎるから、ラインを別にして生産するメリットが皆無だった──。

そんな大人の事情が見え隠れします。

ストッキングウェーダーの靴部分だけ売るメーカーがいるらしい

そこで頑張って欲しいのは、サーフブランドを持つシマノですが……。この製品を見た瞬間に先の”大人の事情”がよくわかりました。

サーフウエドシューズ|フットウェア|ウェア|製品情報|シマノ -SHIMANO-
シマノ釣り製品情報を始め、各種イベント情報など、フィッシングシーンをサポートする情報をご提供する公式サイトです。私たちシマノは釣り具という製品を通じてあなたとご一緒したいと考えます。海も川も湖も、そこに魚たちがいる限り、人と魚たちとの出会いのドラマは無限です。この素晴らしいドラマをこれからも永遠に継承するために、テクノ...

お前これ……ストッキングウェーダーの靴部分やんけ! 水が入らないことを想定したソールだし、おまけに12,400円とか、それならRBBのシューズ色違いで2セット買うわ!

……視点を変えると、ウェットスーツに組み合わせるのが妥当じゃないかな。

スポンサーリンク

サンダルでサーフルアーもいいけど日焼け防止にも靴がいいよ!

真夏に素足でサンダルは、日焼け跡が残って困ることもあります。それを防ぐためにも、タイツをはいてハーフパンツをあわせ、サーフシューズで露見する足首も日光からガードすれば、下半身の日焼けは心配がいらなくなりますね。

クロックスのように、穴が複数空いているサンダルで焼けると、水玉模様に赤くなってキモイから要注意。ネタにするのもいいけどね!

インプレウェア・アパレル
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生