釣果写真はRTよりいいねが伸びる理由

SNSの釣果写真で「いいね」の比率が高すぎる疑惑

SNSの釣果写真で気になることがある。

「いいね!」のだけやけに数が多すぎない?

いいねは200あるのにRT1桁とか、よくあるよね。なぜそうなるのかを考えると、アングラー同士の心理戦が繰り広げられていると気づきます。

SNSの釣果写真で「いいね」の比率が高い理由

※今記事はTwitterを例にしています

アングラーは釣果写真の投稿に、「いいね!」ボタンだけで反応することが多い。それはなぜだろう……。

考えるまでもなく、単純なことです。

RTすると「○○で魚が釣れた」という情報を拡散してしまうため、ポイントの奪い合いを手助けすることになるから。

いいねは160もあるのにRTがひとつもない

釣り人は昔から”釣れた情報”を秘匿したがります。

どこそこでタチウオが釣れたとあれば、翌日は堤防が釣り人だらけ──は日常だし、あのサーフで座布団釣れたとなれば、もうびっしりとアングラーが並びます。

そう……釣果情報は時間との勝負!

だからこそ、誰よりも早く知りたいし、あわよくば独占したい! だって、ライバルが増えるだけだから。

えちえちな画像もイイネが多い傾向だから、釣果写真はアングラーにとってエロ画像かもしれない

Twitterには、フォロワーが「いいね」を押した投稿も、こちらのTLに流れてくることがあります。

エロなりセンシティブな話題は、RTよりもいいねが多い傾向があります。それはフォロワーに「あの人こんなの見てるんだ……」と知られないため。しかし、いいねだけでも広がる可能性はあります。

釣果写真にいいねが多いのは、アングラー達にとってセンシティブな投稿であり、なるべくなら他人に知られたくない事なのでしょう(大体あってる)。

最近は魚以外にモザイクをかけるなど、ポイントの秘匿に手間をかける勢も見受けられます。

……そういうの見ると、なら投稿しなければいいじゃん、と思ってしまう。私はそこまで秘匿する気はないし、私有地以外はわかるように公開しています。

画像の一部を隠さないと投稿できないのは、なんらかの不正を疑われても仕方ないと、心の留めておいていただきたい

特集記事

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生