水辺のアウトドアでも暑いものは暑い!魚釣りの暑さ対策はどうすればいい?

冷感グッズを使いこなして真夏を乗り切ろう!

魚釣りは水辺のアウトドア。

夏は涼しいイメージが強いけど、気温が高いし日差しは強いで、暑いものは暑い。むしろ室内よりもリスクがあります。

暑さ対策を怠ると、熱中症でダウンしちゃいますよ!

真夏のアウトドアに欠かせない暑さ対策とは?

夏のアウトドアは暑さ対策が必須です。

外は風があるし、密閉された室内よりは涼しく感じます。でも……日光を直接浴びて日焼けすることが最大のリスクになります。

日焼けすると肌が乾燥するため、保湿効果が薄まり、そよぐ風で涼しく感じなくなります。体内から水分も失われるため、脱水症状を引き起こす要因にもなります。

夏のアウトドアは、「直射日光を遮ること」をなによりも優先してください。

となれば、ベストな装いの答えは自然と出てきますよね。

なるべく肌を露出しない服装が、夏のアウトドアではベストな選択なのです。

暑いからって半袖短パンは愚策!

半袖短パンで釣りをする人はよくみかけます。確かに見た目も涼しく、夏の到来を感じさせます。

しかし、熱中症対策としては、愚策としかいえません。

露出した肌は日焼けをし、乾燥肌になります。肌が乾燥すると汗をかきにくくなるし、体温を下げる効果も弱まります。

結果として、熱中症になりやすくなってしまいます。

半袖短パンでも、できる対策はあります。

アームカバーは半袖でも着けることができるし、タイツもトイレなり車内で短パンを脱げば簡単に履けます。たったそれだけの手間で、日焼けする箇所を激減できます。

アームカバーやタイツは、冷感素材を選ぶといいでしょう。風が通ると涼しく感じるので、アウトドアで効果を発揮します。

ランニングにも使えますよ!

冷風扇付きジャケットが最強の対策グッズ

扇風機がついている作業着があります。

……実はこれ、最強の暑さ対策グッズなんですよね。「空調服」と呼ばれています。

「ちょっとダサくない?」と思うかもしれませんが、熱中症は命にかかわります。命あってのアウトドア。暑さ対策は万全にしましょう!

作業着をベースにしたものが多いですが、トレーニング用で通気性とスタイルを重視したモデルもあります。

空調服は電源となるモバイルバッテリーが課題でした。容量が限られるし、重くなるしね。

今は安くなったし、薄く軽量なものもあるため、以前より邪魔に感じることはなくなりました。