サーフグラビティヘッドで凄腕が釣れなかった魚を捕る快感を

サーフグラビティヘッドで凄腕が釣れなかった魚を捕る快感を

Zeake(ジーク)から発売されている「サーフグラビティヘッド」は、「プラグ+ジグヘッド」の変わり種で面白いルアーだと直感。メーカーはこれを「プラグヘッド」と呼んでいます。

サーフのフラット向けジグヘッドといえば、重いウェイトで無理やり飛ばし、ボトムネチネチでヒラメドーン! が主流です。プラグヘッドはその浮力を活かすことで、ボトム攻略テクニックに幅を広げてくれます。

その性質は「シンキングペンシルかな?」と錯覚するほど。

スポンサーリンク

サーフグラビティヘッドの利点とは?

従来のジグヘッドは「オモリ+ワーム」の簡素なリグ。ただの鉛にスイムなどの機能性を求めるのは難しく、食わせのアクションはワームの形状が要でした。このままでも十分釣れますが、どうしても不利なポイントがある。

それがサーフのシャロー帯(浅いところ)

スイムまで気が回らないジグヘッドでは、ボトムを切るために速く巻くか、ジャークで誤魔化す必要がありました。そこからわかるように、”ゆっくりルアーを魅せることが苦手”なんです。だからワームに派手な動きをさせる必要があ──でも、派手すぎても魚を散らしてしまいますよね?

そんな”スレ一歩手前”を打破する時に有効なのが、Zeakeの「サーフグラビティヘッド」です。

サーフグラビティーヘッド|株式会社ジーク【Zeake】|湘南エリア発祥のルアーメーカー
サーフグラビティーヘッド商品詳細。ソルトウォーター専用、ジークのオリジナルルアーシリーズをご紹介します

「プラグ+ワーム」の設計で高浮力のプラグヘッドに進化

サーフグラビティヘッドが他と違うのは、「樹脂製ブラグ+ウェイト+ワーム」がひとつになっていること。ようはシーバス向けプラグを半分切って、ワームを刺したような形状です。

なんかコイツ、よく見る奴とは違うぞ!?
http://zeake.jp/product/saltwater/sg-gravityhead.php

ルアー前方には外付けシンカーがあり、まるで”エギ”のよう。これにより、極度のフロントヘビーになることで、ワーム部分が浮きやすくなるし、ウェイトを足にしてボトムで立ちやすいようになります。

これがもたらす効果は主にふたつ。

  • シャローでもボトム付近をゆっくり引ける
  • ボトムのズル引きでワームが立ちやすいからアピール抜群!

よって、サーフのフラット相手にかなり有効な仕上がりとなっています。どんな風に使えるかは、拙い絵にしてみました。

グラビティヘッドの使い所。1.ズル引きできる。2.シャロー、ディープどちらでも使える。3.フラットに強い!
1.軽く引くだけで浮くからズル引きがやりやすい
2.シャロー、ディープどちらでも使える
3.フラットに強い!

前方のシンカーで砂底を耕す感覚でズル引きできます。浮力があるため底をゆっくり這わせれるから、フラットでもマゴチには特に有効ですね。ヒラメはただ巻きとかジャークするほうがいいかも。

浮力のおかげでシンペンのように扱えるプラグヘッド

浮力があるのでフォールは水平姿勢でゆっくり。先端ウェイトのおかげでリトリーブ時の水噛みもいい。これらの特徴は、あのルアーに似ていますね。

──もはやこれはシンキングペンシルの理想形なのでは?

ウェイトは「14g」「21g」「28g」の3つがあり、20g以上はサーフ向けですけど、14gは港湾なり干潟のシーバスでも使える設定ですね。シャロー帯といえば干潟ですし、初夏から秋にかけてのシーバス・チヌなどに有効なルアーにもなるでしょう。引くレンジを変えることで、どちらにも対応できます。

そして”サーフ”と名がつくだけあって、最も輝くポイントはサーフのフラットゲームでしょう。

ステイで食わせるピンポイント爆撃テクが光るグラビティヘッド

こいつの利点は他のジグヘッドよりも、遅く動かせて長い時間ルアーを見せるところにあります。

しかし、活性が高いフラットにそこまでする必要はありません。使い所は、人気ポイントやマヅメ後など、ハイプレッシャーな状況下にある時……、すなわち”マヅメ組が帰った日中”です

グラビティヘッドで地形変化をピンポイントで攻めよう!
人が居ない時こそ、魚がそこに居ると仮定したメソッドを実践するチャンス!
波の高さが違ったり、水色が違う場所を狙ってみましょう。

人が居ないタイミングだと、地形変化周辺の”魚が居そうな所”をピンポイントで狙うほうが効率はいい。そこに魚が居たとして、有効なルアーは数ある種類の中でも一握り……。サーフグラビティヘッドを有効活用するなら、射程距離50m未満のワンドか、急深のポイントが向いています。

遠州灘サーフで地形変化に富むエリアといえば、掛川周辺に愛知東部ですかね。急深なら駿河湾ほぼ全域になりますけど、フックが多いワームが向いている場所は一握りになります。

遠州サーフなら21gで足りるし、駿河湾サーフなら28gも使う感じでいいと思います。

スポンサーリンク

グラビティヘッドで凄腕が釣れなかった魚を捕る快感を

スレでも釣れるルアーを使うと、横一列に並んだアングラーでも釣りきれなかった魚をゲットできるため、なんだか勝ち誇れるような快感を得ることができます。

ハイシーズンになると、重いルアーをドポドポとぶん投げる光景になりますが、その中で釣果を得るために重要なのは「他人と違うことをする」に尽きます。

──だって誰もが海に魚がいると信じているのに、誰も釣れないってことは、そのメソッドが間違っているわけですよね? 流行りのルアー(メソッド)は、毎日のように誰かが実践するため、魚も見飽きてしまう傾向があります。だからこそ、現在のトレンドと逆張りをすることで、うまい具合にスレを回避し、”自分だけ釣れた”みたいな優越感に浸れることも……。

そんな時に有効なのが「サーフグラビティヘッド」のような、”魚が居ると仮定して確実に捕るルアー”です。デイゲーム主体ならグリーンカラーがおすすめ。

どんな魚種でも場所でも、魚が居やすい場所は存在します。そこへ確実にアプローチをする技術を、活性が高めで入れれば食うような、中型以下フラットが多い夏の間に練習しておくべきです。

タイトルとURLをコピーしました