冷感グッズを使いこなして真夏を乗り切ろう!

冷感グッズを使いこなして真夏を乗り切ろう!

夏の魚釣りはとにかく暑い! 水辺のアウトドアなのに暑い!

熱中症対策に水分補給は欠かせませんが、涼しむための冷感アイテムも必須です。いくつかオススメを選んでみました。

スポンサーリンク

真夏のアウトドアに欠かせない暑さ対策

真夏のアウトドアは暑さ対策が欠かせません

しかし炎天下において”体を冷やす方法”は限られています。

水浴びする、木陰で涼む、などがありますが、魚釣りは水辺のアウトドアなのに、なぜか水に入れません。危ないからね、仕方ないね。

ならどうすればいいか。”冷たく感じる物を使う“のがコツです。

冷感タオルで首筋を冷やす

冷感タオル(クールタオル)」は暑さ対策の中でも、最も簡単で安いグッズ。

水に濡らしてブンブン振ればあら不思議、気化熱の作用でひんやりタオルの出来上がり!

風があるともっと涼しく感じるため、アウトドアとの相性もいいのがポイント。

ただし、体を冷やす効果はないため、熱中症になった後の対策には使えません。あくまで涼しく感じるためのものです。

冷感素材の肌着を選ぶ

冷感素材の肌着は持続的な涼を得るのに適しています

冷感タオルと同じく気化熱を利用したタイプで、自分の汗が蒸発する作用でひんやり感じます。肌着に使えるので、いつでも身に着けることができるのが強み。

清潔感もあるし日焼け対策にもなるのでオススメ! 半袖よりも長袖をオススメします。

夏は肌を出すほうが涼しいと思われがち。でもそれは間違いです。

露出した肌が日焼けしてしまうと、乾燥を促してしまうため、肌の保水成分が失われて体温が上がりやすくなってしまいます。

長袖は熱中症対策にもなるわけですね。

人気上昇!扇風機付きのウェアはダサくない

扇風機がついている服も増えてきました。

もともとは外作業のためですが、ランニング用なりアウトドアウェア用などもあります。首にさげる扇風機も合わせれば最強かも?

長時間使う釣りや登山だと、バッテリーの問題が出てくるかもしれません。モバイルバッテリーをうまく使いましょう。

アングラーの暑さ対策は組み合わせ次第

夏は日中に風が強くなりやすいので、冷感シャツとタオルの組み合わせで乗り切れます。飲料水も忘れずに!

夜は風が弱くなりやすいため、ハンディファンなり扇風機付きの服をおすすめします。アングラーなら首にかけるタイプがおすすめ。ランニングにも使えます。

もし熱中症になった時の対策は、次の記事を参考にしてください。

https://hama-angler.com/archives/12851