冷感グッズを使いこなして真夏を乗り切ろう!

冷感グッズを使いこなして真夏を乗り切ろう!

夏の魚釣りはとにかく暑い! 水辺のアウトドアなのに暑い!

熱中症対策に水分補給は欠かせませんが、涼しむための冷感アイテムも必須です。いくつかオススメを選んでみました。

スポンサーリンク

真夏のアウトドアに欠かせない暑さ対策

真夏のアウトドアは暑さ対策が欠かせません

炎天下(アウトドア)における”体を冷やす方法”は限られています。水浴びする、木陰で涼む──など、対策はありますが、魚釣りは水辺のアウトドアなのに、なぜか水に入れません。危ないからね、仕方ないね。

堤防のコンクリートは肉が焼けそうなくらい熱くなるし、水面の照り返しがキツイし、海風も熱気をはらんで襲ってきます。魚を釣るために我慢して、熱中症で病院送りになっては、他に迷惑をかけてしまいます。……ならどうすればいいか。

冷たく感じる物を使う“のがコツです。

冷感タオルで首筋を冷やす

冷感タオル(クールタオル)」は暑さ対策の中でも、最も簡単で安いグッズです。

水に濡らしてブンブン振ればあら不思議、気化熱の作用でひんやりタオルが出来上がります。現地で海水を使うのはオススメしません。使うなら、あらかじめ濡らして持っていくか、飲料水を利用しましょう。アウトドアだけでなく、車内や室内でもけっこう役立ちます。

熱中症対策をするには、体温を下げることが先決。そのために首筋を冷やすのは効果的で、冷感タオルはその役目を十分担ってくれます。風が強めの日なら寒く感じるレベルですよ。

大体ケース入りなので、出かける前に濡らしておくといいでしょう。ホームセンターやドラッグストアでも見かけます。

冷感素材の肌着を選ぶ

冷感素材の肌着は持続的な涼を得るのに適しています

冷感タオルと同じく気化熱を利用したタイプが多く、自分の汗が蒸発する作用でひんやり感じます。肌着に使えるので、いつでも身に着けることができるのが強み。清潔感もあるし日焼け対策にもなるのでオススメ! 半袖よりも長袖をオススメします。

長袖をすすめる理由は、上半身全体に効果が及ぶため。半袖は日焼けして余計熱く感じてしまいます。肌の保護も両立できる優れものですね。

人気上昇!扇風機付きのウェアはダサくない

いくら高温でも、風があるのとない日は体感温度が違います。最近は服に扇風機が付いているウェアが多くなりました。自然の風がないなら、技術で起こせばいいじゃない理論。

服に付いているのは作業着タイプが多く、扇風機の数もバリエーションがあり、多いほど涼しくなります。もともとは外作業のためですが、最近は簡易に装着できるランニング用なども増えてきました。いつでも使えるハンディ扇風機も話題になりましたね。

ハンディファンは夏になると、ドンキで腐るほど売っていますね、街歩きのお供に現地で買うのも手軽でいいです。

スポンサーリンク

アングラーの暑さ対策は組み合わせ次第

夏は日中に風が強くなりやすいので、冷感シャツとタオルの組み合わせで十分乗り切れます。飲料水も忘れずに!

夜は風が弱くなりやすく、ジメジメした空気が嫌になりますね。こんな時は携帯扇風機(ハンディファン)を使居ましょう。アングラーには首にかけるタイプがおすすめ。ランニングにも使えます。

風がない夜釣りのほうが暑く感じますね。夜だからといって、熱中症対策は忘れないように! 熱中症になった時の対策は、次の記事を参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました