【リバレイ】RBBサーフシューズは足裏に砂がつくのが嫌な人にオススメ!

RBBサーフシューズ|足裏に砂がつくのが嫌な人にオススメ!

真夏のサーフゲームで、サンダルやクロックスをはく方が多いと思います。

はる@釣行中
はる@釣行中

確かに楽ですけど……、足裏に砂が入り込む感触、気持ち悪くないですか?

そんな折、このRBBのサーフシューズが自分の理想と一致しすぎていたので、こいつを推したい!

RBBのサーフシューズがイチオシの理由

夏のサーフゲームはサンダルでも十分。

ですが、波をかぶると足裏に砂が溜まっていき、歩きにくくなってしまいます。

この問題を解決するアイテムは、撥水素材で水抜けもいい、サーフゲーム専用設計の「サーフシューズ」がおすすめ!

中でも理想形といえるのが、RBBのサーフシューズです

RIVALLEY FISHING GEAR
リバレイフィッシングギア

ごく微小の砂粒まではガードしきれない模様

リバレイのサーフシューズはいいぞ
https://sohshin-fishing.jp

RBBのサーフシューズは、足首部分にベルトを締めることで、砂の侵入を最小限にとどめることができます。

しかし小さい粒子まではガードしきれない模様。それは注意書きにも丁寧に書いてあります。

砂の侵入を防ぐ業界初にニット製法による広大なサーフゲームを攻略するサーフシューズ。
抜群の水抜けとEVAミッドソールによるクッションにより砂浜での釣行が快適に。
より足首にフィットするようナイロンベルトを前作から継承
※製品の特性上完全に砂を防げません。微粒子の砂は侵入することがあります。

https://sohshin-fishing.jp/
はる@釣行中
はる@釣行中

うんうん、それでもいいんだよ。

他社の製品なんて、隙間が多くてシューズの中に砂がどんどこ溜まるから、試してないだろっていいたいくらい。

サーフシューズは基本的に水を通します。

しかし水抜けも良く乾きやすい。帰り道の過程で乾いちゃうくらいです。

ただし足を保護する観点では、素材の弱さが弱点になります。突起物がある岩場(磯とか)を歩く時に選ぶべきじゃありません。もしもガラス片が刺さったら捨てた人間を恨むように。

RBBサーフシューズのサイズ展開は、

「S24.5cm」「M25.5cm」「L26.5cm」「LL27.5cm」「3L28.5cm」

と5種類。

フィット感より密閉を優先しているためか、気持ちサイズを大きめにしないとキツキツな人もいるかと。

はる@釣行中
はる@釣行中

試着してからをすすめます。

ルアーメンには靴が必要でサーファーはサンダルでOKな理由

足首まであるサーフシューズがありそうでなかったのは需要の問題かと考えます。

サーフルアーは(一応)人気ジャンルとはいえ、RBBサーフシューズと同タイプの靴が他の釣りで使えるのかといわれれば、汎用性が乏しいといわざるをえません。

その理由は、求められる機能がかなりニッチだから。

  • 砂の上を歩くだけだから足元は軽くしたい
  • 水に濡れてもすぐ乾く素材にしたい
  • 靴の中に砂は入れたくない
  • 夏の砂上は熱いからソールは確実に、そして柔かめでよろしく!

似たタイプだと鮎釣りや渓流のフェルトシューズが該当します。これらはカカトは低いし、むしろ水を入れたくない設計です。スニーカーより重かったりするし、ソールが硬いので砂上を歩くには向いていません。

はる@釣行中
はる@釣行中

「それならサンダルかクロックスでよくない?」

と、誰もが思うでしょう。まったくその通りだし、だからサーフシューズにはそういうモデルしかなかったんです。

もともとサーフシューズはサーファー向け。

「歩ければいい」程度の機能性で十分だったから、カカトが短いシューズが主流でした。

ストッキングウェーダーの靴部分だけ売るメーカーがいるらしい

そこで頑張って欲しいのは、サーフブランドを持つシマノですが……。

この製品を見た瞬間に先の”大人の事情”がよくわかりました。

トップページ | SHIMANO シマノ
シマノ釣り製品情報を始め、各種イベント情報など、フィッシングシーンをサポートする情報をご提供する公式サイトです。私たちシマノは釣り具という製品を通じてあなたとご一緒したいと考えます。 海も川も湖も、そこに魚たちがいる限り、人と魚たちとの出会いのドラマは無限です。この素晴らしいドラマをこれからも永遠に継承するために、テク...
はる@釣行中
はる@釣行中

お前これ……ストッキングウェーダーの靴部分やんけ! 水が入らないことを想定したソールだし、おまけに12,400円とか、それならRBBのシューズ色違いで2セット買うわ!

……視点を変えると、ウェットスーツに組み合わせるのが妥当じゃないかな。

error:Content is protected !!