【土用丑】ウナギの代用品マーケティングまとめ

【土用丑】ウナギの代用品マーケティングまとめ

土用丑のたびに、ウナギの代用品についての話題が浮上してきます。今年は斜め上の案を見つけたので、この記事を書こうと思いたちました。

いつから「蒲焼を食べる日」にすり替わったのだろう。

スポンサーリンク

年々増える鰻の蒲焼の代用品たち

ウナギの数が少ないことが浸透して以来、「土用丑」が来るたびに騒がれるのは、その値段や消費量のこと。2019年現在、スーパーに並んでいるウナギ1本の価格が、高止まりしているらしい──。

なのでまさに今、真ウナギを買えるギリギリの価値をつけた! ともいえます。これよりは上がらない、価格が下がる希望しかない! というわけです。

土用の丑の日 - Wikipedia

市場は土用丑に乗っかる、露骨な「蒲焼商法」が恒例になってきました

今年もなかなか粒揃いで、新たな境地を切り開いたところも……。でも「ウナギに代わるのはウナギしかいない!」と、業者みずから答えを出しているようなもんだなと、まとめている最中に気づきます。

それではどうぞ。

流用される長もの「アナゴ」「ナマズ」

アナゴは見た目も同じだし王道ですね。関東ではポピュラーな存在ですけど、全国区だとイマイチなこともある。「アナゴ丼よりも寿司で食わせろ」……なんて声もあるとか、ないとか。個人的には丸々2匹をふっくら炊き上げて、重で食べてみたい。

”ウナギの代用といえば”の代表格になったのがナマズ

泥臭いイメージが強いが、それは下処理もせず食べた雑な釣り人の業。アメナマは食用に輸入された背景もある。その身は白くて脂も多く、開いた姿はまさに”ウナギの蒲焼”とクリソツ。綺麗な水で養殖すれば臭み抜きがいらないし、”稼げる魚”として近年注目されている

にょろにょろした長物なら、他にも「クロアナゴ」や「ウツボ」も推しておきたい。クロアナゴは一般的じゃないけど、見た目がデカイうなぎなので、そっくりを作るには向いています。ウツボは和歌山と高知なら普通に蒲焼がありそうですね。

もともと蒲焼がある「サンマ」「イワシ」

サンマとイワシ、どちらも大衆魚ですが、漁獲量が減る中でも蒲焼として加工されています。

これらはスーパーで鮮魚が手に入りやすく、自分で好みに作れるメリットがあります。そのため「蒲焼レシピ」も多く発案されています。「タレつければ同じなのでは?」という考えは、発案者がキレてしまうから要注意だ!

さんまの蒲焼きのレシピ 1840品 - クックパッド
「鰻のタレでさんまの蒲焼き」「さんまの蒲焼き缶詰め寿司」「さんま(いわし)の蒲焼き」「南房総市給食◆さんまの蒲焼」など

ウナギの代用品開発といえばイオンの風潮

土用丑商戦で必ず話題にあがるのが、イオンが開発した「ウナギの代用品」のお披露目。商品開発部が有能なのか、それとも柔軟な発想を受け入れる上層部が有能なのか──。まずはこちらの記事を読んでいただきたい。

イオンのうなぎ商戦に変化 代替品の存在感がどんどん増している (1/3)
イオンの土用の丑の日セールが本格化する。代替蒲焼の存在感は年々高まっているが、セール全体の売り上げに占める割合もここ数年で倍増した。

イオンでよく見る「パンガシウス」は、謎の魚と一時的にバズりやすい印象。最近は切り身で売られていることも多く、冷凍じゃなく生鮮で見ることも多くなった。業務スーパーやコストコでも販売され、大衆に根付きはじめたニューカマーです。

まぁ、見た目は全っ然似てないんですけど。

【17】新顔の白身魚 ~パンガシウス~ | 東冷'S WORK | 東洋冷蔵株式会社

んで、有能なイオンの方々が今年出してきたのが……なんと……! 鮭のハラス蒲焼ッ!!

……塩焼きで出したほうが安定して売れるんじゃね?

ガチの代用品「うな次郎」「ほぼうなぎ」

ここまでおよそウナギの代用品とは呼べず、ただ蒲焼にしただけじゃないかとツッコミたい品々でした。しかしこの2品は違います。マジで似せにきています

一正蒲鉾株式会社 - うな次郎
かまぼこ ちくわの老舗カネテツ 公式通販「てっちゃん工房」
大正15年創業 練り物専門店、カネテツデリカフーズの公式ショップ「てっちゃん工房」 【送料無料】ほぼシリーズお試しセットがお買い得!

まぁどっちも「すり身」で「かまぼこ」なんですけどね。──でも食事は「目で食べる」ともいいますし、うな重な見た目を表現するに、これほどベターな選択肢はないと思います。

なにより安いしね。ウナギ白焼き1本でうな次郎4パック買えるで!

とん豚ひつまぶし(?)

名古屋メシといえばひつまぶし。ひつまぶしといえばウナギ。……土用丑で話題にあがることがほぼないが、名古屋県の土用はひつまぶしって信じてる(思い込み)。

なにやら赤羽に、「とん豚ひつまぶし」なる商品があるらしい。ひつまぶしのウナギ部分を豚の角煮にしているとのこと。

赤羽名物の豚角煮ひつまぶし!ウナギに負けないふっくら&香ばしさを追求 - たべぷろ
「ひつまぶし」といえば、言わずと知れた名古屋名物。一食を「そのまま」「薬味と一緒に」「だしをかけて」の三つの食べ方で楽しむことができるメニュー。これをウナギではなく豚肉でアレンジしたのが、「海里」の「とん豚ひつまぶし」だ。

これはもう実質「豚丼」では?

スポンサーリンク

蒲焼のタレで黄金色にすれば……蒲焼になるでしょ

ここまで書いてふと気づいたのは、「蒲焼のタレを使う料理を出せばOK!」みたいな風潮になっていないか? と。ともかく、蒲焼のタレの万能さを思い知らされたようなものである。そのため、土用丑は「蒲焼を食べる!」に流れが変わっている気がしないでもない。

それはそれでウナギの消費を抑えられるし、食の選択肢が増えるのはいいことだと思います。

土用丑の日の概念が壊れ始めていないか?

”土用丑”は間違いなく、年間でもっともウナギが消費される日。この日が訪れるたび、平賀源内の業がとりあげられる。

もともと夏でやせ細り、売れないウナギを売るキャッチコピーがはじまりなので、1年で一番ウマイ日とか、そういう特別なこともありません。ウナギの旬は冬です。でもそれは天然物に該当する旬ですけどね。養殖の利点は旬を調整できることです。

なんにせよ、おうな様を育てて運んできてくれた関係者各位と、海の恵みと神秘に感謝して、土用丑を迎えたい。……といいつつ、21日におうな様食べたマンが書きました。

1年間活躍してくれたタレだけど、少し辛かったです。薄めるとトロミが弱くなるし、なかなか融通が効かなかったけど、量が多くて安いから許せるッ!

コラムニュース
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました