水産庁「年中サンマ捕るようにしたら激減したけどナンデ?」

水産庁「年中サンマ捕るようにしたら激減したけどナンデ?」

サンマの水揚げ量減少により、通年操業を許可したのが2019年の3月。

資源量が目減りしているのは明らかなのに、年中捕れるようにすれば、サンマが減るいっぽうなのは誰でも理解できること。そしたら今度は「サンマが居ないの!」と、漁獲規制を設けることを考え出したようで……。

無能さがヤバない?

スポンサーリンク

サンマの資源量がヤバそうだから規制するかも

通年操業が今年3月に許可されて、春先に”秋刀魚の初漁”をしたことが話題になり、水産物の季節感がガバガバになってきました。

捕れるはずのない季節に水産物が登場すると、レア物なお値段がつくことが多いのが市場の道理──、それを期待しての”通年操業”。しかしスーパーで見かけても、価格は盛期と大して変わらないし、むしろ安いまである

……なんだかオカシイ。まあ昨年の冷凍物とか貯蔵分を出しているかもしれないけど。

エラー|NHK NEWS WEB

そして今度は「このままだと居なくなりそう」と、水産庁が漁獲枠を設けることを提案しそうな運び。いったい誰が悪いのだろうか。

サンマの不漁は漁場を見直すか輸入に頼るかにかかっている

そもそもサンマはどこから来て、どこで捕れているのだろう? それを知るために、「サンマ 北太平洋 平成29年度資源評価結果」を参考に、簡単にまとめてみました。

サンマ 北太平洋H29年度資源評価結果。生活史と漁場形成模式図
日本の漁場が思っていたより狭かったことに驚く

サンマの分布は太平洋と北太平洋に広いけれど、日本の漁場は青で塗りつぶされた近海のごく一部。全体からすると数%程度ですね。つまり、その範囲に”サンマが来なければ捕れない”わけで、簡単な漁ではないとわかるでしょう。

なぜ漁獲量が減っているかは、いくつかの要素が考えられます。

  • 世界からサンマが減っている
  • 温暖化でサンマの回遊ルートが漁場と時期から外れている
  • 他国による乱獲

大勢の意見はこの3つに落ち込むのは知っての通り。政府の言い分は(1)と(3)がメインですけど、それを完全に証明がしきれていません。(2)は実際に操業している漁師の意見で、温暖化によって海水温が上昇し、決められた漁場にサンマが来ない了見。

不漁の原因はどれかひとつが悪ではなく、それぞれが絡み合って「サンマが居ない」状況を作り出しています。

他国も捕るようになってから減っているのは確か

サンマ漁獲量、日本と各国の推移 「1950~2015」
もう台湾から輸入すればいいんじゃねぇかなグラフ

このグラフを見ると、2000年以降に他国がガンガン操業をはじめて、2015年には日本と台湾の漁獲量がほぼ同等になっています。そこに中国とロシアも追加されるんだから、サンマ絶滅もまったなし──。

グラフだけ見ると不漁の原因はそう捉えやすいですが、日本だけの水揚げ量も目立ちます。

もし反省点をあげるなら、各国の介入前に”どれだけ捕っていいか?”の目安を決めれなかったのがひとつ。他国と漁獲枠などの協定を結べなかったのもひとつ。イワシ・アジと同様に、大衆魚はいくらでも増えるし当たり前に捕れる! ……と思い込んでいたのがひとつ。

簡潔にまとめると、誰も管理しようとしなかったツケが訪れているだけです。

特に漁獲量が多く、先進国である日本がそれをしない時点で、TAC制度は成り立ちません。見よう見まねで「適当でもいいから決めとくと世間ウケいいから(笑)」とでも考えているんじゃないですかね。

スポンサーリンク

サンマも絶滅危惧入りしかねない

……サンマ全体の漁獲量から考えるに、”総水揚げ量”は一定のラインだから、日本は輸入に頼ればいいだけの話。TPPが発効していればその恩恵も受けることができますね。しかし国産以外のサンマが受け入れられるかどうかは別の話。

資源管理の問題は至極単純。100%から50%を捕った場合、残った50%が80%まで回復させるなら、増えた分の30%を捕り続ければいいだけの話。

総資源量に関しては、その学術的根拠を定めるのが難しく、研究も重要視されないため、対策が後手後手になりすぎて取り返しがつかなくなっているのが今の現状。「○が食べれなくなる?」と注意喚起をしていますけど、減った原因と解決策をロクに報道しないのも、歯止めが効かなくなっている要因なのでは?

サンマの資源管理についての対策
他国を規制して自国を自由にしているのは草

サンマ1匹の産卵数は約2000個で、これは数万個クラスのサバやイワシに比べると遥かに少ない。そのサバとイワシですら減少傾向なのに、回復見込みが低いサンマがすぐ増えるわけもありません。

農業は土壌を用意して種をまいて実った分だけ収穫しています。漁業は養殖以外でその方法をとれないため、資源を”与えられている”意識を持たない限り、ずっと「○が食べられなくなる! タスケテ!」と間抜けな意見を繰り返していそう。

※参考資料

H30【国資】サンマTAC意見交換会「 サンマ 北太平洋 平成29年度資源評価結果 」

不漁続くサンマ漁 通年操業を許可|NHK政治マガジン

サンマはまだまだ謎がいっぱい

コラム ニュース
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました