最強の保冷剤を紹介します→【cooler shock( クーラーショック)】

COOLER SHOCK|-7℃の最強保冷剤で炎天下でもキンキンに冷えてやがる!

最強に冷える保冷剤は夏の必需品。

代表的なのは「氷点下」で凍る保冷剤。だいたい-16℃が基準になっていますね。クーラーボックスに入れておけば、魚も凍るレベルで冷やしてくれます。

はる@釣行中
はる@釣行中

しかし、新たに最強の保冷剤が登場しました。

クーラーショック(Cooler Shock)
¥5,900 (2022/02/05 11:17時点 | Amazon調べ)

最強の保冷剤!「COOLER SHOCK」はどんな製品?

クーラーショック(Cooler Shock)
¥5,900 (2022/02/05 11:17時点 | Amazon調べ)

紹介する「COOLER SHOCK」は、ソフトタイプの保冷剤です。

凍結する温度は「-8℃」

ハードタイプに比べれば高い温度設定になっています──が、ハードにはないメリットがあります。

COOLER SHOCKが最強の保冷剤たる理由
  • 凍るまでの時間が短い
  • 効果持続時間が長い
  • 薄いから隙間をつめるのに最適
  • 血液輸送に使う物だから安心感がある

ハードタイプと比べると、省スペースかつ持続時間が長いのが特徴。

特に小型のクーラーボックスと相性が良く、ランチバックやソフトクーラーにお買い物など、小さくても確かな保冷が必要な時に有効ですね。

血液輸送は温度管理がとても大事。温度を下げすぎず上げすぎないためにも、COOLER SHOCKはちょうどいい性能となります。

釣り目的なら、鮮度を長く保ちたいときに最強たるわけです。

クーラーショック(Cooler Shock)
¥5,900 (2022/02/05 11:17時点 | Amazon調べ)
CoolerShock
CoolerShock

-16℃より短い時間で凍るから夏は助かる

COOLER SHOCKの保冷力は-8℃と、氷点下クラスのものと比べれば弱め。

しかし夏場は溶けやすく、そして凍りにくい時期です。

-8℃で凍るため、家庭用冷蔵庫の冷凍室なら、およそ8時間あればいいとのこと。寝る前に入れれば、起きるころにできあがってますね。

-16℃クラスだと、10時間以上も冷凍庫に入れる必要があったりするし、外気温が高すぎると冷凍庫内がそれ以下の温度になりにくいので、夏場は完全に凍らせることが難しくなります。

”この保冷剤はとにかくスゲェけど、お前らが完成させる必要があるから、買うとき注意しろよ?”(要約)
”この保冷剤はとにかくスゲェけど、お前らが完成させる必要があるから、知らずに買うなよ?”(要約)
https://coolershock.com/about-cooler-shock/
クーラーショック(Cooler Shock)
¥5,900 (2022/02/05 11:17時点 | Amazon調べ)

COOLER SHOCKは氷よりも冷却効果が高い

COOLER SHOCKは-7.8℃の保冷剤。
当然ながら氷より冷えます。実際にテストした結果がこちらの画像。

氷がじわじわ冷やすのに対し、COOLER SHOCKは瞬間的に-7℃まで持っていく。
氷がじわじわ冷やすのに対し、COOLER SHOCKは瞬間的に-7℃まで持っていく。
https://coolershock.com/test-results/

簡潔に訳すと──

「外気温29℃でテストした結果、COOLER SHOCKは氷よりも低い温度で、クーラーボックス内を半日冷やしてくれるぜ!」といってます。

……まあ当然の結果といえば当然。

はる@釣行中
はる@釣行中

でも……瞬間的に-7℃まで冷やして維持し続ける能力はスゴイ(小並感)。

薄いから食材や飲み物の隙間に入れることができる

クーラーショック(Cooler Shock)
¥5,900 (2022/02/05 11:17時点 | Amazon調べ)

ハードタイプの保冷剤は、ボックスに合わせたサイズを選ぶ必要があります。スペースに融通が効かないのが難点です。

ソフトタイプの保冷剤は、そのデメリットを払拭しますが、保冷力が弱いことが難点でした。

でもCOOLER SHOCKは薄型かつソフトなのに、-8℃の保冷力を誇るため、どんなクーラーボックスにも入れれるし、邪魔になりにくいメリットがあります。

こう見るとソフトで薄型の保冷剤は有能だよなぁって思う。
こう見るとソフトで薄型の保冷剤は有能だよなぁって思う。
https://www.tsudakobe.jp/coolershock

食材に接触しやすいことで、冷却効果も向上しますね。

30Lのクーラーボックスに2個入れるだけで1日フル保冷が可能!

COOLER SHOCKの紹介には、30Lサイズのクーラーボックスに2個入れると、一日中保冷力が持続するとのこと。

30Lは釣り用モデルだと「3000表記」。そこそこ大きい部類で、50cmくらいの魚がかろうじて入るくらいのサイズ。

こちらの使用例を参考にすると、ロックフェス2泊3日の最終でも、冷えた状態をキープできたとのこと。

ビールがキンキンに! アメリカで話題沸騰中の強力な「保冷剤」とは? | アウトドアファッションのGO OUT
アメリカのAmazonで大人気となるなど、話題の保冷剤「COOLER SHOCK(クーラーショック)」が日本に上陸した。クーラーショックは、規定の温度を長時間維持する必要がある血液輸送のために開発された技術を応用して生まれた保冷剤。その実力を編集部で実際に使ってチェックしてみた。

頻繁に開けて冷気が逃げているだろうに、これはスゴイですね。

ハードケースのCOOLER SHOCKもでたよ!

COOLER SHOCKは使用する前に、水を入れて完成するタイプ。これは輸送費を抑えるメリットもあります。

Mサイズで800ml以上の水を入れる必要があるため、水を入れた状態で送ると重量は1kg近くに。

ユーザーに最後の仕上げをやってもらうのは、工場にとってはコスト減だし、効率優先の考えで私は好きですね。日本人だと「水を計るのが面倒だし高くても完成品でいい」といいそう。

COOLER SHOCKは「S・M・L」サイズがあります。

Sサイズで1個800円ほど。大きいクーラーボックスを持っているならLサイズ2個とかでいいし、30L未満ならMとSの組み合わせが効率的と思います。

クーラーショック(Cooler Shock)
¥5,900 (2022/02/05 11:17時点 | Amazon調べ)

そし新たに、ハードケースのCOLLER SHOCKも登場!

保冷力はなんと-18℃で、ソフトよりもガチ冷えするようになりました。

はる@釣行中
はる@釣行中

旅先で冷凍食品を購入したい時におすすめですね。

参考にしたこちらのサイトでは、より詳しい情報も知ることができますよ!

CoolerShock
CoolerShock