真夏でもサーフで鮮度を保つキープ方法

真夏でもサーフで鮮度を保つキープ方法

炎天下で魚の鮮度を保つには、クーラーボックスが最善の方法。

でも、サーフルアーなりウェーディングに限定すると、それを持ち歩くのが困難。真夏で釣れた魚をクーラーなしで、どう美味しく持ち帰るべきか。サーフでできる方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

真夏でもサーフで鮮度を保つキープ方法とは?

いくつか方法があって、どれを選ぶのも一長一短。

  • ストリンガー
  • ビニール袋
  • 袋状の網
  • クーラーボックス

条件を「真夏」に限定すると、下にいくほど鮮度はキープしやすい。それ以外はどれを選んでもOK。

ストリンガーを使うメリットとデメリット

ストリンガーを繋ぐには、ベストのD管なり自分に繋ぐか、その辺にある木の棒を砂にぶっさして結んでおくかの2通り。

この方法で魚を活かすことは地味に難しい。

ロープが短いと、波打ち際で巻き上げる砂をたらふく食べてしまい、窒息死しやすい難点がある。それを防ぐためにはロープを長めに取ればいいけど、10m・20mと紐が長くなるほど、ストリンガーは地味にかさばるし、木に結ぶとランガンが制限されてしまう。サーフにおいて、”魚を活かすために”ストリンガーはあんまり向いてなかったりする。

多くは「活かす必要はない」と割り切って、ベストのD管にぶら下げたり、紐につないでお散歩したりしていますね。複数枚下げていると”威嚇”と思ってる。

ビニール袋に海水を入れて穴に埋める

最もポピュラーになった方法。活かすだけなら最善。

真夏の条件下だと、太陽が昇りきって日差しが強くなった時間帯で放置しすぎると、穴に埋めてもさすがに茹だるため、活かし続けるのが難しくなる。波打ち際が近いほど水が滲み出て冷たいため、海に近づけて穴を掘るのがベストだが、上げ潮で回収不可になる可能性も否めない。

ビニール袋によるキープは、涼しい季節なら最善だけど、暑い季節は鮮度と食中毒に気をつけるべき。朝夕のマズメタイムだけなら、日差しも弱いし気温も低いから、問題は特にない。

茹だるのを防ぐため、保冷剤なり氷を持ち歩く人もいますね。……それならクーラーボックス持ってくればよくないか?

袋状の網に入れる(潮干狩り袋など)

網の袋に入れるのは、ストリンガーよりもメリットがある。それは魚の口を傷つけることがまったく無いため。網で表面を傷つけてしまうが、売るわけじゃないし食べるなら関係なくない?

難点があるとすれば、サーフで釣れるサイズのキープに丁度いい網が売ってないところ。一応それ専用に販売しているのもあるが、サーフルアーが盛んな地域の釣具店じゃないと無いかもしれない。ECサイトだと見つからなかったし、むしろ商品名はあるのだろうか……。

幸いアサリを入れる潮干狩り袋は販売されている。大きめを選べば、キープサイズのヒラメを入れるに何も困らない(座布団は無理だけど)。ストリンガーの先に袋を繋げばそれで使えるし、浮きを使う必要がない。

クーラーボックスを携行する

真夏で鮮度をキープするには最善の方法。ただし、持ち歩くのに重いし、置き場にこまるのが最大の難点。

ランガン主体だといちいち持ち歩かないといけないし、海に近づけると最悪流される危険もある。キス釣りと違って魚もそれなりに大きいから、ボックスも必然に大きくなるのが最悪。それに保冷剤なり飲み物を入れると、どうしても重くなる。

全身を満遍なくマッスルしたい人におすすめ! ちなみに私は流されかけたことがあります。

スポンサーリンク

さらに鮮度を保ちたいアングラーに

●1匹釣れたら〆て帰る

活き締め完了! 車のクーラーボックスヨシ! 釣りすぎない配慮ヨシ! キープを1匹釣れたら、それで十分じゃないか。サーフでキープし続けるのは地味に面倒だし……。

でも数釣りをしたい人だっている。もし1投目で釣れたら、時間を持て余すことになるし、なんだかなぁと思います。──なら、魚をキープしながら歩き回れる方法を考えればいい。

40cmくらいなら、ビニール袋と保冷剤を用意しておいて、ベストの背面収納にキープは可能。それ以上だと難しくなるため、より容量のあるバックパックが欲しくなる。

世の中にはね、見た目さえ気にしなければ、あるんですよ。

フィッシングキャリーバックは手提げが多いけど、背負えるタイプもあります。これならブリでもキープできるね!

タイトルとURLをコピーしました