真夏の車内に釣具を放置すると起きうるリスク

真夏の車内に釣具を放置すると起きうるリスク

真夏の車内はサウナ並に暑くなります。それは最高で50度近くになることも……。

そんな高温下に釣具を置いて大丈夫なのだろうか。「真夏の車内に放置してもOK!」と書かれる製品なんて、車専用でもそうそうない。そこは夏のデイゲームより過酷な空間になります。むしろ防犯対策のためにも、車内に釣具を余計に置くのは勧めません。

今記事では、真夏の車内に釣具を放置すると起きうるリスクについて考えてみました。

スポンサーリンク

真夏の車内に釣具を放置すると起きうるリスク

真夏の車内は外気温以上になるのが当たり前。それは走行中にも当てはまり、エアコンがない状況で渋滞にハマると、熱中症にならないほうがおかしいレベルです。

日光が当たるダッシュボード上は、最高で70度近くまで上昇することも。後部座席側はスモークフィルムが貼ってあることが多いですが、それでも車内の温度は50度近くになることもあります。密閉度が高い鉄の塊なので仕方なく、近年の異常高温で「ボンネットで目玉焼きができた!」とか「車内で温泉卵ができた!」など、”今まではネタだったことが”実現してしまう状況です。

果たしてそんな高温下に釣具を放置して、無事に済むのだろうか……?

真夏のデイゲームで直射日光を受ける状況よりも、車内の高温下に長時間さらされるほうが、釣具に与えるダメージは大きくなることがあります。それは基本的に”高温下で保管・使うことを想定していない”ため、様々なリスクを孕んでいます。

  • ワームが溶ける
  • 釣りエサが腐り腐臭が…
  • リールのグリスが溶けたりロッドが曲がる可能性もある
  • 自動膨張式ライフジャケットが膨らむことも

ではそれぞれのアカンところを詳しく書いていきます。

ワームなどゴム製品が溶ける

真夏の車内は50度近くまで上昇します。

ルアーに使われるプラスチックやゴム製品は、熱で簡単に溶けたり変形します。特にゴム製品のワームは、”柔らかくて伸びる素材”ほど溶けやすい傾向があります。理由は、柔らかくするための工夫をしているから、ともいえます。

他には「ケースに入れているだけで溶けた!」なんて声もありますね。これはケースの石油成分に反応したためで、熱が原因ではありません。石油製品は互いの相性によって、意図と反した分解が起こることがあります。ワームをごちゃ混ぜに収納してしまうと、次に見た時に溶けたりすることもあります。

購入時に特殊な液体に浸けてあるのは、魚の好きな臭いをつけるためもあるけど、溶けないための工夫だったりします。

釣りエサが車内の高温で発酵状態に…

今までやらかしたのは、クロダイ用のカニさんとオキアミ。オキアミは溶かすために置いてたけど、釣りをせずそのまま忘れて1日放置したらヤバイことに……。車内に腐臭が移ってしまいファブリーズが大活躍でした。このときに「De-Fishing-Soap」があったら、どんなに幸せだったことか。

なんにせよ、車内に忘れ物はしないようにしましょう!

リールのグリスが溶けたりロッドが変形することも

これは車内で直射日光があたる場所に放置した場合になりえます。

釣具を載せるなら車の後部でしょうし、(大半の車は)スモークフィルムが貼ってあるなら、日光でどうにかなる心配はありません。

間違っても「俺の高級リール見ろよ!」と、ダッシュボード上に放置しないでください。リールは金属が多く、熱が内部まで伝わりやすく、グリスやオイルが全て溶け出す恐れがあります。タックルはなるべく暗所に置くように心がけましょう。

安物のリールはプラスチックを多く使うため、夏場に放置すると変形しやすいので注意。

自動膨張式のライフジャケットが自動で膨らんでるゥ!

自動膨張式のライフジャケットは、車内に放置していると、稀に誤作動で膨らんでしまうことがあります。なぜ夏の車内に放置すると膨らみやすいのでしょう?

それは車内が高温多湿になるため。

車のエアコンも除湿してくれますが、シートに残った汗や積み込んだ道具などが蒸発すると、ライフジャケットのセンサー部が結露して、反応してしまうことがあるようです。古いモデルだったり、経年劣化しているほどなりやすい傾向があります。

誤作動を防ぐために、定期的なメンテナンスを心がけましょう。製品メーカーならアフターで受けてくれることもありますし、釣具店でもメンテナンスを受け付けている所もあります。膨張式ジャケットの基本知識については、こちらのサイトが参考になります。

膨張式ライフジャケットを詳しく解説! BEWAVE編|ネオネットマリン通販
トーハツ2馬力船外機MFS2Bの準備からエンジン始動、メンテンス、アフター部品について重要ポイントを詳しく説明しています。初めての方や通販購入を考えている方は是非ご参照下さい。
スポンサーリンク

真夏の車内はサンシェードを使った方がいい理由

車の遮光対策にスモークフィルムがありますが、法令でフロントと運転・助手席に貼ることはできません。夏の日光はとても強く、フロントガラスは特に広いですから、運転席の温度が40度以上になることもザラ。ハンドルが熱くて握れないこともありますよね。

車内が熱くなりすぎないよう対策するグッズに、「サンシェード」があります。これは車内からガラス面に日光を遮る物を貼るだけで簡単。真夏の炎天下は、サンシェードの有無で駐車時の室温も上がりにくくなりますし、乗り込んだ直後にエアコンも効きやすく、夏でも快適なドライブが可能になります。

選ぶなら車種毎設計の製品がオススメ。断熱素材を使っている物であれば、真冬の車中泊でも役立ちます。車で避難する際にも有効ですね。

防犯のためにも車内に余分なモノは置かないのが正解

釣り場は人の往来が少ないし、釣具は高級なのもあるので、車上荒らしに遭遇するケースが後をたちません。なぜ荒らされるかは単順な話で、「金目のモノ、あるじゃん、そこに」の思考だからです。

未然に防ぐには、車外から見える場所にバッグなりタックルセットを置かないようにするだけ。この意識を強くするだけで、餌食になる可能性は低くなります。盗めそうなモノが何もなければ、あとは車ごと──の話でしょう? 犯人はカネに換えたい動機でやっちゃうわけだから。

なので車内は基本的に物を多く置かないが正解です。防犯のためにも、衝撃感知のドライブレコーダーを装備しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました