【ハゼルアー】簡単な釣りをあえて難しくする楽しみ

ハゼルアー|簡単な釣りをあえて難しくする楽しみ

ハゼは沿岸で最もチョロいターゲット。……といえば、名人サンが論破にとりかかりそうですが、理由は後にまとめてあるのでご覧ください。今記事は「なぜハゼルアーが流行したのか?」に焦点をあてています。

『ハゼクランク』の登場でエサ無しでも釣れるチョロさがバレてしまい、次なる刺客は『ハゼスプーン』。これらのメソッドから分かるのは、簡単をあえて難しくするのも、釣りの楽しさであること。

それが”ハゼをルアーで釣りたい”考えにあります。

スポンサーリンク

数匹がけも可能なハゼをあえて1匹ずつ釣る選択

ハゼ釣りの盛期は7~10月の期間。5月頃には多くのハゼが沿岸に登場しますが、サイズが小さすぎるので、釣りの対象になる”まぁまぁサイズ”は7月以降になります。

ハゼ釣りが人気なのは、人の手に届きやすい存在であること。個体数が多く浅い波打ち際にもたくさん居るし、食べて美味しい釣って楽しい! という貴重な存在です。入れ食いを体験しやすいのも人気の秘密ですね。針が多い投げ釣り仕掛けなら、5連10連も可能なくらいチョロい……エサをつけて投げる過程が面倒すぎますが。

釣り人は”簡単に釣れる”という言葉に弱い。でも慣れると必ず”欲”が出てきます。

それが腕(テクニック)で釣りたいという願望。それが「ハゼをルアーで釣りたい!」という行動に繋がり──結果、流行したと考えます。

ハゼをルアーで釣る選択肢は主に3つ

ハゼは好奇心旺盛で、眼前で動くモノならなんでも食べる食性があります。なので疑似餌でも釣れる期待値は高く、ショアジギングでも釣れた経験のある人はいるのではないかと(経験済)。

ルアーで釣る選択肢は主に3つ。

  • ハゼクランク(クランクベイト)
  • ハゼスプーン
  • 小型ジグヘッド+ワーム

あらゆるアングラーの意表をついたのが「ハゼクランク」の存在でしょう。プラグでも釣れるとは……なんてチョロさなんだ……! そう思った人も少なくないと思います。

道具の少なさはピカイチなハゼクランク

ハゼクランクは小型のクランクベイトを使うだけのシンプルな釣り。ポイッと投げて着底させ、ボトムを這うようにゆっくり巻くだけで釣れます。チョロい

わざわざPEラインを使わなくとも、ナイロン1号の直巻にクランクをそのまま結ぶだけで十分。なのでルアー釣りの中でもかなりシンプルで、道具も少なくて済むし費用も抑えられる。なので初心者を沼に引きずり込むにはもってこいのジャンルですね。

ハゼクランクの値段は1個400~1,000円ほど。単価で考えると高く感じますが、無くさない限りハゼを釣り続けれるって強くない?

唯一ある残念要素は、巻いているルアーにハゼが飛びついてくるので、アワセもバイトも何もなく”釣れちゃう”のがつまらなく感じるかもしれません。でも大抵のルアーってそんなもんです。

思っていたのと違ったハゼスプーン

ハゼスプーン」があると今年知りました。……とうとうクランクでは釣るのも飽きたんだなぁと思いつつ、現物を見てみると──私の想像と違ったモノがそこにあった。

XESTA【豊富な種類と安心の価格、釣り具ブランドゼスタ】
豊富な種類と安心の価格、釣り具ブランドXESTA&#1...

いやこれ、オモリ付きの投げ釣り仕掛けと何が違うんだ? ”スプーンのゆらめきが誘う”とか、それならスプーンのフックに、エサかワームつければよくね? とツッコミたい。これに関しては”釣り客がチョロい”と思いました。

一方でダイワのハゼスプーンは「これやろ」感はあるけど……。

どう見ても普通のスプーンなのに、専用モデルにするとハゼが釣れちゃう感じがする。アングラーは釣具メーカーにとってチョロい存在でなければいけないのだ。

小型ジグヘッドでフィネスればいいじゃない

もっとも魚とのやり取りを感じ取れるのが、小型ジグヘッドにワームを使ったライトゲームスタイル。アジングタックルで汎用できるし、リールでキャストしなくても、4mの延べ竿(10ft以上)でも十分成立するのが魅力です。

──いやいや、そうなら延べ竿のミャク釣り仕掛けで、エサ部分をワームに変えるだけでいいのでは?

江戸前のハゼ・ミャク釣り入門/仕掛けの準備 | 釣り方・釣り具解説 | Honda釣り倶楽部
【達人が教えるハゼ・ミャク釣りのコツ(3)】軽いオモリと短いハリスがポイント。ハゼ・ミャク釣りの仕掛けについて、江戸前の釣りに親しむ長谷文彦氏がわかりやすく解説しています。

ハゼ釣りは選択肢が多いからこそ、無駄を省くほど基本に戻る気がします。

スポンサーリンク

ハゼ釣りがチョロい理由

ハゼ釣りはなぜこうも人気なのか──。

手が届きそうな水辺にいる。どんな小さなエサでも食いついてくる。数が釣れやすく入れ食い体験も。仕掛けをカスタマイズする選択肢の多さ。食べて美味しい。そしてチョロい。

なぜ「チョロい=釣れやすい」かは、ハゼの生態に秘密があります

ハゼ科は世界で約1359種。国内では約493種生息しています。魚釣りにおけるハゼは「マハゼ」の1種を指しています。マハゼは春に産まれ、1年後に産卵をすることで一生を終える、越年しない魚。アオリイカもほぼ同じ生態ですね。

DAIWA:FISH WORLD

越年しないタイプはアングラー側にメリットがあります。それは学習による”スレ”がないこと……。スレがないからチョロさが加速する。

ハゼ釣り界は毎年フレッシュな新人がやってくる!

ハゼ釣りを現代社会に形容すると、「○年卒入社してきた新人達にマニュアル通りの説明を事務的にこなすパイセン」みたいな感じです。

マニュアル通りなら”無難”にすむ。それは新人たちも望んでいること。しかし、ちょっと笑いを取ろうとして無視されたり、新人ちゃんに色目を使って部署からスカンされたり、歓迎会に出席しなかったことで覚えられていないパターンもあります。

つまり(?)、ハゼはセオリー通りに攻めるのが一番妥当です。

じゃあセオリーってなんだ? それはハゼが食べるエサかそれに近いモノを動かして見せること。それさえ解れば、ハゼをエサで釣るのもルアーで釣るのも、方法は違えど本質は同じだと気づくはず。

どっちorどれが効率的かは関係ない、方法は人の自由だし、結果──釣れれば楽しい!

ハゼ - Wikipedia
天皇陛下のご研究のご著書などについて - 宮内庁
エギングをするなら知っておくべきアオリイカの生態
アオリイカの生態を知ればエギングの釣果も変わる エギングに限らずどんな釣りでも同じことが言えるが、狙っている魚種の生態を知らなければ多くの釣果を期待することはできない。 逆に言えば生態が分かれば攻め方やいる場所などが自然
インプレルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました