真夏でもサーフで鮮度を保つキープ方法

真夏でもサーフで鮮度を保つキープ方法

炎天下で魚の鮮度を保つには、クーラーボックスが最善の方法。

サーフルアーなりウェーディングに限定すると、それを持ち歩くのが困難です。真夏の炎天下……釣れた魚をクーラーなしで、どう美味しく持ち帰るべきか。

サーフでできる方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

真夏でもサーフで鮮度を保つキープ方法とは?

真夏のサーフで鮮度をキープをする方法はいくつかあります。どれを選ぶのも一長一短。

  • ストリンガー
  • ビニール袋
  • 袋状の網
  • クーラーボックス

下にいくほど鮮度はキープしやすいが、持ち物の面倒さが勝ってくる感じ。

ストリンガーを使うメリットとデメリット

ストリンガーはサーフのキープ方法で最も簡単な方法。

ベストのD管に繋げばいいし、その辺にある木の棒を砂にぶっさして結んでおくことも。

ただし、この方法で魚を活かすことは地味に難しい

なぜなら、繋がれた魚は波打ち際に居るため、巻き上げる砂をたらふく食べてしまい、窒息死しやすいから。

それを防ぐためには、ロープを長くすればいいけど、ロープが10m・20mと長くなるほど、ストリンガー自体がかさばるようになります。この方法だと木に結ぶのがマストですね。

そんなわけで、サーフで魚を活かすためにストリンガーを選択するのは、あんまり向いてませんね。

熟練になると、「活かす必要はない」と割り切って、ベストのD管に魚をぶら下げたり、紐につないで”お散歩”します。複数枚下げていると他アングラーの威嚇にもなります。

ビニール袋に海水を入れて穴に埋める

ビニール袋に海水を入れて魚を活かし、砂に穴を掘って埋めておくのは、サーフルアーのキープで最もポピュラーな方法。

でも真夏の炎天下だと、埋めたビニール内の海水も熱くなるため、長時間釣りをしていると、魚が高温で息絶えることが多くなります。

波打ち際に近いほど地面は冷たくなりますが、潮汐と波次第では回収不可能になるリスクも。掘った穴が甘いとカラスなど鳥に狙われたりもします(経験アリ)。

──などの理由から、ビニール袋によるキープは夏を避けるべきかもしれない

使うビニール袋は、サーフで釣れやすい魚の大きさだと、30L のゴミ袋が使いやすい。魚が釣れなくてもゴミを拾えば海岸清掃にもなります!

夏は保冷剤なり氷を持ち歩いて、袋に入れて活かすツワモノもいますね。……それならクーラーボックス持ってくればよくないか?

袋状の網に入れる(潮干狩り袋など)

近年多くなったキープ方法はコレ。ただし網状の袋を探すのが難しかった。

「ドンゴロス」という麻袋が発売され、魚のキープに水が通りやすい袋が選ばれるように。この袋をストリンガーの紐で結んで使う。

ストリンガーとは違い、魚の口を傷つけないメリットがある。難点は魚がデカすぎると入らないこと。ちなみに遠州サーフでは、アサリを入れる潮干狩り袋の大きい番を使っている人もいる。

クーラーボックスを携行する

真夏で鮮度をキープするには、保冷剤を入れたクーラーボックスに勝る方法はない。

最大の障害は、ランガン主体なサーフルアーかつ砂浜にとって、クーラーボックスを持ち運びするのが面倒すぎること。地面があれば役立つコロ付きも役立たないしね。

……それらの困難があっても、安心安全で新鮮な刺身を食べたいなら、アングラー側が多少の苦労をしてもいいと思う。

スポンサーリンク

さらに鮮度を保ちたいアングラーに

サーフのキープ方法には以上のようなやり方がありますが、最も鮮度を保てる方法が残されています。

それは、1匹釣れたら〆て、クーラーボックスに入れて帰ること。……これしかないね。

ただしこれは、アングラーの「1匹釣れたならもっと──」の期待に背くため、自分と戦う必要がある方法かもしれない。

でもね、世の中に見た目さえ気にしなければ、ベストな保存方法があるんですよ。

フィッシングキャリーバックは手提げが多いけど、背負えるタイプもあります。これならブリでもキープできるね!