【ハードもソフトも】保冷剤の捨て方

【ハードもソフトも】保冷剤の捨て方

「保冷剤の捨て方」に悩んでいる方が多いようなので、ここに答えを書いておきます。

燃えるゴミで大丈夫ですよ!

スポンサーリンク

保冷剤は燃えるゴミでOK

保冷剤は「ソフトタイプ」と「ハードタイプ」に分けられます。

  • ソフトタイプは冷凍土産によく付属してきますね。アイスノン・氷嚢なども。
  • プラスチックで覆われているアウトドア用の保冷剤。

私が住む浜松市ですと、どちらも”燃えるゴミ”で出すことができます。ただし、一辺が60cmを超える保冷剤は、集積場に出せないかもしれません。……そんな大きさ、あるのか? 他にも他県の例を参考にしましたが、同様に燃えるゴミでOKのようですね。

注意点として、ゴミ収集を管理する行政や自治体によっては、保冷剤の分別区分が違い、燃えるゴミで出せない可能性もあります。地域の役所に確認するか、ぐぐって確認しておきましょう。

保冷剤についての分別区分。浜松市の場合。
浜松市の場合、ハードもソフトも燃えるゴミでOK。

保冷剤は薬品を使用しているので気をつけよう

ビニールのソフトタイプは破れてしまうこともあります。もし破れた際に処理をするなら、中の薬品に触れないようにしてください。保冷剤は98%の水を「高吸水性ポリマー」の作用で固めています。少量の誤飲なら吐き出させて様子見、大量に飲んでしまった場合は、速やかに病院へ。

保冷剤を扱う「アイスジャパン」のHPでは、保冷剤についてのFAQがあります。「ハードとソフトで保冷時間の差は?」「凍るまでの時間は?」など、詳しく知ることができます。

よくあるご質問 | 株式会社アイスジャパン

ここを見て知りましたが、保冷剤は水をビニールなどで包んでいるだけなんですね。だから燃えるゴミで大丈夫なんだな──と、今更ながら知りました(賢さ+1)。

ハードタイプはフリマ出品するのもアリ

ハードタイプはソフトタイプに比べて、容器がしっかりしているため、長持ちしやすいのが利点。より保冷力が高い物を選ぶとか、使わなくなったからだとかで、手放すことがあると思います。

「でも捨てるだけは勿体ないな……」。そんな時はフリマアプリで出品してみましょう!

私は氷点下タイプを主に使っています。メーカーによって”保ち”が違うので、新しく買った時に古いのが余ったから、なんとなくメルカリに出してみました。

メルカリで「保冷剤」を検索してみた。
暑い時期になるとソフト保冷剤の需要が増します。
ガチスマホゲーマーが端末を冷やすのに使うとかなんとか……。

氷点下のハードタイプを2個セットで出品し、一応売れました。──が、燃えるゴミに出すよりはマシだった……と、いっておきます。

出品してからハードタイプのサイズを測ると、レターサイズを超えていて「あっ(察し)」となりました。事前に大きさを確認して、「送料≦売値」になるよう販売価格を設定しましょう。私は手数料引かれて売上ゼロになりました。燃えるゴミに出してたほうが得やん!

冷凍土産についてくる小型ソフトを、10個以上まとめて売るほうが需要ありそうですね。小売店ならまた使うことができますしね。

というわけで、保冷剤の捨て方は「燃えるゴミでOK!」です!

Tipsライフハック特集記事
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!
スポンサーリンク
ブログを気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

SNSで更新情報を届けております!
とある浜松アングラーの一生